2018. . 05

2018年1月5日蜂の越冬

おトイレの換気扇で毎年越冬しているスズメバチ達。(アシナガ?よく見えないから特定できなくて)群れになってる?と思うくらい、ワンサカいるのよね。
なので冬は換気扇は回さずにいるけれど、お正月にお客様が回してしまったの。いきなり換気扇が止まったからおかしいと思ってよくみたら蜂がいますよーって、お客様も驚いていたけれど、あたしは蜂で換気扇が止まった事のほうが驚きでした。^^;
換気扇を開けて中をみるのも
春にしたほうがいいかなとか
なんだか複雑でした。

お風呂場では
カマドウマさんが動けなくなっていて、あらあ、下水管にいればいいのに。と思いながら
お湯を出していたら
元気になって隠れようとしている。

春が近くなれば
戸袋の中や小さな隙間から
今年もテントウムシやカメムシ達が
でてくるんだろうなあ。

あたしの住んでいる地域は、
とてもスズメバチが多いから、トラップを仕掛けたりしてたのね。
畑の倒木の奥にオオスズメバチが巣を作ろうとしたり、隣の桜の木の中に空洞があってその中に モンスズメ蜂が
巣を作っていたり。
このモンスズメ蜂の時は大変で、夜になると灯りに集まってくる習性があるから、夕方からは窓を開けられないの
網戸越しにこちらに向かって興奮して威嚇したり、腹部を膨らませたり縮めたりして毒液をブシュブシュ出すのよね
これが夏の間毎晩のことになるのね。
(毎朝になると慣れてくるけど・・^^;
トラップを仕掛けたりしていたくせにね
冬の越冬は、好きにしていいよという意味のわからない気持ちになるのよねえ・・。
厳しい冬を乗り越えてるんだねえって。

換気扇で越冬中のスズメバチ

換気扇で越冬中のスズメバチ

白か黒かと決めたくはないし、人間だから感情もあるし、
この頃、とくに 外来種のことでも、色々な考え方を聞いて考えさせられるところ多いです。
では、日本の古来の種を守ろうとしてるのかなと思うと
学者さんの考え、農家の方々の考え、猟をする人たちの考えはかけ離れていますし
結局は、なにがいちばんなのかなは、人間にとっての都合のいいことが1番が基本なのね。。
あーやだやだ。


とか、 お正月から 唸っている 三枝りいのすけでした。





2017. . 31

2018年1月1日元旦 今年よろしくお願いいたしますのウナギイヌ


2018年

きましたきました。
今年も新しい年がやってまいりました。

今年もいっぱつ何かしたい、なんて思っています。

まずは真面目なほう ↓

張り子の犬


真面目じゃないほう ↓
うちのウナギちゃんです。大きくなったわよう。
大きくなっても まだ幼いけれど♩

ウナギイヌ


ことしもばたばたと始まりました。

今年も末長くよろしくお願いいたします。



今年も爆進してまいります。 とかいいながら ユルユルです。^^の、三枝りいのすけでした。


ありゃりゃ。 画像の文字がこちらもきれてるわ・・・^^;


2017. . 28

ひなのすけの12月 2017年 ひなのすけ5才

2017年12月28日

ひなのすけは 最近ずっと怒りっぽい。

すぐキレるの。

ひなのすけにワームをあげようとしても怒る。
話しかけても怒る。
でも ひなのすけのお得意のオッパーという鳴き声を真似してみせると
とても喜ぶ。
どうやら、ひなのすけは頑固なオヤジになりつつあるみたい。

ひなのすけ
オッパーと
鳴く時は身体全体を伸ばして、鶏がコケコッコーと鳴く時みたいにシャンとして喉を震わしてなくのに
いつだったか何回かオッパーと鳴いた時があったのね。ガサガサした声で失敗して恥ずかしいのかとても小さい声になっていったの。
そしていつのまにか鳴くことをしなくなったのよね。

以前は、力強くグルグルまわっていたのに
今は静かにゆっくり歩いたり、しゃがんで寝る時間も長くなった。
そしてケース越しにじっとこちらをみている時間も長くなったのよね。


撮られるのが嫌いなひなのすけは、スマホを向けられるのも大嫌いなので
おこる、おこる・・汗。
すぐキレる、ひなのすけ

これは、ひなのすけハウスです。 青いほうが水入れでCDケースに餌が入っています。
床にはチモシーを敷き詰めています。ワームが放たれているのでたまに見つけると喜んでいます ^^;
ひなのすけハウスを上から


