2016. . 07

コピ・ルアクにジャコウネコの匂いがしているとジャパニーズジャコウネコが教えてくれたお話

コピ・ルアクとはなんでしょう

知っていますか? 

コピルアクとは、コーヒーの実を食べるジャコウネコの糞から取り出した珈琲豆のことで、
ジャコウネコに食されたコーヒーの果肉は消化するけれど種子となる豆は消化せずに糞として排泄されます
これはもともとは現地の方が売り物となる珈琲の実は高価で飲むことはできないので
ジャコウネコが食べたあとに残された糞の中の未消化の豆を取り、飲んでいたものなのですが、その豆が味わいが深いだとか、とんでもなくおいしい御味などと評判になり
希少、貴重なものとして取り扱いが始まったらしいのです。


さて、ジャコウネコの珈琲豆はどんなものなんだろうかと、
取り寄せてみました。(とはいっても、高価なコーヒー豆です。個人的に購入したものではないのです・・汗 ^^;  )


種類の違う珈琲豆とともに、コピ・ルアクは配達されてきました。
ダンボール箱に入った豆達、そのまま開封せずに床から1m位高い棚へ置いておきました。

それから数日後のことです。棚の前の床が少し濡れています。
あれ?? あれ?
ミズモノなんか持って歩いてないけれど・・なんでだろう・・??
屈みこみ、床をじいっとみます。
じぃぃぃぃぃぃ・・・・。

じぃぃぃぃぃい・・・・。

これ、、 あれだ・・。 あれ。

犬ではないアレ。  

猫のアレだ・・・・。

ごらあああああああああああああ ふくーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

-----------------------

フクのオシッコ。 フクの匂い付け。 スプレー行為なのでした。

なんてことをするのぉぉぉぉ~

高い位置においてあったから、さすがにかかることはなかったけれど、危険きわまりない
普段スプレー行為などしないのにどうして?
と、思ったら、ふうん、、。思い当たることが。
以前にいた外猫のオス猫が、チェアーにスプレー(匂い付け)をしていたのね。
ちゃんと丹念に拭いておいたのだけれど匂いつけされたあと、数年経っていても、そのチェアーの脚から匂いがするのか、気に入らないらしく、スプレーをかけていたの。
普段、そのほかにスプレーをしないんだけれど
そのチェアーの脚にはかけるのね。
スプレー癖がつくのも困るから
他にその椅子は持っていったのだけれど
それから今度は豆の入ったダンボール箱

ジャコウネコ・・ ジャコウネコの匂いに反応してるのよね。
ジャコウネコの糞の匂いはどうやら、
猫のフクにとってはライバルやヨソモノ到来と認識したらしいの。
すごいなあ。

すごいよね。猫の嗅覚・・ 
ネコの嗅覚は犬には劣るけれど、それでもとても鋭いの
犬がすごすぎるからネコはそれほどでもなさそうに思えるけれど
おそるべしなのよ。
1万倍〜あるの。1万倍以上で何十万倍何百万倍という説もあるのよね。




ーーーーーー
嗅覚の話とは関係ないけれど
ウチの猫のフクのウンチは、なんていうか、
今まで知っている猫の中でも1匹もこんな匂いのウンチをした猫はいないっていうほど
発酵臭?というか、臭いの。
猫の匂いは臭いものよ?と言われる方がいらっしゃるけれど
普通の猫の匂いではないの。
 発酵臭よね。
ウンチからだけではなくて、彼の首の後ろも発酵した匂いがするの。
それは病気臭でもなくて、トイレに行ったあとに首の後ろを毛づくろいをして舐めるのでは?という方もいたけれど、そんなんでもなくて
彼は、生まれつきなんだろうなあと。
もしかしたら、人間の腋臭のようなものなのかなあとか。
特殊な匂いが地球を救うとか、特殊任務的に生まれてきたのかなとか。
色々考えつつ、同じような匂いの猫がいる飼い主さんを探してみたけれど
リアルでもネット上でもいないので探すのはあきらめてやめました。 

そして
思ったことは、ジャパニーズジャコウネコってここにいるなあと。 (💦
フクに食べさせたら同じような匂いを醸すのだろうかとか、とても興味深いけれど
ジャコウネコは実はネコではないしネコはコーヒー豆は食べないから
興味深いと思うだけで終わってしまうのよね
うーん〜 つまんない・・
でも、もし食べたとしても、彼のウンチから珈琲豆を採ったとしても、飲みたくはないわね 💦


---------------------

コピ・ルアクは、  コピはコーヒーから来たkopi ←奥山儀八郎の本、『珈琲遍歴』に珈琲の呼び名のひとつとしてありますよね
KOPI 
そしてルアクはジャコウネコの呼び名ですって。

