2016. . 30

今夜はビートイット。じゃなくて、今夜は離さない。でもなくて今夜は木酢液。くさいくさい大作戦


毎晩、毎晩、ほとんど毎晩、彼らはくるのです。(豚さんに牙が生えたみたいなヤツ
家のまわりをほじくり返し、家の隣の畑をほじくり返し、少し傾斜なので、丸太で段々畑のようにして土留めを
していたけれど、彼らはその丸太も投げ飛ばすの。畑はみるも無残な姿になってしまい、
投げ飛ばされる度に元に戻したけれど、
またしばらくするとまた投げ飛ばしてあるのであきらめてそのまま放置しておくことにして様子をみていました。

彼らが通ってくる道は枯れ草も小木もなぎ倒されて獣道がしっかりと作られています。(ラグビースイカに割り箸が4本
ついているような姿をしているヤツ
そう、毎晩くるからしっかりと道ができているのです。

倒木の中や倒木の下に隠れている虫をさがしたり、食べれそうな球根類を掘り出しているようで
彼らが去ったあとは爆弾が落ちたように無残に大穴があいています。
これがびっくりするほどの大穴で、誰か爆弾落とした?と思うくらいな大穴なのよね 💦

家のまわりの草花も畑のまわりに植えてあるアイリスもお茶もアレもコレもそれも、あっちもこっちもそっちも根っこを抜かれて放り出されているけれども、
ため息をついて、これも修行だわ。と、思うようにしたのよね。
そう思わなければ、つい、彼等をジビエにしちゃろかとか、足を縛って吊るしちゃろか?とか思ってしまうから。
とても大切に育ててきた植物を踏まれ、毎晩毎晩、蹴散らされればそう思ってもおかしくはないよね?ね? 💦。(^-^;

こころが歪むので目を背け、あまり現実をみないで来たけれども、(逃避といいます。
ここだけは入り込まないでねという鳥獣網で囲ってある庭に入り込んできたので今までと話は変わってきました。
これはっ・・・。と、
誰〜?庭にダンプカーを乗り付けてきた〜?
コンテナや鉢花が無駄に多いからすっきりさせようとしてくれたのん〜?なに〜?親切心??
ああ、ありがとう。
ぐじゃぐじゃになってきていたものね。草丈がなくなって、なんだかとても広くなったわよう? ん〜?ああ、なあんだ〜色々な鉢が倒れているから広く見えるのねえ^^
あははは、うふふ〜

と、これまた逃避に入ります、、。
だけれど見たくなくても見えてしまうので逃避から逃れられず…。
そうなると
ムカムカムカーっとするわけで…。
でも、相手は鳥獣類なので冬を越すためなのでムカムカムカーっとしても仕方ないわけです。

今朝早くから家のまわりに囲ってある網を調べましたら、おっと!見つけました。出入りしている場所が数カ所。
まずはここを塞がないと・・。出入りできそう場所、片っ端から塞がないとどこかから入ってきてしまいます。
おしっ
地面にまずはコンクリートブロックを置き、その上にコンテナを置いていきました。
これでどうだ。
網を持ち上げて入って来たけれどもこれで入れまい。

と、 今、タカをくくっていますが、さあどうなるでしょう。

ちなみに、イノシシさん。コンテナくらいは普通にぶっ飛ばします。
が、今回は出入りする網の前にコンテナを置いたので網があるので入ってこれないとぶっ飛ばせません。

ちょっとドキドキ・ワクワクです。やれるものならやってみそ〜(こらっ

だけれどこれでコンテナをぶっ飛ばしながら入ってこられるとおちおち夜にワンズ達を庭に出せないのよね。(おトイレ。
目の見えない、耳の聞こえない、腰がヨボヨボとかそんなんばかりだから
イノシシの牙にかかれば小型犬の老犬達なんて即死です。

うーん。。。 うーん

かくなる上は、木酢液です。 くさいくさい攻撃です。
山火事のニオイは野生動物にとって危険なはずです。

そして、次は唐辛子をいれた木酢液をかけようと思います。
これもくさいくさい攻撃です。

今夜決行です。



おーし! やるぞー
くさいくさい大作戦。いざ決行の 三枝りいのすけでした。




※ 今夜これから雨みたいだけど・・

おはようございます。
追記します。
今朝は荒らされていませんでした。
ヽ(*^∇^*)ノ
2016. . 20

不思議な11月

日が落ちるのが早いな。
もう11月も下旬にかかるから
早くて当たり前なのかな。
暑かったり、いきなりの低温で震えたり、
11月って不思議な月。

じゃあ12月は?と聞かれたら
暑い日と寒い日が交互するけれど、クリスマスに雪がいきなり降ったりして、
そしたら寒さが85パーセント以上になって朝は毎朝寒くて仕方なくなる。