2012年4月16日生まれの ひなのすけ まだまだ5才です。

長生きして欲しいな。

今年もありがとうね ひなのすけ。
来年もよろしくね。





2017. . 27

2017年12月ダックスのゆずは空に飛んだ。 Xmasと大晦日の間をとるだなんて

そろそろ ひなのすけのことも書きたいなと思っていた矢先
突然だったのよう。

2017年12月27日

ちゅーちゃんがお星さまになっちゃった。

ちゅーちゃんは、以前にここに書いたことがある
ゆずという名前のわんこです。

犬のこと。ゆずのこと

ここ数日 コホコホと咳をしていたから、ちょっとおかしいなあと感じていたの。
そして朝になったら病院へ朝一番へ連れていこうと思っていたのに
もっと早い時間にゆずは朝日を待たずに飛んで行っちゃった。
今朝の3時に息を止めたよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆずを連れて、富士市の碧雲寺というお寺さんへ車を走らせました。
そこは、家族だったわんこたちがみんな眠っている場所。
ゆずのお塔婆に、ゆずが新入りで入ったから仲良くしてねと書きました。

お坊さんがちょこっとお話をしてくれたのね。
あなたがたは
ゆずちゃんに笑顔や優しさや幸せを沢山もらいました。
ゆずちゃんもあなたがたに笑顔や優しさをたくさんもらいました
そして幸せを感じましたと思います。
ゆずちゃんがいたから感じた幸せを今度は家族や周りの方に
差し上げてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆずは空に煙となって舞い上がりました。

死ぬ間際まで ニコニコ笑っているような顔をしている犬でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、ゆずは幸せだったかな。
あたしはね、ゆずがいてシアワセだったよ。
出会えて良かったと思っているよう。

今朝、ゆずがいなくなってから、ゆずとの出会いはいつだったかなと
みてみたのね。
そしたらね、もう7年も一緒にいたのねえ。数年かと思ってた。そんなに長くいたかなあ。

ゆずとの生活の中、いつのまにかあたしもゆずと共に7歳トシをとったのね。

ねえ、ゆず。
バスターたちによろしくね。ミシェルも、クララもマリーもティナもスエちゃんも
猫のクロやチビや・・
ああ、たくさん家族がいたから言いきれない・・

ああ、いつのまにか、こんなにも大家族だったのねえ

そしていつもいつも笑顔にさせてもらっていたのねえ。

ゆず、みんな、ありがとう。

と いいながら、 鼻水垂れちゃってるんだから (T ^ T)


ゆずのくびわ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

富士市の碧雲寺というお寺さんはとても優しい住職さんがいるの。
そこはね、大きなゾウガメさんがいたり、トカゲさんもたくさんいたりしていてね。
見せてもらったことがあるのだけれどまったくもって大きいゾウガメさんたち。
あたしも幼い頃からガラパゴス諸島があこがれで、海イグアナやゾウガメの島が
うらやましくいたけれど、こんな風に身近で、それも住職様の家族が
ゾウガメだなんて。

サバンナのキリンをみた時はこんなでしたよとお話を伺ったり、
また、セミが逆さになって落ちているのをみてそっと拾って木にそっと付けて、命ですからねとにっこり
笑っていらっしゃいました。
ああ、素晴らしく
懐の大きな住職様だなあと感心しました。
もちろん、今も尊敬いたしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、書きながら やはり鼻水は何回も 洋服のソデで拭いちゃったり、ティッシュ使ったり
涙と鼻水でグチャグチャで
鼻を拭きすぎて痛いし
でも
堪えることなんかないよね。

好きだー いまもねー って


だいすきだーーーー ありがとううーーー

ああ、だめだわ。とめどなく 興奮してる。

寂しいのと会えないんだなと思う辛さや感謝や、
いろんなものが交差しているから、ブログが中々終わらないわ・・・汗。

では、そろそろ締めくくりです。
ゆずー ありがとう。大好きだよの、さえぐさりいのすけでした。

泣くほど好きーー だから出会いっていいのようーー
泣けるほど好きだー 絶対 忘れないからー そんなに急がなくてもいいのにー いきなりなんてずるいー反則ー
もういちど抱かせて欲しい。
ぎゅううっとすると クウって甘え鳴きするあの声をもう一度だけでいいから・・。