ジャコウネコの糞のこのコーヒー豆は、
コピ・ルアック、 コピルアック、 コピールアーク、ジャコウネココーヒーなどとも呼ばれています。

2007年に公開された映画
『最高の人生の見つけた方』(The Bucket List) ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが
この珈琲のことを知っているかい?と二人の会話の中でこのジャコウネコのコーヒーの話で、おおいに笑い転げるシーンがありましたよね ^^



         麝香と言えば、
             ムスクの香り、好きだったなあ。あれは確か、ジャコウシカだったわよねの、
                           三枝りいのすけでした。
2016. . 07

道路で猫が倒れていたよ。 一期一会


横たわった黒い猫を昨日道路で拾ったの。
大人猫とは思えないほど小さくて
ハエが飛び交いアリがたかってた。

ああ、

病院へ連れていけばどうにかなるかなあ
そのまま猫を段ボールに入れて連れて行った
小さい猫は
死と生の瀬戸際
まさしく死に逝く間際のようで、体温も34度に落ちていて動けない。
この子はそちらの方向に向かっている途中だった

さてどうしよう。
このまま放置しても数時間で逝くけれど
その数時間に苦しい思いをさせるなら
安楽死をさせてあげたらどうかな?と獣医師さんが仰った。

人間にはね、どんなに痛い思いをしていてもそれはしてはいけないけれど
動物はね、してはいけないのではなくて選択ができるんだ。

どうする?と訊かれる。

詰まる。言葉が詰まる。 詰まるけれど決断をしなきゃいけない。

このままでいいです。連れ帰ります。と、云うべきか
お願いします。と云うか。

ーーーーーーーー
小さく身体が縮んで、身体がゴムのよう
目が窪んで引っ込み、目のかわりに濃い黄色の目ヤニがタップリと溜まっている。
脂肪がこそげ落ち、細い骨格がそのまま皮膚に透けてみえて
体毛がところどころバッサリ落ちている猫

徐々に冷たくなっていく猫をみる。

先生にお願いをする。

これも縁なのだろうか
連れてきたのだから 見届けないと・・
だけれど、こんなつもりではなかった
こんなつもりではなかったのになぁ・・。

悲しくなって涙がでてきた。
何も出来なかった自分が哀しかった。

奥にいた看護師さんが診察室に入ってきてくれて、ネコの身体を軽く押さえている。
この人達は優しい顔でこちらに向かってだいじょうぶだからと安心させるように頷く。


ありがとう。 あなた達にとっても見知らぬ猫なのに。
あたしの事をこの人達は気遣う。

泣いてしまってごめんなさい。

情けないです。あたし、まだまだです。
そういって
あたしはまた泣いた。

ほら、苦しみは終わったから。
処置をするから待っていてね

そのことばを聞き、
あたしはまた泣いた。


さっき、ほんの1時間前に出会った猫だった

出会ったと同時に サヨナラしていったよ。

また、またね。




出会いと別れには、慣れているつもりなのに、別れに慣れるなんてことはないのかと
そんな 当たり前のことを思う 三枝りいのすけでした。


2016. . 11

猫(フク)の首のニオイを嗅ぐとすっぱいにおいがする




何処ぞの会社の社長のような態度

フク社長
フク社長

おっさん猫っぷり 全開
フク社長

彼はフク。
HCのガーデニングコーナーでギャアギャア鳴いていた猫さん。
これも縁かと連れ帰って1年
たった1年で 見事なおっさんになりました。

ーーーーーーーーーーーーー

フク(猫)の首を背中から嗅ぐと
すっぱいニオイがするのよね。
クロ(猫)の首のニオイを嗅いでもしないけどフクは、これまた強烈なすっぱいニオイ。
フクがしたウンチもこれまたすごいニオイがするのよね
今ウンチしたな。と、すぐわかるくらい、これまた猛烈に臭いのよね。

フクを保護した時に瓜実条虫という虫がいたの
虫がお腹にいると臭いと聞いたから虫が原因かと思ったりしたけれど
駆虫しても変わらずに臭うから
虫ではなかったのよね。

うーん、不思議。

猫は、犬のように(プードルちゃんやシュナみたいにあまりにおわないワンコもいます)
臭わないよね。
身体もあまり臭わない。

なのにフクは首の後ろだけすっぱい・・。

うーん・・ なんだろう。 同じような猫を知っている方いましたら教えてください。
不思議でしかたないのよね

病気で身体が舐められない猫さんは身体が酸っぱくなったありするけれど、フクは健康な若猫なので
これは違うのよね。

糞尿が首についているのではないのかとか
トイレいった後の足で首を掻いているのではないのかなということ以外で
原因はこれじゃないかというのがあれば教えて下さい。
とても不思議でしかたないです。

