2016. . 18

森林のゴキブリ オオゴキブリさんは 怖くないよう。殺さないでね。


森林に住んでいるゴキブリさん オオゴキブリ


ゴキブリというと ゾワッとしちゃうよね? 💦

でも、室内に入らないような ゴキブリさんもいるんですよう。

ゴキブリというと、あの素早い動きのゴキブリさんを思い出しますよね。
キッチンまわりにいるゴキブリさん。
部屋の壁にいたりすると そこから飛ぶのではないかと恐怖心を煽られちゃうよね。

そのゴキブリさんではなくて

森林性のゴキブリさんで、歩きもモタモタしていて、地味でおとなしいのが オオゴキブリさん。

湿った地面で朽ちている木を食べているそうです。

羽が短いのは
何匹で暮らしていて
羽を食べられてしまうそうです。
何故、羽を食べるのでしょうねえ。
そこがわからないところ。
足りない栄養分を補っているのかな

今日は久しぶりに オオゴキブリをみました。

それも2匹も見かけたのよね
嬉しかったなあ。

木がなくなったり、土地が整備されたりしたら真っ先にいなくなってしまう
オオゴキブリさん
レッドデータに登録されている県もあって
地方によっては 絶滅危惧種Ⅱになっているようです。

外で大きなゴキブリさんをみたら
殺さないでね。
人間に害のない、害がないどころか、生態系の中で分解者という一端を担う オオゴキブリさん

そっとしておいてあげてください。

もしキャンプ場などでみかけたら
怖がる人に
怖くないよと教えてあげてください。


人間が ゴキブリを怖がる第1の理由は
素早いこと。動きが予測できないことだと思うの。

彼らはとても動きがゆっくりだし、石なども登るのが下手なタイプです。
試してないからわからないけれど
壁は登れなそう・・(^_^;)
というか、登れないだろうなあ。
石段の階段でさえ、四苦八苦していたものねえ・・




ヒゲはみじかいよ
オオゴキブリ
オオゴキブリ
オオゴキブリ
オオゴキブリ


手をつなごう。オオゴキブリさんも生きているよう。の、三枝りいのすけでした。








2016. . 11

猫(フク)の首のニオイを嗅ぐとすっぱいにおいがする




何処ぞの会社の社長のような態度

フク社長
フク社長

おっさん猫っぷり 全開
フク社長

彼はフク。
HCのガーデニングコーナーでギャアギャア鳴いていた猫さん。
これも縁かと連れ帰って1年
たった1年で 見事なおっさんになりました。

ーーーーーーーーーーーーー

フク(猫)の首を背中から嗅ぐと
すっぱいニオイがするのよね。
クロ(猫)の首のニオイを嗅いでもしないけどフクは、これまた強烈なすっぱいニオイ。
フクがしたウンチもこれまたすごいニオイがするのよね
今ウンチしたな。と、すぐわかるくらい、これまた猛烈に臭いのよね。

フクを保護した時に瓜実条虫という虫がいたの
虫がお腹にいると臭いと聞いたから虫が原因かと思ったりしたけれど
駆虫しても変わらずに臭うから
虫ではなかったのよね。

うーん、不思議。

猫は、犬のように(プードルちゃんやシュナみたいにあまりにおわないワンコもいます)
臭わないよね。
身体もあまり臭わない。

なのにフクは首の後ろだけすっぱい・・。

うーん・・ なんだろう。 同じような猫を知っている方いましたら教えてください。
不思議でしかたないのよね

病気で身体が舐められない猫さんは身体が酸っぱくなったありするけれど、フクは健康な若猫なので
これは違うのよね。

糞尿が首についているのではないのかとか
トイレいった後の足で首を掻いているのではないのかなということ以外で
原因はこれじゃないかというのがあれば教えて下さい。
とても不思議でしかたないです。

外猫たちもこのニオイはしないし
不思議なのよね
フク社長





すっぱまんと呼んじゃおうかな。それは可哀想ねえの、三枝りいのすけでした。

2016. . 07

ちいさい羽根のついた虫にだって 五分の魂だよね。 ただ、生きる時間の長さが違うだけ


数週間前から
雨上がりの後や、気温の変化から
朝日と共に小さな羽根のついた虫たちが
ワラワラと土の中から飛び出し
宙を飛ぶ

あまりにもちいさいので飛んでいるのもわからいほどな小さな黒い虫
1ミリくらいなのだろうか。
ちっこい虫が羽根を背につけて無数に宙を飛ぶ

どこかに飛んでいけるわけでもないのだろう
風に乗ったものは遠くへ飛ばされ
木や障害物にぶつかったものは
落ちて地を
這い、やがて動かなくなる。

なんのために地から無数にわくように出てくるのだろう。

意味はあるのだろうか。


意味は、あるのだろうなあ。

小さいからたくさん飛び立つのだろう
空を舞っている間に交尾をするのだろうか。

そして落ちて
次世代に命を繋いで彼等は骸になるのだろうか。



ーーーーーーーーー
どうやら
クロバネキノコバエをいう虫のようです

とてもたくさん発生するので顔にまとわりついたり、背中に入ったり、
そんなふうに飛び込んできた虫は
そのまま死んでしまう。

それでなくても数時間の虫
湿った場所なら貼り付いて動けない。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