(ああ、まだまだうちには年寄りワンコがまだまだいるのよね・・
次のお見送りをする日が近いような、、その度に味わう辛さだけれど
ありがとうと思う気持ちも深いです。



http://lenosuke.jp/blog-entry-96.html
2017. . 13

長い月にはなにをしよう。 (やはり種まき?^^



暮れるのは早いよう 長月と呼ばれる、すでに11月

読書もよかろう、絵を描くのもよかろう、何か書くのもよかろう。種まきもよかろう。お掃除もよかろう。
さてなにがいいんだろう。

どうしてもわからないこと。
どうもあの人のことはわからないという あの人のことを遡って
理解できないところを理解してみようと考えるのもいいのではないのかな。

最近、いろいろな人とはなしていておやっと思うことがあるのよね。
自分はこうなんです。と決めつけて、そうなの?と聞くとそうなんです。で終わる。

自分はこんなんだから、もっとこうしなければならないんです。とまではいうけれど
言うだけで終わるの。
それ以上を考えない。 どうしたらいいかを考えないから
表面だけで終わるの。

決まって反省がない。 くちでは自分はだめなんですというけれど言うだけで終わるの

ダメだからどうにかしたい。それではどうしたらいいのかと
深く考えていかないの。
逃げに入るのよね

わかる。逃げたい気持ちはあたしも同じ。
あたしは逃げる時、ガムシャラに逃げて、そのあとに振り返り、自分を恥ずかしく思う。
こんなんでいいのかなと落ち込んだりもする。
これでいいのかなとか、グジャグジャと思考する。
それでまた落ちたりあがったり、もう大変な状態。
でもそれをやらないと自分というものがみえなくなる。

それならあの人は? どうして後悔がないの? なんでどうして?自分が考えすぎるタチなのかしらとか

自分の振り返りとともに
他の人の振り返りもしてみるのも

人の気持ちを発見できるものだとおもうし
自身が気がつかなかったことも 赤面しながら発見できるのではないのかな。

ーーーーーーーーーーー

イチョウの葉がヒラリと落ちていたのね

黄色くてピンとして。

その隣に柿の葉が橙色と茶色が混じり合って艶やかな色で落ちているの。

ああ、違うわねえ。 木も違えば葉も違う。

でもハラリと落ちれば
みな同じ。地面のお布団になり虫が冬眠し植物の根も守り、
そして土になっていく。混じり合って



土の匂いが好きの 三枝 りいのすけでした。








2017. . 19

10月です。今年は植物を早くから室内に取り込みましたよう

室内に植物を入れ込む季節です。猫の手も借りたいけれど、猫族のニャンコ達はゴロゴロしていて手も足も貸してくれないです。(>_<)
寒くなってきました。
塊根植物、熱帯植物達を室内温室に入れ込みます。春になるまで、たとえば4月中旬過ぎ位までは300鉢近く(以上かも)の植物と同居します。2匹の猫と5匹の犬達、ウナギ、ヤドカリ、カエル達、ヘビさん、お魚さん、ウズラさんとみんな一緒。
冬場の室内は賑やかな動植物園となります^^
(と、書くと憧れイメージになるかもしれないけれど、いやいや、これはこれでかなり大変なことで苦労と思わない人にではないとオススメは出来ません。(^^;) だって、それだけで時間に追われるんだもの。

マツバランやヒボタンやラン
サボテンマツバラン
火星人や白檀、シダたち
火星人やシダ
ウンベラータ、バンダ、モリンガ ヒルブラディ
バンダとビカクシダ
象の木、奇想天外、バオバブ、デロニクス デカリー、ウンカリーナ、茉莉花など
20171019205324085.jpg

マツバランやバオバブたち

201710192053272f3.jpg

201710192053290af.jpg

塊根もの、多肉さん、成長がおもしろい植物達、そうだ、ネペンテスさんもそろそろ入れなきゃ。
モウセンゴケやハエトリ草さん達は休眠してもらい、虫取りスミレさんは室内かな。
植物によって環境を考えなきゃ。室内ですから環境的にはよくはないのよね。
まだ10月なのに春が恋しいですねえ。

