2018. . 07

ばんばん爆発するみたいに春は容赦なく来るわね

うわあ、苔やシダ達もぴかぴかしてる。
 
これは梨のお花
 
ジューンベリーのお花 小さいリンゴのみたいな実がつきます😊 
プラムのお花です。 かわい~ねえ☺️
水芭蕉のお花です。コンテナや池の中にはオタマジャクシさんやヤゴさんがいます*^^* 
こんな感じに沢山水場を作っています。うふふ
これはプールライナーを敷いて作った少し深い池で、アカガエルが産卵したり、いまはシュレーゲルが来ていて合唱してくれるの。
 
これはヒキガエルさんたちのオタマジャクシ
がんばれー
春は一斉に押し寄せてくるので、いろんなものに挨拶をする時間が足りませんの
三枝りいのすけでした。
2018. . 11

お友達というもの。 

リアルでは、中々知り合えないようなお友達とネット上で出会いました。
それはまず趣味が合うとか、同じ趣味ではないけれど
似ているようだけれど?と、大きなくくりな中から始まって
考え方の視点が似ているかもと少しずつ歩みより
心の友となれる。
そんなことあるわけないじゃない。と、思う人のほうが多いかもしれない。でもね、近所の方々や、リアルの友達には話せない事が彼なら彼女になら素直に話せるのよね。
ネット上だから言えるということがあるし、
それならリアルでは会わないんだねって言われても
機会があったら会えるのかもしれないし、そんなのは風の吹くまま、気の向くままでいいものだし。
だって会わなくても心の友になってしまえるのなんて
すごい事だと思わない?(もちろん、会った人も方もいるし、会ったあとも心の友なのは変わらずです^^)
自分の弱さ、脆さも全部さらけだせる。
そんな自分を認めてくれて
ホッとする
たとえば。 
あたしのネットのお友達はこんな人たちがいます。




こんな感じね。
ふっとTLをみたら、数人でこんなことを話しているのをみて、あー、、いい人たちだなあって、感動して、言葉に癒されて、ありがとうと思う。
心地よいなあとうれしくてなって 感謝してしまう。
かっこつけなくていいというか、素の自分でいられるって いいよねえ。
今回はね、これが書きたかったのでした。^^
             なかなかだよね。の、 三枝りいのすけでした。
2018. . 26

ヒキガエルさん達 準備はオッケーガマ合戦場所確保よー

今日は水槽やらカエル達の掃除をしてから、風が強いなあと思いながら、ヒキガエル達がそろそろくるから汚泥を捨てたり、防水シートを引き直したり、イノシシにめくられたり投げられた丸太を戻したりして、とりあえずガマ合戦場所を確保です。 
アカガエル達が先に陣地とりをするだろうからまだ数個のコンテナを空にしておかなくちゃ
 



ふうう~の
三枝りいのすけでした
 #ガマ合戦
#アズマヒキガエル
#アカガエル
#ビオトープ
#産卵
#ヒキガエル
2017. . 30

キライ、キライもスキなウチ。


先程に廊下へ出たら、蜘蛛がいたの。
アシダカグモさん(はあと
まだ若くて ばしっと大きくないのよね。
(画像を撮ってきたけど、これ、アップしたら怒られそうかな・・(⌒-⌒; )
とかいいつつ、以前に森林ゴキブリを容赦なくアップしたのはあたしですが。。汗。汗

くもさん、益虫なのよう。家にいる蜘蛛さん達、ハエトリさんはゴキブリは捕まえられないけれど、ちびっこいのなら捕獲してくれるかもしれないし、
大きいアシダカグモさんはゴキブリを捕食してくれるよう。
ゴキブリさんが大嫌いな人はアシダカグモさんを大切にしておくといいですよう。
他の虫達も捕まえてくれるからありがたいものです^^


注目なのは ↓
ゴキブリさんは、向かってくるけれど
クモさんは、逃げてくれるよう。

_______________

ある人がね、苦手な生き物は
ヘビとクモと言ったの。

なぜ ヘビが苦手なの?と聞いたら、

ヘビは足がないからって。

そうかあ、それでは、クモはなぜ嫌いなの?と聞いたら

足が長くて多いからだって。

_________________

他の人は、蝶々はそんなに嫌いじゃないけれど、
芋虫は嫌いだと言ったの。
足がないからだって(あるけれど上からみるとみえない)

横からみたら見えるのにねえ。
そう言ったら、でも、ブニブニしているから気持ち悪いとか
色が気持ちわるいとか、
ついには存在自体が気持ち悪いとかいう始末。

嫌いな人は嫌いなのだから、わからないことはないけれど
存在自体が気持ち悪いとか、
簡単にこんな風にいうのはやめようよう。

進化して適応してそのカタチになったわけだもの。

嫌いなものがいるのはわかるけれど
苦手なのという言葉だけでいいのではないのかなあ。

不思議な生き物はもっとたくさんいるよ。

色々な生き物をもっとみてみようよう。

たくさんたくさん
いろんなのみてると慣れちゃうぞの、三枝りいのすけでした。


アシダカグモさん。久しぶりのご対面だったから興奮しちゃった。
居着いてくれたらいいなあ。












2017. . 23

今年の春も透き通った青い空でまことによかよかでございますねえ。(^ー^)

1つ前から いまもまだまだ あたしの頭の中では 春のお祭りが続いています。

春はウメから始まり、河津桜、サクランボの花、ソメイヨシノが散り、プラムやアンズの花が終わり、ヤマザクラが終盤に差し掛かり、ジューンベリーが殆ど散り、梨の花と同時くらいに桃の花も咲き、そして硬い蕾がゆるくなったリンゴの花は明日あたりに咲き始めるでしょう。春の、春だけの年に一度の花の饗宴です。
この時ばかりは、雨にも風にも邪魔されぬよう、祈るばかりです。  
河津桜
  


梨の花
 
そして下をみてみましょう。
地面ではタンポポやスミレの花が黄色や薄紫色、ピンク色
ちいさい花々がたくさん咲いています。
草わらびや、ゼンマイも
くるくる、くるくるまいています。
すかんぽは、若い赤い葉を出し
ドクダミの若葉の柔らかそうなこと。
こっそりモミジは若い葉をつけるばかりかいつのまにか花を終え、
フキの葉は大きく立派になりました。

川は流れ、ミズムシたちはいきおいよく泳ぎまわり、
静かだったミミズたちも地温が高くなったのか活発になり、
太陽の陽射しを浴びた虫たちはキラキラキラキラ空高く飛び


空気は冷たいが暖かい。 

眩しい春は 若々しい
生き物たちでいっぱいです。


春に感謝して。の、三枝りいのすけでした。
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html