2016. . 29

2016年12月 ランが咲いたよう。バンダの開花です。うれしいなあ。


バンダが咲きました。

このバンダ、HCで咲き終わり、半額で出ていたものです。

バンダのブルーを咲かせてみたかったのよね。

といっても、実はそんなに難しいお花でもないの。
冬の温度に気をつけて冬を越させてあげれば夏場は少し風通しのよい明るい場所で吊るしてあげれば
元気がいいの。

今年は、6月に見つけたから、とても明るい窓際に置いておいたのよね。(戸外ではなく

こうして
自分で育てた植物が花芽を持つのはとても嬉しいのよね。

お花が開花する喜び。

育ててよかったなあと思う。

お花が咲くものは、咲かせる喜びがあるのが醍醐味なのよね。


バンダ1

白地が多い
バンダ

ランの不思議なところはね
根っこの生え方なのよね。
むちっとした根っこがでてくるの。


画像が悪いわねえ ^^;
ラン 根っこ
こんな感じね。空気に触れる根っこ。
気根というのね。

木に着生して育つ植物、カトレアやデンドロビウムもそうだけれど
(樹木以外にも着生)バンダにはバルブはないのです。
バンダの葉のつき方をみるとよくわかるけれど葉で受けた霧や雨が根のほうにいきやすい形をしています。
樹上で根をからみつけてのばしていくのよね。
水分のない根は白く、水分がつくと緑色になります。
特殊な場所で生育しているランなので
これらを土に埋めて育てたら、環境があまりにも違って
生きてはいけないのよね。

ランはお高くとまっている植物というイメージがあるよね。
胡蝶蘭やカトレア、バンダもそうだけれど花弁が少し厚くて
きらきらしていて、いかにも高価なイメージだけれど
お花が開花するとひと月から時期によっては三ヶ月くらい咲いてくれるの
こんなに長い間、楽しめるお花はそうそうないよね。 実はランは、自分で咲かせられるように
なるとお得感満載なの
なので、
チャレンジしてみるのも楽しいかもです。
今時は、お手軽に思えるパンジーなどもF1タイプになるとポット苗も400円近いのよね。
パンジー2苗とお値打ち品の札がついたランは値段はさほど変わらないどころか、もっとお安いです。
どんなランから始めるのがおすすめかというと
デンドロビウムやシンビジウムからかな。
夏場に外に出して雨にも当ててあげて、バルブを太くしてあげれば
冬場にお花を咲かせてくれます。
結果が出るのが楽しいです♩
是非、トライしてみてね。
日本のラン、
セロジネなどもとっても丈夫なランですね。

と、ランのおすすめをするつもりではなかったけれど

あれ?・・ ^^:

___

12月も そろそろ終わり。 2016年が駆けていきます。

今年は、忙しい日々で、またまたアッと言う間でした。
今年もありがとう。

来年もまたよろしくね。


三枝 りいのすけでした。


2014. . 12

2014年4月の春 の前半戦


2014年 4月12日のサクラ

色々な桜が植えられています。濃い色の桜。ぼんぼりみたいな桜。桜の種類はたくさんあって
あたしには中々おぼえられません。けれどどんな桜もどんな花も 咲く時は1本ずつ
どんな花も主役です。
桜1

染井吉野、ヤマザクラ、八重桜 達が競い合って饗宴中でした。ソメイヨシノはハラハラとこぼれ落ちていたけれど
山桜は今がやる気まんまん。 八重さんは3分咲きくらいでこれからでした
桜2

4月5日のワラビにょきにょき
20140412215651c39.jpg
こちらも ワラビ。 カンガルーの仲間のワラビ〜ではないですよ? ←(;^_^A
ワラジでもないです←( ̄▽ ̄)
ワラビです ちなみに ワサビでもないです (寒すぎ…叩いていいです・・ ^^;
20140412215652143.jpg

画像酷すぎで撮り直しするか、出さなければいいと思いながらUPしましたです ^^;
土筆(ツクシ)に松ボックリ。
松ぼっくりはかっこつけて置いたものではなくてボロボロとたくさん落ちている場所なんです
そのボロボロと無造作に落ちている加減がいいなあってパチリ。
(無造作に落ちているわけでもないんだよね。ただ自然に落ちているだけ。それだけ
それがいいなあって。
20140412215654a40.jpg
誰かが突き刺したみたいな クサボケ
ボケの花がついた枝を誰かが地に刺したのではないの?と思えるようなボケさん
不思議だと思わない?
20140412215808568.jpg
1本幹ではなくて
下のほうから枝が2本出ているから 横張りしているようにみえるぼけさん。
この子もおちびさん。
陽の当たる河原の土手などで見かけることが多いのではないかなあ
20140412215809f61.jpg


