2017. . 27

2017年12月ダックスのゆずは空に飛んだ。 Xmasと大晦日の間をとるだなんて

そろそろ ひなのすけのことも書きたいなと思っていた矢先
突然だったのよう。

2017年12月27日

ちゅーちゃんがお星さまになっちゃった。

ちゅーちゃんは、以前にここに書いたことがある
ゆずという名前のわんこです。

犬のこと。ゆずのこと

ここ数日 コホコホと咳をしていたから、ちょっとおかしいなあと感じていたの。
そして朝になったら病院へ朝一番へ連れていこうと思っていたのに
もっと早い時間にゆずは朝日を待たずに飛んで行っちゃった。
今朝の3時に息を止めたよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆずを連れて、富士市の碧雲寺というお寺さんへ車を走らせました。
そこは、家族だったわんこたちがみんな眠っている場所。
ゆずのお塔婆に、ゆずが新入りで入ったから仲良くしてねと書きました。

お坊さんがちょこっとお話をしてくれたのね。
あなたがたは
ゆずちゃんに笑顔や優しさや幸せを沢山もらいました。
ゆずちゃんもあなたがたに笑顔や優しさをたくさんもらいました
そして幸せを感じましたと思います。
ゆずちゃんがいたから感じた幸せを今度は家族や周りの方に
差し上げてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆずは空に煙となって舞い上がりました。

死ぬ間際まで ニコニコ笑っているような顔をしている犬でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、ゆずは幸せだったかな。
あたしはね、ゆずがいてシアワセだったよ。
出会えて良かったと思っているよう。

今朝、ゆずがいなくなってから、ゆずとの出会いはいつだったかなと
みてみたのね。
そしたらね、もう7年も一緒にいたのねえ。数年かと思ってた。そんなに長くいたかなあ。

ゆずとの生活の中、いつのまにかあたしもゆずと共に7歳トシをとったのね。

ねえ、ゆず。
バスターたちによろしくね。ミシェルも、クララもマリーもティナもスエちゃんも
猫のクロやチビや・・
ああ、たくさん家族がいたから言いきれない・・

ああ、いつのまにか、こんなにも大家族だったのねえ

そしていつもいつも笑顔にさせてもらっていたのねえ。

ゆず、みんな、ありがとう。

と いいながら、 鼻水垂れちゃってるんだから (T ^ T)


ゆずのくびわ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

富士市の碧雲寺というお寺さんはとても優しい住職さんがいるの。
そこはね、大きなゾウガメさんがいたり、トカゲさんもたくさんいたりしていてね。
見せてもらったことがあるのだけれどまったくもって大きいゾウガメさんたち。
あたしも幼い頃からガラパゴス諸島があこがれで、海イグアナやゾウガメの島が
うらやましくいたけれど、こんな風に身近で、それも住職様の家族が
ゾウガメだなんて。

サバンナのキリンをみた時はこんなでしたよとお話を伺ったり、
また、セミが逆さになって落ちているのをみてそっと拾って木にそっと付けて、命ですからねとにっこり
笑っていらっしゃいました。
ああ、素晴らしく
懐の大きな住職様だなあと感心しました。
もちろん、今も尊敬いたしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、書きながら やはり鼻水は何回も 洋服のソデで拭いちゃったり、ティッシュ使ったり
涙と鼻水でグチャグチャで
鼻を拭きすぎて痛いし
でも
堪えることなんかないよね。

好きだー いまもねー って


だいすきだーーーー ありがとううーーー

ああ、だめだわ。とめどなく 興奮してる。

寂しいのと会えないんだなと思う辛さや感謝や、
いろんなものが交差しているから、ブログが中々終わらないわ・・・汗。

では、そろそろ締めくくりです。
ゆずー ありがとう。大好きだよの、さえぐさりいのすけでした。

泣くほど好きーー だから出会いっていいのようーー
泣けるほど好きだー 絶対 忘れないからー そんなに急がなくてもいいのにー いきなりなんてずるいー反則ー
もういちど抱かせて欲しい。
ぎゅううっとすると クウって甘え鳴きするあの声をもう一度だけでいいから・・。



