2017. . 14

手まり唄や童謡とか、わらべ歌で好きな歌はありますか?覚えてる歌とか


『いっちりっとら〜らってくってし〜しんがら、ほっけきょ〜〜
京都のちょんま〜げ』

これはマリつき唄だったのね。

『いちれつらぱん はれつして 』

この唄はここまでしか知らないのですけれど日露戦争の唄だったのね。
意味もわからず、ふむふむと神妙な顔をして聴いていたあの頃。
これは、母がお婆ちゃんから教わったのでしょうか。
自分だけの思い出のような気がしてとても大事なものだから
忘れたくない唄なのです。

いま思うと、ああ、コワイ。と思う唄なのは、

『山寺のおしょさんが鞠は蹴りたし鞠はなし
猫をかん袋に押し込んでポンと蹴ればニャンと鳴く』

軽快なテンポのこの唄は
おしょさんが猫を袋に押し込んで蹴るという
今考えるとダメよ、この唄となるよね。

『しょ、しょ、しょじょジ〜しょじょじの寺はつ、つ、月夜だ
みんな出て来い来いこい。負けるな、負けるな、おしょさんに負けるな』
これは、ワクワクする、おしょうさんの歌。

そして、ネズミさんの歌
手遊びの時に歌ったのよね。

『ずいずいずっころばし ごまみそずい
抜けたらどんどこしょ
タワラのネズミがコメ食ってチュウ
ちゅうちゅうちゅうおっとさんがよんでも おっかさんがよんでもいきっこなしよ
いどのまわりで おちゃわんかいたのだーあれ』



手遊びをいえばもうひとつ。
これも2人1組で手を合わせて遊ぶ唄。
みかんの花咲く丘と同じくらいよく遊んだものです。

『やまだのなかの一本足のかかし
天気の良いのにみのかささして
朝から晩までただ立ちどおし
あるけないのかやまだのかかし』

あたまの中でたまに流れる懐かしい唄。

母との思い出の唄。

きっとあたしの年代の人で いっちりっとら〜は知らないと思う・・(⌒-⌒; )
古すぎる歌だもの。


『みかんの花が咲いている
思い出の道 丘の道はるかに見える 青い海お船がとおくかすんでる

替え歌
みかんの花が埼玉県
思い出の道岡山県はるかに見える青森県お船が遠く神奈川県

手のひらを出して焼けたら裏返していく手遊び唄

『おせんべ焼けたかな

透き通る緑色のソーダのイメージがいまもする

『ソーダー村の村長さんはソーダー飲んで死んだソーダー
ソウシキマンジュウくったソーダ』


時代よねえ。

アズキを入れたお手玉。
何個もくるりくるりとジャグラーのように手遊びでまわす。
そんなのに憧れたけれど
不器用なあたしには片手にひとつずつの2個をくるくるまわすので
めいいっぱいだった。

あやとりもそう。川の形から始めて、いつも何回か取り合うところまでしか
ず、同じところで途切れてしまう。

毛糸であやとり紐を作ったり、おはじきを弾いたり
手遊び唄で楽しんだり、
外ではゴムヒモで遊び、石蹴りをし、
缶があれば缶がひしゃげるまで缶蹴り遊びをしたり。


だれだれ見つけた かんけりカーン。

夕日がそろそろ帰りなさいよと紅く空を染め上げる頃、

そろそろかえろうーっと。

じゃあね またねーと、 だだだっと走って帰っていく。




わらべ歌、手遊び唄の歌詞は時代と地方によって違うだろうし
なにが正確かわからないけれど、少しでもこうして覚えていられて
とても嬉しいのです。 の、りいのすけでした。