ペンギンのヒナみたいなクルクル (シダ
2014041221581322f.jpg

フラミンゴみたいなクルクル (シダ
201404122158152cf.jpg

クジャクみたいなクルクル ( シダ
20140412215816951.jpg

4月4日 鶏さん達のいる家の前を通り過ぎる。じっとみる目は厳しい。けれど ここの鶏さん達はおとなしい
まだ一度もおっかけられてもいないのです。
何故なんだろう。 群れに牡が多いからかなあ。。 あたしの知っている白色系は誰でもかれでも目の合った人間には蹴りを入れてきて
部外者は追いかけられ突つかれていたのよね ^^;

鶏、、飼いたいなあ。。 矮鶏(チャボ)飼いたいなあ。。 アヒルもいいなあ。。 でも、、その時が来たら
考えよう (そんな機会がきたら。

201404122159436e4.jpg

じっとこちらみている。
20140412215948d42.jpg

鶏さんの次に こんな風景に

遠く遠く


いったい あたしは いま どこに いるのだろう


20140412215941c49.jpg


手を伸ばしても触れるものもなく 遠い空に遠い山々 遮るものはなにもない


20140412215942bd3.jpg


夕暮れに カラスが飛ぶ

速いなあ まったく カラスは


グングンと小さくなっていくカラス

また明日ね カラス。


遠くの山に敬礼 まったく、、 カラスと富士山には 敵わないや。

かっこよすぎよね。

20140412215947e23.jpg



花冷えの4月の半分。
明日からの4月の後半はどんな後半なのかなあ。の りいのすけでした。
2013. . 16

春なのでアール  冬眠からそろそろ起きる時期でアルよ~おきて~


花の種のカタログを毎日みて、

ずっとみていて そして今年はどのお花を育てようかと迷った末に頼みました
まあ、いつもと同じ種をまた頼むのですけれど・・┐('~`;)┌

春に蒔く
野菜の種はどうしよかなあ。

これからよね 菜っ葉達が花芽をもって咲き始めるかな。
春とともに 野菜のお花が

黄色く咲いて 菜の花となるの

京菜のお花は黄色が濃くてきれいねえ^^

白く咲く花もあるのよ 大根のお花やレタスのお花は白い。

ロケットのお花は薄い花びらで白のようにみえて薄くグレイがかって 脈があって
虫の羽みたいなのよね


ペットショップには  小動物や、インコさん達用の ヒマワリの種が500gや1キロ単位で
売られているので うずうずしてしまい、思わず、ウズ救命丸←意味なし。。

大袋のヒマワリの種。(*⌒―⌒*)みているだけで ニンマリしてしまう。。
今年もこれを蒔いてしまおうかなと思います
毎年、そんなことをしているのよね。 花咲かじいさんは 憧れの人だわ
ざばざばと灰をまいて花を咲かせる。
ざばざばと蒔くというのがミソなのよ。

ざばざば  ざばーーざばばーーーと 蒔くのは  きもちがよいのよね カ・イ・カ・ン ♪ 

そして

三月には 三月ウサギ。←違った

三月には 大根も、 んと、ニンジンも蒔けるかな
お花の種も蒔けるものあるよね

ピーマンとかトマトとか、種で頑張りたい人はすでにもう蒔いているのかなあ。
外の大きい温室がないと こういうものはしっかりした苗を作らないといけないから
大変なものねと 数年作ってみたけれど 全然うまくいきません。
苗作り、 プロの力は偉大だなというのがようくわかりましたです。


今、冬を越した野菜の苗、
今だ小さい春菊の苗、 タアサイ、
ヒヨドリ達についばまわれて 大きくなれなかった白菜や
ネットもかけないで植えてあるものだから 葉脈しかないブロッコリー
どれもこれも しなしなで貧相な感じ

でも、きっと、 もすこし暖かくなれば 盛り返してくれると 信じておこう



土を掘っていたらヨトウムシをみつけたの。 コガネムシの幼虫もいたのよ

無人販売の白菜からも 小さなイモムシ。

寒い中、虫さんたちも頑張るよね


-----------------------------------------------



とんとんとんっ 起きてください~

ほらほら、そろそろ起きてください。 春の日差しを感じますか?^^ 

その
ぶ厚く重いコートを脱いでください


 明るい色が似合います 春だもの。 


菜の花の明るいイエローグリーンの葉に黄色いお花。桜のピンクに負けないように






 と、 ひなのすけの話を書こうとしたら 
        違う話になっちゃった。の、りいのすけでした
2012. . 29

秋の風景


           おっとり  

           こんな柵でも出ていかないのよ
           柵は細い金属で古く斜めになってしまっているの

牛さん

           ゆっくり

             と   過ぎていく時間
牛さんたち

牛の匂い、牛舎の匂い、田圃の稲刈りのあとの匂い、土のにおい。 湿気たにおい。 

牛糞の匂い、 薫るものを 鼻から脳へ ひとつ残らず送り込む 






           あおい あおい 透き通るような明るいあおい空

里山の風景

稲穂の刈られた田圃の向こうには山があり、雲があって 空があおくて

里山

こんな風景を自分の目でみている。ここを歩いている。ここに佇んでいる。

     こんなに素晴らしいこと。あたしは確かに ここにいた




   夕陽が落ちる、これは ずっと 向こうの山向こう
夕日
車を停めて じっと 見つめて、 そしてまた画像としてみて
そして また 自分の目でみる。
どうしたら 自分の感動をそのまま伝えられるのかしら 