(ああ、まだまだうちには年寄りワンコがまだまだいるのよね・・
次のお見送りをする日が近いような、、その度に味わう辛さだけれど
ありがとうと思う気持ちも深いです。



http://lenosuke.jp/blog-entry-96.html
2011. . 01

イヌの事。ゆずのこと。

去年の7月20日 山道にて保護をしました。(中々捕まらなくて道路を何百メートルも下に向かって逃げて隠れてまた上に向かって歩き、同じ位置に戻ってくるという感じでした)

どこかの家の迷い犬かもと連れ帰り、保健所と警察所に連絡を入れました。

そして家の前に張り紙もしました


2010年7月22日    迷い犬、飼い主さんを探しています。 
ゆず
この画像を張り紙にしました。 他の場所にも貼らせていただきました。


2010年7月22日    
ゆずさん

保護した時に水色のハーネスがつけられていましたがボロボロで汚れていたのではずし、家に入れる前にまずは身体を洗おうと洗い出したら 真っ黒にお湯が汚れて、数回お湯を流してあげても中々、綺麗にはなりませんでした。 ダックスなので毛もとれますが 取れ方も尋常ではなく沢山流れます
耳の横も胸も大きな毛玉だらけなのでハサミでカットして取りました
普通にしてればこんなに取れないのにねという位ひどいものでしたです。



お腹に大きいしこりあり、背中に大きいしこりあり。  ええっ 

         動物病院へ連れていきました。

2011年3月15日
2011年3月15日

お腹のしこりは ヘルニアでした。かなり大きいしこれは早めに手術をしたいとの獣医さんの要望で 
保護したのが7月20日ですから ヒトツキは待って、8月の下旬に手術をしましょうという事になりました。
何故、ヒトツキ待つかというと、
獣医さんいわく、「多分、この子は捨てられたのよ。100%そうよ。この顔は捨てられた犬の顔だしね。だから飼い主が出てくるはずはないけど、一応、ヒトツキは待たないとね。もしも後から名乗り出てきて、お腹を切開したねと面倒な事になると困るからね。どうせ、こんなひどい状態にしている飼い主が現われる事はないと思うけど念の為ね。病院に連れて来たって事は、このまま里親になるでしょ?」

・・・。
ってことよね。  名前を付けなくちゃね。  

名前は 「ゆず」   ちっちゃい淡い黄色の柑橘さん。

2011年3月15日
2011年3月15日

2010年3月27日に保護してヒトツキ経ち、飼い主さんが名乗り出て来なかったので手術をしました。
切開してわかったのは 腸と子宮がべったりと癒着していたそうです。このままでしたら、そのうち腸閉塞を起こしていて死んでたかもしれないということでした。
麻酔をかけて手術したので 麻酔がかかっている間に歯のケア(歯石取り)をしていただき、背中の腫瘍のほうも
みていただきました。


2011年8月20日
2011年8月のゆず

とてもおとなしく 自我を出さない子でした。

フードも何をもらっていたのかしら。 スナックパンにだけは異常な位反応して
ドッグフードも肉も、犬のオヤツにも スナックパン以外の他のものには何も反応をしませんでした。
スナックパンだけをもらっていたのかな...。


2011年8月20日
ゆず

普段は使ってないけれど置いてあるゲージに好んで入ります。新聞が机の上から落ちた時にはその新聞紙の上に乗り、足でガシガシと新聞を掻いてクルクルまわり落ち着きました。
ゲージの中に新聞紙を敷かれたような所にいたのかもしれません。