2017. . 17

ウォーターなんちゃら。ガラスの中で夢を見る


植物を育てたり、みたり、聞いたりするとワクワクする。

動物をみたり、あしあとをみつけたりするとワクワクする。

生きているものが面白くてしかたないのよね。

でも生きていなくても

ウォーターなんちゃら、あれはなんていうんだろう

ウォータードーム、、、スノウドーム

まるくて中に水が入っているアレ。あんなのも好き。あの丸いガラスの中を
覗くのが面白い。

そして先程から手元に置いて眺めている
このガラスの球体の物も好き
中に色ガラスで金魚さんが入っていて
空気も泡のように入っている
201701201356183a7.jpg



これはガラスの塊なのはわかっているけれど
手に持つと空気を持っているような気持ちにもなるし
自分は宇宙だとしたら地球はこんな感じなんだろうか。地球は宇宙に浮いていて大気圏があって
その中に空気があって、そにずっとしたに地球の表面には海があって
陸があって山脈が走っている。
海に人差し指を入れてみる。ちっと冷たい
砂漠と言われている黄色い場所を少しなぞってみる。
くっきり指の跡がついちゃった。
これはちょっとまずい気がするからなぞって平らにしておこう。
ああ、あそこがアマゾン川
生き物の生まれた場所。
母なる大地に母なる川

ガラスの玉を眼は見つめ
心は遠く宇宙にある。
20170120135620cb2.jpg

心の旅行はいつでもどこででもできるのだ。

何かをのぞいてみよう。違う世界がそこにあるよの三枝りいのすけでした。

2017. . 13

今日はとても寒い日なんだって

今日はとても寒い日なのですって。

朝のニュースでは、今年いちばんの寒さですといってました。
土日が最高に寒いのよ~と
日本海側のほうの積雪、北日本から西日本にかけてのこちらの積雪も。


---------------------------------------------------

そういえば、この間、野球大好きな人がこういうことを言っていました。

最近の夏は異常に暑いよね。高校球児たちはグランドが40度近い中で
試合をしているけれど、
灼熱の中で高校生が熱中症で死なないとどうにかしようとはしないのか?!!時期をずらすとか、球場を変えるとかできないのか?
この意見に対して
高校球児たちは甲子園にあこがれをもっていて、甲子園に行きたいのだから場所が違ったらそれはどうなんだろうとか。
それなら
北海道に同じようなグランドを作って、そこを第二の甲子園にすればいいのに。
土も甲子園の土をもらってくればいいんじゃないかとか。

野球が好きだからこそ、球児たちを心配して本気でおっしゃっていました・。

---------------------------


この時期のセンター試験、受験生はこの日のためにがんばってきているよね。

受験生達が全力を出し切れますよううに。
大雪になりませんように。

試験日もどうにかならないのかな。・・・・。


わかいこがんばれーーの 三枝りいのすけでした。







2017. . 06

冬のサナギ

寒中お見舞い申し上げますと
書きたいくらい今日は冷え込みました。

こんなに寒い中、ジッとしているサナギさん。

多肉に乗っていた枯葉を払っていたらでてきたの。
あれあれ‥。このままでいいのかな。
どこかに張り付いていたのが取れて転がってしまったのかなぁ。

とりあえず同じ位置に置いておきましょう。
春に羽化する時に失敗しませんように。
20170106214151f56.jpg

ねね、サナギってバラの花の妖精さんにみえない?
みえないわね‥(^-^;
じゃあ、親指姫にみえない?
うーん。。当然みえないよね‥(^-^;

では、バルタン星人にみえない?
あ、やっぱり??多少みえるよね‥(^-^;
どちらかというと怪獣系の形かなあ。ゼットンとか。(ゼットンとはウルトラマンを倒した怪獣ね。かっこいいの。
↑この説明はいらないか。^^;

と、みていくと、なんだかサナギって
愛らしく思わない?
ポケモンなら硬くなる〜硬くなる〜
トランセルとか?
(o^^o)