   一回 画像を撮って ふううと息を吐く間にも 山と太陽と空は
刻々と変わっていく。
夕日

生きているみたい なにもかもが。


ひとつのキャンバスの中に これがそのまま入っているとして
それは キャンバスではなく ひとつの生きている生き物みたいに
うねうねと、どくどくと
血が巡っているように

生きているよう






          
         ありがとうっていいたくなる情景。

                        りいのすけでした





2012. . 13

2012年 秋の風景

昨日の自分と今日の自分が違うのは

昨日より今日のほうが落ち着いているからなのね

昨日のあたしは お茶の花をみては感動し、画像を撮ろうとしては感動し
お茶の花のイメージを色々な角度からしていて そしてそれに飽きずにいたものだから
ワクワクな一日だったのです。

    相変わらず下手な画像だけれど↓ ほら、お茶のお花の上にまだ固いけれど青いツボミ
お茶のお花
まあるくて面白いでしょう?青いのがね、少しずつ白くなっていくの

  開ききった お茶のお花
お茶のお花1
シベの先をみて?黄色いおっきなツブツブ シベも茎が太くたくさん

  開きかけの お茶のお花  
お茶のお花2
もすこし上手に撮れていたらいいのにな。ツボミがひらいたサマなの
これから花びらが伸びてくるんだけれど この時のこの愛らしさったらなに??
もううう、、  あいらしい、あいらしい、あいらしいってば
その下の ツボミのガクも 
小さい子の首の下の衿みたいだわ かわいいカタチ。^^


    また昨日にきてくれた アサギマダラさん
アサギマダラ
ダリアの花の蜜を吸おうとやってきたところをパシャリ。
くるると巻いたストローを何回も伸ばしてた
これからどこへいくのかしら 



         タデ科。  蓼   タデ
ねこまんま タデ
蓼食う虫も好き好きといわれるタデがこの蓼。
ネコマンマというわよね。 うーん、、このぽつぽつした感じ
幼い頃にオママゴトによく使ったわ。^^
野原や道端からなくなって欲しくない植物のひとつです。


  ホトトギス 杜鵑草
ホトトギス
この間のは まだ咲き始めので一輪だったけれど こうして上を向いて咲くのよね
ランのような感じだけどユリ科のお花なのよね

  蜜柑さん
蜜柑
今年もよく実ってくれたミカンです
もすこし黄色くなったら収穫しよう。
コタツの上にミカン。 そういうイメージだったのに 今はコタツなんて使っている家はあまりないわよね
ミカンってねえ、、
ミカンって、 
焼くとねえ、オレンジジュース味になるの。 あまーくなるの。

ミカン、蜜柑とかくよね 蜜の柑橘。
テーブルの上で手で簡単に剥ける蜜柑。 このオレンジ色がとても好き。
蜜柑、大好きなのよね。 何個でもいけちゃう


            稲穂
稲穂
田んぼがね
色づいて、こんなになっているものだから、 よく言う、黄金色ね
まさしくそれなの。

すばらしいよね。これぞ日本の原風景ね
稲穂1
田んぼがあるから 水が浄化して、田んぼがあるから小さい生物がおおくて、田んぼがあるから鳥達もたくさん飛んでくる
田んぼがなくなっちゃったらどうしよう。  

田んぼがなくなっちゃったらなんて こわくて考えられないな。

なくなったところがあるの
どこでも 田んぼは潰せばなくなるわよね

以前、住んでいた町には田んぼがあったの。だから、ムシも沢山いたし、カエルも家のまわりにいたのよね
勿論、ツバメもきていたし、夕方はアブラコウモリも来ていたの
でも、少しずつなくなっていって、そしてついには 一反もなくなって
そうしたら今までいた生物がいなくなっちゃったのよね
カエルもコウモリ達もどこかへ。
田んぼの水路にはフタがついて、 水路がそこにあるとはわからなくなっちゃった

田んぼがあった時にはね、 モクズガニもいたり、ザリガニもいたり、魚も小さいのがいたりしたのにね
今では フタがしまってしまったから
覗くこともできずなのよね 

生きていたものたち、 今も生きているのかしら。。 生きているはずないわよね。
蓋があって真っ暗だもの。生きていたとしても 真っ暗なまま?? 
溜息が出ちゃうわね


色々な生物がいなくなった事に気がついた人は果たして何人位いるのかしら。
夏に網戸につく虫が多少減ったと感じている位なのかな・・。


      夏から秋に変わる今の時期、四季の変化の中に
        植物や生物たちにも変化が訪れます
        見過ごすと 人生、損しちゃうわよ。
        もったいないから 
          みまわしてみてね。 の、 りいのすけでした。










       







 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html