今年は藻玉を蒔いたのね。鉢に蒔いて鉢を土に埋めて成長させてみました。
こんなやり方だし、暑い地方でもないので、お豆ができるほど大きくはならないけれどこのまま寒さで枯らしたくはないから、室内で生きるかどうかわからないけれど
越冬してもらいたくて取り込みました。
最初からモダマは取り込むために鉢蒔きしたのだけれど、さて、どうかなあ。
ひと冬どうにかもってもらいたいなあ。
来年またグングンと大きく成長してくれたら‥
頭の中で豆の木が天高くのぼっていく姿を想像して口もとがほころんでしまう。

1番前がモダマ 後ろがバンダやアスコルセンダ
モダマ

バンダやディクソニア


ユーフォルビアのダイヤモンドフロストも外に植える植物のように扱われているけれど
非耐寒性低木なのよね。見切り品で100円で買ったユーフォルビア、室内
入れておけば何年も生きるの。ポインセチアと同じ。小さい苗でクリスマス時期だけで
終わりに思うけれど夏は外に出し、冬は室内に取り込んでおけば何年も生きます。
ハイビスカスも木だから同じ管理です。小さい鉢のハイビスカス、冬でも室内で咲いたりして、色々な草花がごっちゃごっちゃで生きているのが
面白いし楽しい。^^

冬に向かって何故か種まきもはじめています。種子を水に浸したり、
一晩で膨らんだ種子をみると嬉しかったり、
山芋科の種子などはペラペラしていて発芽しそうもなくみえるのに
発芽してくれたり、粉状のこんな種子からほんとに発芽するの??
と、疑いながら種を蒔く。
そんな時間が好きです。

楽しくって仕方ない時間。
あたしの時間。

種まき一回戦目です。
もう一度蒔こうと思っているけれど置き場所がないからどうにか
置き場所を作らなくちゃ。

今日は10月なのに12月の陽気なのですって。
部屋を暖めたら土のにおいがプウんとしたよの、
三枝りいのすけでした。

2017. . 02

海の中をのぞいたよう。磯の生き物たちと同居した話。

磯のある海に行って来たの。

岸壁を降りて磯へ降りると、磯独特のにおいがプウウンとする。
青ノリのような、海藻があつい日差しで発行したような。
海の水が溜まって逃げられないような場所は、潮水が温くなっていて 



その中でカニが死んでいたり、ちょっとした窪みには死んでしまった貝がたくさん貝塚のように
積もっている。 

 小さいヤドカリ、大きいヤドカリ、小さい貝、岩についているクルクルしたもの。   

たくさん生きているよう。 

ペットボトルに海水をもらい、ヤドカリや貝や岩をもらっていきました。
家に帰り、
ガラスの水槽にみんなを移して、海水を入れると
そこは、海の中
イソギンチャクたちはユラユラして、 


連れてきていないはずの小さいカニが歩いている。
磯の岩に付いていた、無数の生き物たちが活発に動き始めたのよね。
イソニナ、イシダタミガイ、アサリ、アラムシロ、マガキ
フジツボ、カメノテ、ヒザラガイ
水槽を覗いていて



その世界にのめり込んでいたの。
簡単に磯を上からみるのと
海の中を覗くようにみるのは180度違うのねえ。(もっとかも
ガラスの側面で貝達が動き回る。普段みれない裏側なのよう。
ヒザラガイがあんなに柔らかいとは思わなかったし動いている姿も
みれるとも思わなかったし
1週間分の海水を冷蔵庫で保存して
彼等の毎日をみせていただいて、
そして1週間後に彼等を連れて海に行き、
ありがとうをして別れました。
海の生き物は面白いし、楽しいなあ。
生きている感がハンパないです^^

はまりそう。磯は最高ねえの三枝りいのすけでした。

ただいま、オカヤドカリがいて毎日観察中だけれど、海のヤドカリもいいわねえ・・^^
2017. . 30

キライ、キライもスキなウチ。


先程に廊下へ出たら、蜘蛛がいたの。
アシダカグモさん(はあと
まだ若くて ばしっと大きくないのよね。
(画像を撮ってきたけど、これ、アップしたら怒られそうかな・・(⌒-⌒; )
とかいいつつ、以前に森林ゴキブリを容赦なくアップしたのはあたしですが。。汗。汗