シアワセを運んでくる宇宙人かもしれないし
こうかも、ああかもと想像するのはまた楽し♩

サナギさんの夢の中を邪魔してはいけないなと思う、三枝りいのすけでした。


春に 起きればいいねえ。

ね。

2017. . 01

2017年 1月 元旦 謹賀新年です。


明けましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

サツマイモ


今日は、1時間半ばかり山道を久しぶりに歩きました。
冬を感じさせないような日差しの中でした。
ドングリが落ちていたら拾いたかったけれど、残念ながら落ちていなかったです。

さて、これから種子の整理でもしよかなの、三枝りいのすけでした。


2016. . 29

2016年12月 ランが咲いたよう。バンダの開花です。うれしいなあ。


バンダが咲きました。

このバンダ、HCで咲き終わり、半額で出ていたものです。

バンダのブルーを咲かせてみたかったのよね。

といっても、実はそんなに難しいお花でもないの。
冬の温度に気をつけて冬を越させてあげれば夏場は少し風通しのよい明るい場所で吊るしてあげれば
元気がいいの。

今年は、6月に見つけたから、とても明るい窓際に置いておいたのよね。(戸外ではなく

こうして
自分で育てた植物が花芽を持つのはとても嬉しいのよね。

お花が開花する喜び。

育ててよかったなあと思う。

お花が咲くものは、咲かせる喜びがあるのが醍醐味なのよね。


バンダ1

白地が多い
バンダ

ランの不思議なところはね
根っこの生え方なのよね。
むちっとした根っこがでてくるの。


画像が悪いわねえ ^^;
ラン 根っこ
こんな感じね。空気に触れる根っこ。
気根というのね。

木に着生して育つ植物、カトレアやデンドロビウムもそうだけれど
(樹木以外にも着生)バンダにはバルブはないのです。
バンダの葉のつき方をみるとよくわかるけれど葉で受けた霧や雨が根のほうにいきやすい形をしています。
樹上で根をからみつけてのばしていくのよね。
水分のない根は白く、水分がつくと緑色になります。
特殊な場所で生育しているランなので
これらを土に埋めて育てたら、環境があまりにも違って
生きてはいけないのよね。

ランはお高くとまっている植物というイメージがあるよね。
胡蝶蘭やカトレア、バンダもそうだけれど花弁が少し厚くて
きらきらしていて、いかにも高価なイメージだけれど
お花が開花するとひと月から時期によっては三ヶ月くらい咲いてくれるの
こんなに長い間、楽しめるお花はそうそうないよね。 実はランは、自分で咲かせられるように
なるとお得感満載なの
なので、
チャレンジしてみるのも楽しいかもです。
今時は、お手軽に思えるパンジーなどもF1タイプになるとポット苗も400円近いのよね。
パンジー2苗とお値打ち品の札がついたランは値段はさほど変わらないどころか、もっとお安いです。
どんなランから始めるのがおすすめかというと
デンドロビウムやシンビジウムからかな。
夏場に外に出して雨にも当ててあげて、バルブを太くしてあげれば
冬場にお花を咲かせてくれます。
結果が出るのが楽しいです♩
是非、トライしてみてね。
日本のラン、
セロジネなどもとっても丈夫なランですね。

と、ランのおすすめをするつもりではなかったけれど

あれ?・・ ^^:

___

12月も そろそろ終わり。 2016年が駆けていきます。

今年は、忙しい日々で、またまたアッと言う間でした。
今年もありがとう。

来年もまたよろしくね。


三枝 りいのすけでした。


2016. . 14

自分時間を旅行する その2 友達とは。信頼関係を築くとは。



今、途中まで書いていたけれど、ポストから出して来た包みを開けたら
チョコレートとお手紙とバースディブックが入っていたのね。

お手紙が入っていてね。
ちょこっと書き出すと
「メリークリスマス りいさん! デパートぶらぶらしていたらクリスマスの雰囲気に呑まれて、こんなもん買っちまっただよ。たべてくりくり ‥‥‥」