住んでいる地域で季節の感じかた、考えかたは変わるよね。
あたしが住んでいる静岡はいまのところ
こんな感じです。


北のほうは雪が降ったよね。
九州は暖かい。

いま、まだこちらは霜が降りてはいないけれど冷たい小さい氷の破片が落ち始めたら
そしたら初冬

いま、外は、まっくら。
これから宵が深まります。

秋と冬の間
不思議な月、11月。



セピア色の空間で。の、三枝りいのすけでした。

2016. . 05

夏に挿したハイビスカス


数年間、鉢植えでそだているハイビスカス
今年の夏に
ハイビスカスのツボミがついた時に枝が折れたのでその枝をそこにあったジャムのビンにさしたままにしておいたのね。
花が咲いたあともそのままにしておいたの。

花ガラが出来たままにしていたのが
落ちたから手に取ってみたら
中に小さなタネがあったの。

小さい種子。

うれしいなあ。たくさんのこびとが
花ガラのなかに隠れていたんじゃないかと思うくらい嬉しい (@^^@)

あまりにも嬉しいから蒔かなくちゃね。

生きているってすごいよね。
小さいビンに水が入っている、
そこにひと枝の花がついていた枝をいれただけで
タネがついたのよ。

すごいね。すごいよ。

ハイビスカス

ハイビスカス

ハイビスカス



枝もまだ生きているよう。の
三枝りいのすけでした。

2016. . 17

自分時間を旅行する。 その1


人にはそれぞれ、すごしてきた時間があるよね。

今こうやっている時も止まることなく時は流れています。

BGMを小椋圭にして机に向かいましたら、
その曲調と歌詞の具合に脳みそが過去をまさぐり
それは、
身体はここに残し心を過去に飛ばします。
セロハン紙の赤と青が混じるような、万華鏡をくるくるとまわしているような。その中を飛んでいく。そんな感触です。
少年時代や少女時代、
おとなになるまでの期間は、
電気がスパークするような感性を誰でも持つものだと思います。
たとえば、あたしが育ってきた時代は
色々な音楽がごっちゃに入り込んでいた時代でした。
ラジオが全盛期の頃から少し下がりはじめてきた頃で、
小学生の頃はテレビの前に座り、歌謡曲の華やかさに目をみはり、
中学生の自分は、フォークソングに夢中になりました。
歌詞の繊細な言葉の使い方に感動して
胸がドキドキしました。フォークギターも弾けたらいいなあと、お金をためて楽器店で一番安いのを買ったりしたものです
(結局、憧れのギターは、コードを指で押さえてみただけで指がとても痛いのでそのまますぐ放置な状態になりましたが・・)
それから、洋楽もイギリスのバンド、アメリカ、ドイツ、フランスからと。どんどんと入り込んでいたので、
ラジオをつけるとその国にいるような気持ちになり、この曲もいいなあ、あの曲もいいなあと
なにもかも新鮮で飽きることのない時代でした。
ロック、ソウル、映画音楽、
なにもかもに心を揺ぶらました。

結局、あれもこれも素晴らしい音楽がたくさんありすぎて
このジャンルが一番なんだとか
ひとつに決めることなどできなく
この人のこの曲は素晴らしかったという位に
浅く語ることしかできないのですが
語ることが大切なことではなくて
自分の今までの生きてきた時の流れの中で
大切な時間、大切な音楽、大切なものは
変わりなく大切であるのです。

若いころの感性は、それからの自分を形成する大切なものなんです。
いまのあなたの感性、大切にしてね。



     秋ですねえ。今日は雨降り、桜の葉は黄色とちょっと赤くなり落葉しはじめているよの、三枝りいのすけでした。
2016. . 07

コピ・ルアクにジャコウネコの匂いがしているとジャパニーズジャコウネコが教えてくれたお話

コピ・ルアクとはなんでしょう

知っていますか? 

