2015. . 18

やっとコンニャク芋の花が咲いたよう。 花が咲くまでに数年、、トシもとりました・・。

コンニャク芋のお花が咲きましたです


2012年5月3日にコンニャクの2年生90グラム(小さいコンニャクイモ)を園芸店で購入したのです。
小さい小さい球根みたいな感じで 真ん中がとがっているの。
クロッカスの球根に形はにているのよね
購入したコンニャク球は1年生かと思っていたら、もっと小さい生子(キゴ)が1年生なのね。そして、そのキゴを植えつけて秋に収穫したものを2年生と呼ぶの。 堀りあげた2年生のコンニャクイモは小さなコンニャクイモの形になっています。
この小さいコンニャク芋が園芸店やHCなどで売っているのです。
では、どんな形なのが コンニャクイモかといったら
下にある画像をみてみてね。 
黄緑のスコップの右側にあるのが コンニャクイモ。これは3年目のもの
そして、コンニャクイモの下にある、細長いものが4つあります。
これが生子(キゴ)です。 キゴは木子とも書きます。
この生子が最初の1年生になるの。 この細長いキゴを植えると秋に収穫するときには2年生の丸い形のコンニャクイモ
になるのです。

2012年11月16日に コンニャク芋をほりあげました。
寒さに弱いので新聞紙にくるんで、ダンボール箱に入れて室内の奥のほうの本棚の下段にしまいました。
春がくるまで眠っていてもらいます。

2013年5月1日 ズッキーニの苗やマクワウリの苗、カボチャの苗を植えつける時にコンニャクイモも植えつけました。

2013年10月6日  こんにゃくいもを掘りあげました。
2013106.jpg  コンニャクイモの三年生のものとキゴです。 

コンニャクの葉
2013106a.jpg
前の年に、ここにコンニャクイモを植えていたの。そうしたら、今年はここに植えていないのにコンニャク芋が芽を出しました。あらら?
キゴがここに残っていたみたいです。
冬の寒さに弱いのによく生き残ったわよね。
柑橘の木の根元近くに植えたから霜が当たらずにいたのかもしれないわねえ。


20147年7月13日
20140713.jpg
左にコンニャク、その隣にルバーブさん。そして毎年ミニトマトが熟して落ちたものがこぼれ種となってトマトの苗ができます。放っておくと地を這いうねり、そのうち花が咲いてミニトマトが収穫できます。
細く細かい葉は、オカヒジキです。またその隣が紫蘇さん。
オカヒジキもシソもこぼれ種から育ちます。
ニラも毎年でるけれどニラさんは、白いお花が咲いたあとに種を落とします。
でもニラは、根から抜かずに根元より少し上から食べるだけをはさみや包丁で切って使えば、多年草なので何年かそのまま芽が出ますし、分げつして増えていくの。 でも、アブラムシがつきやすいのが難点かなあ。


2014年10月11日  コンニャクイモ 堀りあげです。 4年生になりました。
20141011.jpg 
大きいです。 びっくりするほど大きくなりました。
コンニャクを作りたくなる衝動を抑えなくちゃ。。


2015年4月26日

テンナンショウの種子を蒔いたり、別の種類のコンニャクの種子を蒔きました。
これはこれで楽しみです



2015年4月29日

20150429.jpg
コンニャク芋から芽が出ています。 今年はね、植える前に新聞紙でくるんでおいたままにした時間が長かったので
芽が長くでてしまっていたの。可哀想な事をしちゃったのよね
どうなるかなあと不安だったけれど、やっとまっすぐになってきました。

2015年5月6日
20150506.jpg
コンニャクが花を咲かせる前のツボミの状態です。
20150506a.jpg

2015年5月17日  ついに コンニャクのお花が咲きましたです
20150517.jpg
スコップを根元に刺してあるので比較してみてね

20150517a.jpg

外側のお花の花びらのようにみえるのは花びらではなくて 仏焔包(ぶつえんほう)といいます。
20150517b.jpg
真ん中の棒のようなものがお花になります。
肉穂といわれますです。