とても嬉して、お話をチェンジしちゃいます。 ^^

ーーーーー

「友達」とは、なんだろう。




たとえば、
信頼できるのが友達。とか、
一緒に過ごした時間が長いから友達。とか、

ーーーーー

友達はたくさんいたほうがいいのだろうか。

どのくらいまでの距離が友達というんだろうか。

「友達」というものは曖昧で括りがないからわかりにくいけれど

友達というのは出会った瞬間から親密感を感じてこの人、好きだなあ。友達になりたいなあとか。

うわっ、気が合わないだろうなあ。こういう人苦手だなというところから、いつのまにか仲良くなっていたり。


初めてあって思いがけず意気投合をしていきなり友達というのはありだし、
もう友達だねと言えるくらい心を開いたり出来たなら
とても素晴らしい出会いなのだと思う。

悩み事を話せるくらい信頼関係が築けたらそれが親友というんじゃないかな。

親友というのは、一緒にいて楽しくて安堵できて、理不尽な事だとわかっていても話を聞いてくれて一緒に頷いてくれるような
そういう仲かな。
ここまでは、ゆるりとしていいと思うの。

でもね、本当の親友というのはね、悩むあなたがあなたの大切なシーンや人生の岐路に立った時に
あなたの悩みや思考を聞いたあとに、あなたがそう思うならそうなんじゃないかなとか、簡単にわかるよと言わないで、違うのではないのかなとしっかり言ってくれる人だと思う。
親友自体がそれは違うと思ったら、理不尽でも一緒に頷くなんてことはしないもの

簡単な悩み事を聞くのなら、そうねえ、あたしもわかるわあ。と同調してもいいと思うの。
でも、親友がね、簡単な悩み事じゃないことを相談してきたら、
噛み締めてあげることです。
他人事として話を聞くのではなくて、自分の身になって話を自分の体内にいれて考えること。

目というものは、第三者として聞くのと
本人になるのは思考がとても違うから。
軽く簡単に聞くのではなく、常に相手の気持ちを考えて相談を受ける。
相手を自分に置き換える。
自分にそれが起こったとしたら。
友達が自分だったら?

そう、置き換えることが出来たなら、
悩んで悩みぬいて、自分に相談してきてくれたのだなということが、わかると思います。
そしたら聞いてあげるよと思うのではなく
相談する相手として自分を選んでくれたんだなという思いになります。
自分に相談にきてくれてありがとう。と 思えたら。

one step いけます ^^



ーーーーーーーーーーーー





「デパートぶらぶらしていたらクリスマスの雰囲気に呑まれて」の、この手紙、情景がみえる素晴らしいお手紙です。
読んでいたら暖かいものが胸にこみあげてきました。

この彼女には会ったことがありません。
そう、ネットでお友達になりました。^^
あたしにはこういうお友達が、何人かいます。 大切に思う人たちですし
人柄もよくわかっているつもりです。
またこの話は書こうと思いますが
小中学校からの友達、仕事場でのお友達、こういうリアルでのお友達が本当のお友達なのではないの?
ネットなんてバーチャルじゃないの?と、かなり前の、20年位前のあたしならそう言っていたと思います。


ん〜・・。ネットで知り合う友達?むむむっと思うかもしれませんが
リアルでもお友達はいます。
リアルで知り合う方々も大切ですけれど
ネットで知り合ったお友達も、会った時にいきなりハグが出来るくらいの間柄なんです。
男女共にハグできちゃいます。グイグイ締めちゃって相手の胸骨とか折りまくっちゃいそう。
特に細身の男性の方、気をつけてね。バキッといきます。バキッと^^

そして、あぁ、

何よりも 大切なのは、リアル、リアルじゃないとか そんなのじゃなくてね、
年齢を越えたお付き合いが
大切なのです。
自分が目上なら、相手に合わせて目線を下げる。
同じ目線で話せることが大切だと思います。でも、目上の方にどんな状況でもタメ口でいいわけはなくて
尊敬するところ、謙遜するところはキチンと見せましょう。上手にやりましょうということではなくて
どのくらい慕っているか、尊敬しているか、大切におもっているか。
お友達ならしっかり態度で示さなければいけないと思うの
お友達関係でもそれが礼儀ですしマナーです。
友達にマナーがいるならそんなのお友達ではないのでは?なんて、おばかさんなことを思ってはいけないです。
愛情は示さなければわからないです。