くもさん、益虫なのよう。家にいる蜘蛛さん達、ハエトリさんはゴキブリは捕まえられないけれど、ちびっこいのなら捕獲してくれるかもしれないし、
大きいアシダカグモさんはゴキブリを捕食してくれるよう。
ゴキブリさんが大嫌いな人はアシダカグモさんを大切にしておくといいですよう。
他の虫達も捕まえてくれるからありがたいものです^^


注目なのは ↓
ゴキブリさんは、向かってくるけれど
クモさんは、逃げてくれるよう。

_______________

ある人がね、苦手な生き物は
ヘビとクモと言ったの。

なぜ ヘビが苦手なの?と聞いたら、

ヘビは足がないからって。

そうかあ、それでは、クモはなぜ嫌いなの?と聞いたら

足が長くて多いからだって。

_________________

他の人は、蝶々はそんなに嫌いじゃないけれど、
芋虫は嫌いだと言ったの。
足がないからだって(あるけれど上からみるとみえない)

横からみたら見えるのにねえ。
そう言ったら、でも、ブニブニしているから気持ち悪いとか
色が気持ちわるいとか、
ついには存在自体が気持ち悪いとかいう始末。

嫌いな人は嫌いなのだから、わからないことはないけれど
存在自体が気持ち悪いとか、
簡単にこんな風にいうのはやめようよう。

進化して適応してそのカタチになったわけだもの。

嫌いなものがいるのはわかるけれど
苦手なのという言葉だけでいいのではないのかなあ。

不思議な生き物はもっとたくさんいるよ。

色々な生き物をもっとみてみようよう。

たくさんたくさん
いろんなのみてると慣れちゃうぞの、三枝りいのすけでした。


アシダカグモさん。久しぶりのご対面だったから興奮しちゃった。
居着いてくれたらいいなあ。












2017. . 24

四月六日は、ひなのすけのお誕生日でした。遅いけれど、おめでとう ひなのすけ

ひゃあ~ 困った 1大事です。

忙しくてうっかりしていたわよう。

大切なウズラの
ひなのすけ5歳になっていました。💦
ごめん、ごめん、ひなのすけ。
今日はお出かけするからワームを買ってくるね。それともコオロギがいいかな。
明日はね、地面を這いずり回ってでも ひなのすけの好きなコガネムシの幼虫やヨトウムシや青いナニかを
見つけるつもりよう。

いつも外から帰ってくると車の音で聞き分けて、喜びの声をあげてくれる、ひなのすけ。
歩いて家に近づいてくる足音も誰のものかしっかり把握していて、喜びの歌を歌ってくれる、ひなのすけ。
元気でいてくれてありがとうね。これからもよろしくね。


ひなのすけへ。

 


いつも元気なひなちゃんに癒される
三枝りいのすけでした
2017. . 23

今年の春も透き通った青い空でまことによかよかでございますねえ。(^ー^)

1つ前から いまもまだまだ あたしの頭の中では 春のお祭りが続いています。

春はウメから始まり、河津桜、サクランボの花、ソメイヨシノが散り、プラムやアンズの花が終わり、ヤマザクラが終盤に差し掛かり、ジューンベリーが殆ど散り、梨の花と同時くらいに桃の花も咲き、そして硬い蕾がゆるくなったリンゴの花は明日あたりに咲き始めるでしょう。春の、春だけの年に一度の花の饗宴です。
この時ばかりは、雨にも風にも邪魔されぬよう、祈るばかりです。  
河津桜
  


梨の花
 
そして下をみてみましょう。
地面ではタンポポやスミレの花が黄色や薄紫色、ピンク色
ちいさい花々がたくさん咲いています。
草わらびや、ゼンマイも
くるくる、くるくるまいています。
すかんぽは、若い赤い葉を出し
ドクダミの若葉の柔らかそうなこと。
こっそりモミジは若い葉をつけるばかりかいつのまにか花を終え、
フキの葉は大きく立派になりました。

川は流れ、ミズムシたちはいきおいよく泳ぎまわり、
静かだったミミズたちも地温が高くなったのか活発になり、
太陽の陽射しを浴びた虫たちはキラキラキラキラ空高く飛び


空気は冷たいが暖かい。 

眩しい春は 若々しい
生き物たちでいっぱいです。


春に感謝して。の、三枝りいのすけでした。
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html