20150517c.jpg
20150517d.jpg
20150517e.jpg
20150517f.jpg
20150517g.jpg

食虫植物とは違うので、肉穂はべたべたしてはいませんです。
どちらかというと大きいわりにはすかすかした感じです。

コンニャクから、こんな大きなオブジェみたいな素敵なお花が咲きました♪

育ててみたいなあという方に ご注意をひとつです。

結構、臭いお花ですよ~。  ハエが、それも丸々と太ったギラギラしたハエが何匹もいらっしゃいましたです。
生ゴミっぽいかなあ

カラーのようなお花、テンナンショウ類が好きな方々には、すばらしくみえるお花です。
が、 マムシ草のようなお花は苦手という方は、この画像をみるだけでもいやだろうなあ・・ 汗

このあと、受粉率は低いと思うけれど 受粉しましたら 付け加えますね



   毎年、堀上げては大切にしまって、春になったら植えての繰り返しだけれど
   そういうのも楽しいよね。

   でも、ふと、思ったのよね。コンニャク農家さんは、3~4年、コンニャクを育てて出荷しているわけだから
   育てるというのは、手間のかかることなのだなあって
   

  今年、エアーポテトを堀りあげてしまって新聞紙に包んで、ダンボール箱に入れたので
  だいじょうぶかなと玄関に置いておいたら春には全部腐ってしまってました・・。エーンエーン・・
  玄関でも室内だからと、タカをくくってしまいました・・ 涙・・。
 
   気の緩みが失敗のもとですねえ。。  気をつけなくちゃ、反省ねの、三枝りいのすけでした。




2012. . 14

秋の花 



            今日、撮った画像

秋の花
黄色くてヒマワリのような小花がルドベキア。右のほうのオレンジのお花が黄花コスモス
右側と左側の木(わかりにくいけれど)蜜柑の木

              正面からみた感じ
秋の花
夏は真ん中にヒマワリが黄色く立っていたけれど今はすっかり種に。
手前のモモイロのは、トラの尾。左下の黄色いのがマーガレットコスモス
それからメドウセージやチェリーセージ


         こぼれ種で出てくる紫花菜の芽。
紫花菜
秋になるとでてくるのよね。 秋が来たと感じるのね 


          ヒマワリの花が終わり、種に。
ひまわりの種
このまま付けっ放しでいたら、ヤマガラさん達が寄ってきて
「このままにしていても食べれないから落としなさい、種を落としなさい」と、
あの高い声でギャアギャ怒るの。
だから 少しパリパリとはがすようにして採ってあげる。
ほらっと投げるととても嬉しそう。 すぐにくわえて持っていきます。
種をはがす時に気づくんだけれど、トウモロコシのように粒がぎっしりとつまっていたら
鳥さん達に採れるわけないのよね。

ヤマガラさん達に怒られて気がつくのでした。 ごめんね。気がつかなくて。(^-^;)


            エキナセアの種
エキナセア
このままにしておけば 落ちて発芽するかな。
種を買って蒔いた時の発芽率はとても低かったからどうなんだろう。
エキナセアはお気に入りのお花だから早く沢山になってくれたら嬉しいな

セセリ
せせり
秋になると 姿をあらわすのが セセリ

かわいいなあ。。セセリちゃん。  顔がとてもまるっこくて可愛いの
じっとみたことあるう? つぶらな瞳と顔まわりの丸さ。
地味だけれど 蝶なの。 あたしの画像は下手だから どこかで飛んでいたら
是非、顔をみてやってね。 ぜーったいファンになるわよ