また、お友達とはどういうものなのだろうかとか
友達というものは、そこまでして必要かとか、いなくても構わないのではないのかとか。
友達がたくさんいるのがそんなにすごいことなのか?とか
ひとりのほうが気楽とか。

色々と思うところを書きたいのですが 今日はここまでです。
この友達のことを こうだ、だからああだと 簡単にまとめようとするのは難しいです。


なにかと失敗だらけで、実際、しっかりしていなくて、
色々と 不義理をかきまくり、今年もダメダメだったなあと反省しきりの、三枝りいのすけでした。






2016. . 30

今夜はビートイット。じゃなくて、今夜は離さない。でもなくて今夜は木酢液。くさいくさい大作戦


毎晩、毎晩、ほとんど毎晩、彼らはくるのです。(豚さんに牙が生えたみたいなヤツ
家のまわりをほじくり返し、家の隣の畑をほじくり返し、少し傾斜なので、丸太で段々畑のようにして土留めを
していたけれど、彼らはその丸太も投げ飛ばすの。畑はみるも無残な姿になってしまい、
投げ飛ばされる度に元に戻したけれど、
またしばらくするとまた投げ飛ばしてあるのであきらめてそのまま放置しておくことにして様子をみていました。

彼らが通ってくる道は枯れ草も小木もなぎ倒されて獣道がしっかりと作られています。(ラグビースイカに割り箸が4本
ついているような姿をしているヤツ
そう、毎晩くるからしっかりと道ができているのです。

倒木の中や倒木の下に隠れている虫をさがしたり、食べれそうな球根類を掘り出しているようで
彼らが去ったあとは爆弾が落ちたように無残に大穴があいています。
これがびっくりするほどの大穴で、誰か爆弾落とした?と思うくらいな大穴なのよね 💦

家のまわりの草花も畑のまわりに植えてあるアイリスもお茶もアレもコレもそれも、あっちもこっちもそっちも根っこを抜かれて放り出されているけれども、
ため息をついて、これも修行だわ。と、思うようにしたのよね。
そう思わなければ、つい、彼等をジビエにしちゃろかとか、足を縛って吊るしちゃろか?とか思ってしまうから。
とても大切に育ててきた植物を踏まれ、毎晩毎晩、蹴散らされればそう思ってもおかしくはないよね?ね? 💦。(^-^;

こころが歪むので目を背け、あまり現実をみないで来たけれども、(逃避といいます。
ここだけは入り込まないでねという鳥獣網で囲ってある庭に入り込んできたので今までと話は変わってきました。
これはっ・・・。と、
誰〜?庭にダンプカーを乗り付けてきた〜?
コンテナや鉢花が無駄に多いからすっきりさせようとしてくれたのん〜?なに〜?親切心??
ああ、ありがとう。
ぐじゃぐじゃになってきていたものね。草丈がなくなって、なんだかとても広くなったわよう? ん〜?ああ、なあんだ〜色々な鉢が倒れているから広く見えるのねえ^^
あははは、うふふ〜

と、これまた逃避に入ります、、。
だけれど見たくなくても見えてしまうので逃避から逃れられず…。
そうなると
ムカムカムカーっとするわけで…。
でも、相手は鳥獣類なので冬を越すためなのでムカムカムカーっとしても仕方ないわけです。

今朝早くから家のまわりに囲ってある網を調べましたら、おっと!見つけました。出入りしている場所が数カ所。
まずはここを塞がないと・・。出入りできそう場所、片っ端から塞がないとどこかから入ってきてしまいます。
おしっ
地面にまずはコンクリートブロックを置き、その上にコンテナを置いていきました。
これでどうだ。
網を持ち上げて入って来たけれどもこれで入れまい。