山をみながら 海を思う。

海の中の小さいプランクトンや小さい生き物を思う。

ああ、そうかあ。

無数の虫たちは、 海ではなくて
ただ 陸にいるだけなんだ



小さいいのち。なんだな
小さい羽虫にも五分の魂、ただ生きる長さの時間が違うだけ、の、三枝りいのすけでした。


2016. . 09

6月の小雨の中。 このアオいニオイ、これが「生きている」ということ。


空は薄曇り。 太陽は出ていない
細かく小さい雨粒が申し訳なさそうに降っている。

降っているというのかなあ。この雨粒がもっと小さいと霧と呼ばれるものになるのだろうか。

ああ、この雨のことを霧雨というのよね

「霧雨に濡れて帰ろう。」 なにかのセリフね。


この雨は、今日の気温にマッチしていて爽やかな寒さを感じるのよね
たとえば、
山の中の湿った日陰の水場のヒンヤリした空気

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

種を蒔こう。

苗を植えよう。 土を触ろう。

土の匂いを嗅ごう。

この時期の土の匂いは他の時期とは、まるきり違う。
生命の匂いがする。

ひと握りの土の中に 数えきれない生命の息吹きがあるのだ

軽く握った手の中に、ぐるぐる回る宇宙があるのだ

ーーーーーーーーーーーーー

新芽が伸びて 柔らかい色の葉がおとなになるように 心持ち色が濃くなり若葉になる。
伸びる伸びる
木々はいつのまにか枝を伸ばし、
地面の植物は地表を覆う。

植物が輝いている。



空気と水と土

岩には地衣類 湿った木々の幹

蝶々にアシナガバチにコガネムシ

カエルにトカゲにカナヘビ

カタツムリにダンゴムシ

ちっちゃい仲間達が地味に活躍しているよ。



手をつなごう。 三枝りいのすけ











2016. . 22

下賀茂熱帯植物園へ行ってきました。伊豆へ行く方は足をのばして下賀茂郡南伊豆町へ


昨日に 「下賀茂熱帯植物園」に、行って来ました。

賀茂郡南伊豆町にあるこの植物園
伊豆半島の観光地としては西伊豆と東伊豆の真ん中、ほぼ中心にあります。なので少し遠く感じるようで、
観光でここまで足をのばす方が少なく経営的にとても大変らしいです。
一度は植物園を閉めて入り口近くの売店の営業にしていたのですがリピーターのお客様が奥にある温室、植物園のほうを見たいと言われるので開けはじめて、
そしてまた開放することになったのですが
この期間に無料でみせていたので、今更入場料を取るわけにはいかないと入園無料のままにしてしまうという人の良すぎる経営者、園長の安藤さんは人柄がよすぎるくらいよい人なのです。
入園無料で経営が成り立つかといえば、誰が考えても成り立つわけはないですよね。

同じように入場者激減のため「らんの里堂ヶ島」「ジャングルパーク」は、閉園に追い込まれました。

もしこの「下賀茂熱帯植物園」が閉じてしまったら
伊豆半島の植物園がまた数を減らしてしまいますね。

植物好きとしてはこれ以上、植物園を減らしたくはないです。
こういう場所はとても大切です。

伊豆に来たときの思い出の場所の植物園
閉めてほしくはないです。
ここを閉園するとか言わないで
どうにかずっと開園していてほしいと言いましたら

園長さんは言いました。

本当は続けられるならずっと続けていきたいんだ
だけれど入場者が減少していて毎年赤字なんだよな。
赤字だと生活していけないでしょ?
でも、やれるなら
やっていきたいんだよね・・。

外にあるヤシの木、あれはね
昭和32年に植えたもので
今も倒れず立っているよ。
あのヤシの枯れた葉を落として上に三枚位の葉だけにするんだ。それはレッカーでやるんだけれど
レッカーより高くなったら切れなくなるから
そうしたらどうしよう。
ヤシの木を伐採しなきゃいけなくなるのかなと
園長の安藤さんは、
そびえ立つように1列に立つ
思い出のヤシを優しく微笑みながら見つめていました。


今、下賀茂植物園は、入園無料で開園しています
。そして
売店でのオススメは四季の生ジュースがあり
そして、
植物好きさんにはたまらない
植物が販売されています。

ブーゲンビリア、ハイビスカスなどの熱帯植物から
胡蝶蘭、
観葉植物とされているポトスやヤシ類
アナナス類、多肉、シダ類、果樹等々。
殆どの植物はなんでも揃っていますし
育て方や質問があれば、園長さんみずから教えてくださいます。(^-^)

もし、伊豆のほうへお出かけする予定があるのなら
是非、「下賀茂熱帯植物園」へ行ってみてください。
看板猫さんもお出迎えしてくれます 🐈


なくなってほしくないよう。下賀茂植物園

伊豆へ行くときは寄ってみてくださいね。
気さくな園長さんが待っています (^-^)


植物の話をする時の、 にっこり顔の園長さんはステキでした。の、りいのすけでした。

--下賀茂熱帯植物園--
〒415-0303
静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂255
0558−62−0057
営業時間 9時30分〜15時


ーーーーーーーーーーーーー

看板猫さん
20160609103152510.jpeg

20160609103146343.jpeg

20160609103147d17.jpeg

20160609103150e85.jpeg

20160609103358291.jpeg

2016060910340069a.jpeg

20160609103150dfb.jpeg




 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html