2011年11月1日
2011年11月1日

抱かれる、撫でられるというのも知らずにいたようです。 なでられることを喜ぶようになりました。
嬉しそうに。
だけど 恥ずかしそうに。

この子の顔はいつも悲しげでした。だけれど ちょっと表情がでてきました。
にっこりする顔ができるようになりました。^^


2011年11月1日
ゆず


保護した時の推定年齢は9歳位じゃないかと言われました。もうオバアチャンに差し掛かってますね^^
今は10歳位なのかな  
一番小さくはかなげなのに うちで一番の長老なので なんだか笑えます
あ、でも ペコも年齢詐称かもしれないので ペコとどっこいなのかしら
いやだわ  いきなり、平均年齢が高くなってしまったわ
うちにも高齢化の波がきています ^^

2011年11月1日

2011年11月1日


ゆずが一匹位増えたって、何でもない事だよ

毎日を楽しく生きていこうね。


おしっこも怒らなかったから どこででもしていたけれど やっと
ドアの前でするのはやめてくれたよね。

シツケ、躾けとうるさく言わないよ。 だって
ちょっとずつ できてるもんね。 

ゆずがウチに来て、もう一年以上経ったのねえ。早いわねえ...。





----------------------------------------------------------
ゆずを保護した後に

保健所と警察所に連絡を取っていたのだけれど


保健所の方が言うには

「5日~7日間の間で飼い主さんから連絡がない場合、
その後には殆ど連絡がないのです
その場合、その犬はどうしますか?  もしそのまま飼われる場合には
警察の方にも電話をなされているとこの事ですが
拾得物(落とし物扱い)を出して下さいね
法律でそう決まっているので。」


警察の方には、飼い主さんが現われるまで
それまで面倒をみさせてもらいたい旨を話して
承諾をもらい代理として飼っていて半年という期限が過ぎれば
自分に飼い主としての権利が移るそうです。

警察に言わず、拾ってこっそり飼い、飼い主さんがいた場合は
遺失物横領罪になってしまいます。


犬はモノ扱いです。猫もまた同じ。


保健所の言葉の
>もしそのまま飼われる場合には

飼われない場合は?? それは聞いてこなかったです
(保護してる人には 保健所からは聞かれなかったら言わないだろうけれど。)
もし 飼えないと言ったら 
センターの方へ連れてきたら1頭いくらで引き取りますと言われるのかな。
そしてあなたの名前も書いていただくと言われたりして
処分する為の署名を書かされたりするのかな。 
そんな
説明があるのかな...。

ウチでは飼えない、けど、保護してあげたいんだと思うヒトがいるとする。
保護しても飼い主さんが現われない場合、
どうすればいいんだろうと不安にかられるだろう。
下手したら自分の手で保健所へ連れていかないといけないのだから
そんな選択なら保護しないほうがマシだと目をそむける人が多くてもそれは仕方ないのだろう
仕方ないのだろう。 
保護した後、飼い主さんが現われなかったら、、 そう思うと手が伸びないよね。
伸ばしてあげられなくなる。

一生懸命に本気で 里親を探す人もいる。個人でやる人もいれば組織もある
どちらもとても大変なことです。



  



ふうう、、
      今って色々と  

             複雑な世の中だなあの りいのすけでした。
     

 そして生き物に無情な世の中です。 なんだろね、なんだろね

生き物にも無情だけれど、自分の子にも虐待をする世の中

       
どうなっちゃったんだろう 世の中

どうしてこうなったんだろう


弱いものをくじき、弱いものをくじき そして弱いものをくじき、
     
         徹底的にくじき倒す、  そんな世の中






    追記。 2017年12月27日 ゆずが空にいきました。
長い間、ありがとう
ダックスのゆずは空を飛んだ。Xmasと大晦日の間をとるだなんて
http://lenosuke.jp/blog-entry-263.html
2011. . 01

イヌの事。ペコの事

我が家のワンズの中の♂ワン。

pekoといいます。

ペコの由来は ペコちゃんポコちゃんからではなく、 窪塚洋介が演じた星野裕 のニックネームが
ペコだったのでそこから...。
と、言われても わからないよね 汗。
「ピンポン」という卓球の漫画の主人公です。
あまりというか、そこから付けた 意味は全くありませんです。