と、 今、タカをくくっていますが、さあどうなるでしょう。

ちなみに、イノシシさん。コンテナくらいは普通にぶっ飛ばします。
が、今回は出入りする網の前にコンテナを置いたので網があるので入ってこれないとぶっ飛ばせません。

ちょっとドキドキ・ワクワクです。やれるものならやってみそ〜(こらっ

だけれどこれでコンテナをぶっ飛ばしながら入ってこられるとおちおち夜にワンズ達を庭に出せないのよね。(おトイレ。
目の見えない、耳の聞こえない、腰がヨボヨボとかそんなんばかりだから
イノシシの牙にかかれば小型犬の老犬達なんて即死です。

うーん。。。 うーん

かくなる上は、木酢液です。 くさいくさい攻撃です。
山火事のニオイは野生動物にとって危険なはずです。

そして、次は唐辛子をいれた木酢液をかけようと思います。
これもくさいくさい攻撃です。

今夜決行です。



おーし! やるぞー
くさいくさい大作戦。いざ決行の 三枝りいのすけでした。




※ 今夜これから雨みたいだけど・・

おはようございます。
追記します。
今朝は荒らされていませんでした。
ヽ(*^∇^*)ノ

何気なく拍手をくれたかた、ありがとうございます。スプリングさん
その後ですが、それから数日毎日撒いていたら来ませんでした。しかーし、いままでと明らかに違うイノシシがいらっしゃったのです。雨降りあとなのと、他の集団がいないからなのでしょうか。
明らかに違うイノシシは撒いている辺りより数メートル向こうにいました。
木酸酢をまう網まわりは荒らされていなくて網をくぐったり破られたりはしていないのでホッと安心だけれど
匂いは雨や湿度でなくなるからマメにやらないとだめかもです。

よく考えると、網で囲まれた中にいる人間と外闊歩しているイノシシ、
これ、動物園のおりの中にいる人間みたいですねえ。(^◇^;)

2016. . 20

不思議な11月

日が落ちるのが早いな。
もう11月も下旬にかかるから
早くて当たり前なのかな。
暑かったり、いきなりの低温で震えたり、
11月って不思議な月。

じゃあ12月は?と聞かれたら
暑い日と寒い日が交互するけれど、クリスマスに雪がいきなり降ったりして、
そしたら寒さが85パーセント以上になって朝は毎朝寒くて仕方なくなる。

住んでいる地域で季節の感じかた、考えかたは変わるよね。
あたしが住んでいる静岡はいまのところ
こんな感じです。


北のほうは雪が降ったよね。
九州は暖かい。

いま、まだこちらは霜が降りてはいないけれど冷たい小さい氷の破片が落ち始めたら
そしたら初冬

いま、外は、まっくら。
これから宵が深まります。

秋と冬の間
不思議な月、11月。



セピア色の空間で。の、三枝りいのすけでした。

2016. . 05

夏に挿したハイビスカス


数年間、鉢植えでそだているハイビスカス
今年の夏に
ハイビスカスのツボミがついた時に枝が折れたのでその枝をそこにあったジャムのビンにさしたままにしておいたのね。
花が咲いたあともそのままにしておいたの。

花ガラが出来たままにしていたのが
落ちたから手に取ってみたら
中に小さなタネがあったの。

小さい種子。

うれしいなあ。たくさんのこびとが
花ガラのなかに隠れていたんじゃないかと思うくらい嬉しい (@^^@)

あまりにも嬉しいから蒔かなくちゃね。

生きているってすごいよね。
小さいビンに水が入っている、
そこにひと枝の花がついていた枝をいれただけで
タネがついたのよ。

すごいね。すごいよ。

ハイビスカス

ハイビスカス

ハイビスカス



枝もまだ生きているよう。の
三枝りいのすけでした。

 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html