                  ツユクサ
ツユクサ

日本の青い花の中でダントツの女王様なのじゃあないのかしら
キュウリクサもとてもかわいらしいし、オオイヌのフグリなんかもこれまた青い花のプリンス

ツユクサの青い色は 潔い青(いさぎよい青)一本通っている青に感じるの
瑞々しさもそう感じるのかしら

山野草の中では ダントツに好きな植物です



秋は、ドングリが落ちていたり、植物達が種子をつける時期。
ネコジャラシになるエノコロ草も青々としてます


今、田んぼでは 稲がたわわにはまだ実ってはいないけれど  傍を通ると
  5月の田植えから稲がグンッと伸びた時に香るように
  青い、青い、香りがするんです

  空気の中に 青い香り。 


   
          秋がきてます。そしてすぐ過ぎ去っていくよね

               すぐ去らないで欲しいな。。の、りいのすけでした。





2012. . 07

2012年初夏。畑の続き 2

畑の続きです。こちらは上の段の畑。(1つの場所区切って上と下にしています。

下という畑の面はほぼ、平らですが、上と言っているほうはかなりの斜面なんです。
斜面を段々にして畑にしています


ナス、ピーマン、トマト
シシトウ、カボチャ、スイカ、インゲン、ゴーヤ、ツルナ、ツルムラサキ、ニンジン、セロリ、三つ葉、
ゴボウ、レタス、そば、フトネギ、葉ネギ ニンニク、エシャレット、ジャガイモ、キクイモ、サツマイモ
オカヒジキ。宇宙芋。サトイモ。ホースラディッシュ、ワサビ、ギョウジャニンニク コンニャクイモ。
ルバーブ、パセリ。コリアンダーオクラ、ルッコラ、ブロッコリーなどなど。

 半分より上を繋ぐ階段横。 ここらへんから緩やかに上がる斜面
アンズ
赤い杏の木。これは 「貴陽」というプラムの授粉木用に植えた「ハリウッド」というアンズです
植えたら、真っ赤な葉でいい感じ^^

 なんとなくの段々が。  野菜の花。
菜の花上の段の畑
二股になっている木は 、もともとここに生えていた木です。
根も抜けないので放置してます。オブジェのようでお気に入り

上がる階段横のイチゴ
階段途中のイチゴ
ランナーが走るので増える、増える。。。ここは土を盛ったのもありますし
斜面なので土が流れてしまわないように イチゴで土留めしています。

イチゴ
こんな感じでイチゴが着きます^^。今年は沢山採れました。

段々畑の 日陰のほうには ゴボウがワラワラ。(間にスミレや紫蘇もワラワラ
ゴボウさん
太くして採ろうとしているわけではないので日陰の場所のこのままで。
葉と茎を使おうと思ってるんです^^
間に間引きながら、小さいゴボウもケンチンを作る時に使ってもいいですし
どこも使えるのが楽しい食材です。
使い方?ああ、ゴボウ風味ですから、フキのように煮ればいいですし。なんでもできると思うの

 
   リーフレタスは簡単だけれど結球レタスってあこがれよね
結球レタス
  だもので、今回結球にチャレンジ。 結球するときに土が混じるのもどうなのかしらと思ったので
下にビニールをしいて、マルチング。よれよれで下手ですけれど、土につかないという所でOK
左の青い野菜はブロッコリーを収穫した後。また小さいのがまわりにできるのでそのままにしています
レタスの向こうはニラ。レタスの横にある棒が支えとなっている苗はシシトウ


 春蕎麦のお花。その右隣のお花はルッコラ
春蕎麦とロケット
ニンジン、ホースラデッシュ、つるなしインゲンなどがごちゃごちゃに生えています。
お蕎麦は、実が採れたら揚げてみようかなと思ってます。
ニンジンは キアゲハ用に。 


まだ小さい苗なのにズッキーニがつきました。
ズッキーニ
ズッキーニは放置しておくと毎日どんどん大きくなり巨大化がハンパじゃないです
へちまみたいになっちゃいます。
キュウリもそうですよね。 置いておくと大きくなりますね。^^

レタスが大きくなりすぎて花を咲かせようと背を高くしています
レタス
早く収穫しなきゃいけないんだけれど食べきれない(^▽^;)。このまま種ができるんだろな。。
間にコスレタス。

     パセリやネギ
ネギ
間、あいだから ヒマワリや紫蘇やマスタードが生えています


     今年に種を蒔いたルバーブや、オニグルミの芽やフキ、ミョウガ かつお菜、ニンジン、山椒
ルバーブや色々
オニグルミもどこかへ移さないといけないんだけれど、、どうしよう