         ふふふ~ん♪
ペコのアップ

         ひだり むいて~。         
ペコ横向き

         まっすぐ向くと イケメンでしょ?      
pekoさん
       こっちむき。        
ペコさん 階段


8月3日に動物病院へ行ってきました。ココ数ヶ月でペコの目が白くなったからです
ライトクリーン
治療法は点眼するしかなく、白内障を遅らせる事でした。

白内障独特の白い目  目の下の黄色いのは目薬の色です。
pekoの目
  家の中の階段が暗くみえて降りるのが怖くなっちゃったよ。



ペコとの出会いは
-----------------------
数年前に娘とドライブをしていた時に交差点で赤信号になり車を止めていましたら その交差点にペットショップがありました、ショップの外に置いてあったゲージの中に入れられているイヌに
気がついた娘がショップに寄って欲しいと言ったのが ペコとの出会いです。
外で毛もよごれてグジャグジャなペコは丸まって寝ていました。
彼女はすぐに このイヌは売り物なんですか?と聞き、店主は3万でいいよと答えました。
何ヶ月位か?と聞いたら9ヶ月位との事。
血統書はお店に置いていないのであとで送るといわれました。
普通のショップでは当然、置いてあります。

それから 中々送られてこないので 何回か血統書の催促をしました。
(血統書が欲しいから催促をするのではないのです。ショップなのだから渡すのは当然な事なのです。)
そして送られてきたものに
2005.01.27生まれと書かれていました。

ちょっと嫌な予感はしたんです。このショップは
手広くブリーダーを手がけている所が経営をしていたのです。
以前、イヌ牧場のようになっている場所を見学させていただいた事があるのですが
あまり雰囲気がよろしくないというか
近寄ってはいけないような危険な匂いがプンプンな場所でした。

----------------------------------

ペコは 今年6歳と8ヶ月
なのに かなりひどい白内障に。
あれ? おかしいなあ 目がなんで白いんだろう。

すぐに 獣医さんへ行きました。

獣医さんも 6歳でこんなにひどい白内障になるはずがないから 
先天性のものかもしれないねと 血液検査をしました。

結果は 異常なし。

他に白内障になる原因は見当たらないなあ、あるとしたら年齢詐称位よと言われました。

心当たりは思い切りあるので

ペコと出会った経緯を話しました。
中々送られてこなかった血統書の事も話しました。
そのブリーダーを本職としてショップを出している所だという事も話しました。

ドクターは そりゃ年齢詐称だわと断言しました 汗。
「多分、ショップで3歳位だったんじゃない?そうなら辻褄があうわ
ああ、きっとそうよ。この子は今9歳位よ。
詐欺まがいのそういう事、結構あるのよね~。
白内障は目薬で抑えるしかないからね。目薬出しておくから」

----------------------------------------------------------



pekoさん、それじゃ 今の年齢は9歳位かそれ以上?ありゃりゃ~。

  騙されたかもしれないってことか...。

腹が立つのは 騙されたかもしれないって事より 何よりも
ペコがゲージ内に3年間もいたかもしれないって事。
そうならそれが一番可哀想だった事よね。

言われてみて よく観察してみて思ったりする。あ、ペコってトシかも...。

毛並みも年寄りっぽくなってきてますし。
そういえば...。 結構トシっぽいよ~耳も、足の裏も 鼻面あたりも...。

ペコ
この画像、よくみると トシいったワンコそのものだわ...。



若いと思って優しくしなくてごめんね~ペコ。今度から労わりますわ 汗。


 今回は初めてペコの紹介をしました の、りいのすけでした。

-----------------------------

そのショップはその後、どうなったかといいますと
pekoを連れて来て3ヶ月位経ってから連絡がありました。
ショップを閉鎖するのでショップにいるワンコを安くするから買ってくれないかと。
勿論、断りましたです。



 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html