コピルアクとは、コーヒーの実を食べるジャコウネコの糞から取り出した珈琲豆のことで、
ジャコウネコに食されたコーヒーの果肉は消化するけれど種子となる豆は消化せずに糞として排泄されます
これはもともとは現地の方が売り物となる珈琲の実は高価で飲むことはできないので
ジャコウネコが食べたあとに残された糞の中の未消化の豆を取り、飲んでいたものなのですが、その豆が味わいが深いだとか、とんでもなくおいしい御味などと評判になり
希少、貴重なものとして取り扱いが始まったらしいのです。


さて、ジャコウネコの珈琲豆はどんなものなんだろうかと、
取り寄せてみました。(とはいっても、高価なコーヒー豆です。個人的に購入したものではないのです・・汗 ^^;  )


種類の違う珈琲豆とともに、コピ・ルアクは配達されてきました。
ダンボール箱に入った豆達、そのまま開封せずに床から1m位高い棚へ置いておきました。

それから数日後のことです。棚の前の床が少し濡れています。
あれ?? あれ?
ミズモノなんか持って歩いてないけれど・・なんでだろう・・??
屈みこみ、床をじいっとみます。
じぃぃぃぃぃぃ・・・・。

じぃぃぃぃぃい・・・・。

これ、、 あれだ・・。 あれ。

犬ではないアレ。  

猫のアレだ・・・・。

ごらあああああああああああああ ふくーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

-----------------------

フクのオシッコ。 フクの匂い付け。 スプレー行為なのでした。

なんてことをするのぉぉぉぉ~

高い位置においてあったから、さすがにかかることはなかったけれど、危険きわまりない
普段スプレー行為などしないのにどうして?
と、思ったら、ふうん、、。思い当たることが。
以前にいた外猫のオス猫が、チェアーにスプレー(匂い付け)をしていたのね。
ちゃんと丹念に拭いておいたのだけれど匂いつけされたあと、数年経っていても、そのチェアーの脚から匂いがするのか、気に入らないらしく、スプレーをかけていたの。
普段、そのほかにスプレーをしないんだけれど
そのチェアーの脚にはかけるのね。
スプレー癖がつくのも困るから
他にその椅子は持っていったのだけれど
それから今度は豆の入ったダンボール箱

ジャコウネコ・・ ジャコウネコの匂いに反応してるのよね。
ジャコウネコの糞の匂いはどうやら、
猫のフクにとってはライバルやヨソモノ到来と認識したらしいの。
すごいなあ。

すごいよね。猫の嗅覚・・ 
ネコの嗅覚は犬には劣るけれど、それでもとても鋭いの
犬がすごすぎるからネコはそれほどでもなさそうに思えるけれど
おそるべしなのよ。
1万倍〜あるの。1万倍以上で何十万倍何百万倍という説もあるのよね。




ーーーーーー
嗅覚の話とは関係ないけれど
ウチの猫のフクのウンチは、なんていうか、
今まで知っている猫の中でも1匹もこんな匂いのウンチをした猫はいないっていうほど
発酵臭?というか、臭いの。
猫の匂いは臭いものよ?と言われる方がいらっしゃるけれど
普通の猫の匂いではないの。
 発酵臭よね。
ウンチからだけではなくて、彼の首の後ろも発酵した匂いがするの。
それは病気臭でもなくて、トイレに行ったあとに首の後ろを毛づくろいをして舐めるのでは?という方もいたけれど、そんなんでもなくて
彼は、生まれつきなんだろうなあと。
もしかしたら、人間の腋臭のようなものなのかなあとか。
特殊な匂いが地球を救うとか、特殊任務的に生まれてきたのかなとか。
色々考えつつ、同じような匂いの猫がいる飼い主さんを探してみたけれど
リアルでもネット上でもいないので探すのはあきらめてやめました。 

そして
思ったことは、ジャパニーズジャコウネコってここにいるなあと。 (💦
フクに食べさせたら同じような匂いを醸すのだろうかとか、とても興味深いけれど
ジャコウネコは実はネコではないしネコはコーヒー豆は食べないから
興味深いと思うだけで終わってしまうのよね
うーん〜 つまんない・・
でも、もし食べたとしても、彼のウンチから珈琲豆を採ったとしても、飲みたくはないわね 💦


---------------------

コピ・ルアクは、  コピはコーヒーから来たkopi ←奥山儀八郎の本、『珈琲遍歴』に珈琲の呼び名のひとつとしてありますよね
KOPI 
そしてルアクはジャコウネコの呼び名ですって。

ジャコウネコの糞のこのコーヒー豆は、
コピ・ルアック、 コピルアック、 コピールアーク、ジャコウネココーヒーなどとも呼ばれています。

2007年に公開された映画
『最高の人生の見つけた方』(The Bucket List) ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが
この珈琲のことを知っているかい?と二人の会話の中でこのジャコウネコのコーヒーの話で、おおいに笑い転げるシーンがありましたよね ^^



         麝香と言えば、
             ムスクの香り、好きだったなあ。あれは確か、ジャコウシカだったわよねの、
                           三枝りいのすけでした。
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html