畑という名前の場所でも 日陰ばかりで陽が当たらない場所が多いの
ミョウガと蕗
そんな所ばかりだから ミョウガと蕗がとても多くの面積になるんです。
ザブザブに。

           切り株を放置。 そうしたら
オブジェ

こんな素敵なオブジェが^^  
切り株に苔がついて、そしてシダが生えています

もう、これはこれで OKでしょう~^^ノ

畑といっても シダは生えてるわ。湿気てる所多いわ。
ぐじゃぐじゃだわで なんなのこれは。。。な、世界なのです


           こんなんでオッケーーイ^^ノ な、 りいのすけでした。


2012年初夏。その1←これの続きです。




2012. . 29

2012年初夏。畑という名前の夢の野菜畑。果樹も一緒 1

2012年 5月 29日

春の可愛いちらちらした花達が少しずつ初夏の花に変わったり、
野菜の苗が植えられてきたり、
色々なものがギュウギュウに詰っている畑です。

この画像は
畑の中央から下の部分です

               ラベンダーが手前に
ラベンダー
上に傾斜してあがっていきます。
柑橘類が間隔を開けて植えてあります

              白からピンクに変わるエリゲロン(源平小菊)
左に松葉菊
松葉牡丹

花期が終わったジャーマンアイリス、大きいのはジキタリス(きつねの手袋)    
ジキタリス


         かわいいシロツメクサ。
クローバー

クローバー

     黄色いヒマワリのようなお花を咲かせる菊芋(キクイモ)
ビオラに菊芋
     菊芋の葉をお茶にして飲んだり、お芋をキンピラにしたり。
     菊芋はキク科ヒマワリ属の多年草。油断していると
     毎年増えてしまいます。菊芋の間にジャガイモやビオラが。
     
ミカンの花
ミカンの花の季節です。甘い、あまーい香りが漂います。^^


みかんの花とアゲハ
柑橘の木といえば、アゲハ蝶。朝から晩まで、順番にアゲハが来ます。


          木と木の間には
ネギとサツマイモ
白い花は姫キンギョソウ。 そして まっすぐに植えられてるのは秋口に収穫したいと思う太ネギ。
地面がみえるところには、秋の収穫を目指して、サツマイモの蔓が植えられています。

桃、ヒマワリ、アルプス乙女林檎
中央の小さい木は桃。 その左はヒマワリ。そして赤い花やオレンジの花はポピー
ピンクのお花はムシトリナデシコ(コマチソウ)右のちょっとだけ見える木は林檎のアルプス乙女


カボチャ。ストロベリーローチ
猫の草といわれる、燕麦(エンバク)が中央を少しずれた右側の大きいのです。
そして カボチャの苗、ストロベリートーチ、柑橘の苗、ムシトリナデシコ、ブルーベリー
色々なものが植わっています


美女ナデシコ
美女ナデシコの手前のお茶です。(ぐじゃぐじゃしていてわかりにくいです)
シロツメクサ、ダリア、

フクロナデシコ
フクロナデシコに紫陽花に、クリスマスローズやバレンギク(エキナセア) そしてルドベキアにマーガレットコスモス


ポピー

ポピーの下のほうにある、丸い帽子の中は、カボチャの苗が育っています
もう出してもいいんですけど・・

ポピー



下の段の畑は 色々なお花や野草や野菜やハーブをごっちゃまぜにしています

色々な所から紫蘇がでていたり、ミョウガで出ていたり、ワケギがでていたり。
カラスビシャクやキュウリクサ、水引き、ススキ、なんでも生えてる 汗


  画像がアップしきれないから 畑半分まででした。
  次は 畑上半分をみてくださいね^^

  

        ごっちゃごちゃで何が植えてあるのか、本人しかわからない畑でしたの
 
                  りいのすけでした。^^
2012. . 09

2012年春 畑という名前の野菜畑 理想を求めて。 その2 春

2012年春 畑という名前の野菜畑 理想を求めて。 その1 >←の続きです。

春には、フキを食べたいな。
フキ
何年か前に山ブキを植えました。 
フキノトウは、春の味。 天ぷらにしたり、ゆがいて食べたり。 

この山ブキは 摘み取って、茎を葉に分けます
葉は捨ててしまう人が多いですが、日陰にある柔らかい葉なら 刻んでおいて水に漬けて置き、
アクヌキを2時間程度します。
そして、お醤油、お砂糖、お酒で煮ます。味の濃さはお好みで。 佃煮にしたらおいしいの。
あつあつご飯に。

茎は 食べやすい長さに切り、やはり水に漬けて置き、アクヌキを2時間ほどします。
そして 味付けは お醤油、お砂糖、お酒でも
お醤油、味醂、お酒、お砂糖でも
そこに七味をいれても^^  お好みで。
味をつけて煮ます。水分が飛んだら、もういちど水を少し入れて、その水分が蒸発するまで煮ます。
味がしっかりついたら出来上がり。

フキというと  山ブキと里ブキとあるんです

山ブキというのは 昔から山に自生しているフキ。
里フキというのは スーパーなので売っている、青ブキのタイプね。
こちらの青フキのほうは 大きくて、柔らかく、肉厚です。
こちらは、さっと煮るだけでいいですね。

山ブキで作る「キャラブキ」はご飯のおかずにぴったり。
そして 葉も使えるのも便利。 とってもおいしいの。^^

今年は 愛知早生フキというフキの苗を頼んで植えつけました。
大きいフキのほうも作って食べたかったから^^。
こちらも 沢山増えてくれたらいいなあ。
フキって大好きなのよ。
小さい頃から食べていたからかしら。


        バケツビオとフキとりいのすけ。フキとビオ
バケツビオのまわりにフキが沢山生えてきました。
根から殖えていくのです。もすこしフキの葉が大きくなれば、カエルが来ても、猫にも見つからないでしょう
^^


  ミツバと紫蘇の芽
ミツバと紫蘇の芽

ミツバがみえますか?暖かくなってきたので ミツバの芽が動いています。
ミツバは根と種から沢山殖えます。
このミツバも食べる時に根を切ったミツバを植えたら、その種から増えていったものです^^

ミツバは お吸い物、サラダ、卵焼きに入れたり、オヒタシもとてもおいしくて
沢山とれて重宝です。

紫蘇の双葉も出ています。去年の紫蘇の種がこぼれ落ちました。
この紫蘇というものもまたまた重宝
紫蘇の葉をそのまま醤油漬けにしたり、刻んでお醤油につけておいたり、(オニギリにそれを巻いたり、入れたり
このパターンは キムチの素でもできます。 葉をキムチの素につけたり、刻んだのをいれたりして
それをおにぎりにいれたり、焼肉にしたら お肉の上にのせたり。

    明日葉のこぼれ種から出た芽明日葉の芽

3年経った明日葉が種をつけて枯れました
それまでは毎年根元から春になると芽を出していました。
そしてこぼれた種からは沢山の明日葉ベビー

明日葉は 葉と茎を食べます、バター炒めや胡麻和え、ピーナッツ和えなどが最高です。^^
丈夫な野菜ですわ

     ワサビ

わさび
今よくHCでも見かける畑わさび。
清流で育てているのではなく、畑の日陰に植え込んでます。
なので ワサビの素になる根は小さいですが、葉が沢山たべれます
ちょうどつぼみもついています
この花も食べれます^^
ピリッと辛くておいしい葉です。
今年は 脇芽がついたので すぐに株分けしました。
たくさん、沢山とれるようになるといいな。

しいたけしいたけ
切り倒して積んでおいた木がもったいないので
シイタケの種を買ってきて、ドリルで穴を開けて種を埋め込みました
そして3年
シイタケ菌がまわっていい具合みたいです。
しばし放置しすぎた感が満載ですが。。(^▽^;)


こちらもしいたけしいたけ
埋め込んだ菌種の形がみえます。穴はドリルで開けた穴です。

ホダ木は日陰に斜めに立たせておくのが本当です。ぐるっと木のまわりに
シイタケがつきやすいからですが
これだと この面にしかシイタケは着きません

段々にしてない、ミカン苗が植えてある所の地面はカラスムギなど
燕麦、紫花菜、タァサイ、ネギ、菜っ葉。スミレ、京菜、ノビル、ハコベ、ヒメオドリコソウ、忘れな草やカラスノエンドウ、lキュウリクサ、レンゲ、クローバー、などなど。 

青々していて とってもキレイな緑色なんです

ああ、春がきたんだなあって感じる地面なんです。


         春は食べるものがおいしくっていいなあ。。の、りいのすけでした。





    
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html