外猫たちもこのニオイはしないし
不思議なのよね
フク社長





すっぱまんと呼んじゃおうかな。それは可哀想ねえの、三枝りいのすけでした。

2015. . 24

2015年6月 HCの園芸コーナーに福がいた。福はウチに。鬼は外に。

2015年6月16日

軽石と肥料を買いにHCに寄ってみたら園芸コーナーにニャアニャアと猫の鳴き声がしていました。
猫は、いっときも休むことなく鳴き続けています。


huku
「猫だわ。猫」

「ねこ」

「ネコだ」

働いている方に聞いてみたところ、
猫は3日前からいるようです。
そして3日間、なにも食べてないようです。

どうしようかなあ。ここにいたら猫好きさんが連れていってくれるような気もするけれど
うーん・・どうしようかなあ。

猫は、ニャンニャン鳴き続けています。そうしているうちに目が合い、猫は近づいてきました。

「どうしたの?」

「おうちに帰らなくていいの?」

人間にとても懐いている猫。若猫の♂ 大体、10ヶ月から一年くらいかしら。


 あたしは、店内に戻り、キャリーを手を手にとって戻り
猫をキャリーに入れて帰ったの。

おなかがすいていたので食べる、食べる。おかわりもするする。
huku1

とにかく去勢しないとなぁぁぁぁ・・。それからワクチンはどうしようかなぁぁぁぁぁぁ。

と、考えて、以前にお世話になった動物病院へ電話をいれてみる。
一軒目、ああ、お昼休みだから電話が繋がらない。
二軒目。ああ、今日は休診日なのねえ。

そうだ、もう一軒あるわねえ。行ったことはないけれど電話してみようかな。

電話をしたらつながり、話をしたら、明日に去勢をしていただけるとのこと。
ふう、、よかった

翌日までは可哀想だけれど、キャリーの中ですごしてもらいました。

---------------------------------------------------------------------

そして手術をしてきました。 耳のカットもしていただきました。
ワクチンも受けてきました。 検査もしていただいて、ウィルス検査は陰性でした。

まだ若い猫の顔つきです。  里親さんを探そうかとも思ったけれど
この大きさだと、そうそういるものでもなさそうですし、
家族になってしまう??と、聞きました。 ← 猫の返事はなかったけれど。

huku2

クロと一緒です。 クロが興味津々で ふくちゃんに手を出します。
クロより身体も大きい雄猫なのに、気の弱いふくちゃんは困っています。
huku3

少しずつ慣れてきている、ふくちゃん
huku4

クロちゃんがじっとりみるので、ふくちゃんヨワルの図です

huku5

みないでよう、みないでようと ヨワリまくる、ふくちゃんでした。
huku6

うちの中には、ワンズたちもいるので、怖がりふくちゃんに二段式のゲージを用意しました。
二段の段のあるゲージなのだけれど、どうやら二段の段差が高いようで飛ぶのが大変な様子でしたので
三段目を作ってみました。
どうやら
後ろ足の大腿部辺りが痛いみたいです。
あまり跳ぶようなこともしたくないみたいです。

huku7
小さい二人用のテープルの上に置きました。高さがあるので、これなら怖くないよね。
猫のゲージの下には、テーブルの足に犬用ゲージの網をつけてワンズが入れるようにしました。


huku8

ワンズたちと早く仲良くなってくれたらいいなあ。

だけれど 何故、こんなに若い猫を捨てるのだろう。

小さいうちだけ可愛がったのかしら
飼い主さんにアレルギーがでたとかで飼育できなくなったとかかしら。
面倒くさくなったのかしら。
引越しをすることになったとか。

事情は、色々とあるのでしょうけれど、まだ 彼(猫)は人間を信用していて
人間好きだったから抱きあげることが出来て、キャリーに入ったけれど、

猫だから あっちいけって 足で蹴られたり、罵倒されたり、石を投げられたりされてしまうかもしれないのに
そういうことは考えないのかな。
一緒に生活している間は可愛がってきたのでしょう・・。



                   よくある名前だけれど、新入りさんの名前は「ふく」

                6月7月は、あたしにとって鬼門の月らしいの。 こういうのはあまり信じないのだけれど
                こんな時に出会ったから、ふくちゃんです。の、三枝りいのすけでした。


         でも、もういっぱい、いっぱい、ここまで、ここまで。。汗

  どこんじょう入れないと


                
                         
                             
2015. . 26

3匹の黒猫と白黒の野良猫のお話~へその緒のついた子猫の育猫日記~

 私、三枝りいのすけの2作目の電子書籍がマイナビさんから出版されました。ご興味のある方は是非、是非、読んでみて下さい。

あたしの前を通り過ぎていく何故か縁のある黒猫たち。そして白黒猫のリイノスケ。そしてトラ猫やグレイの猫や三毛猫たち。猫の事を本気で自分の思いを込めて書きました。猫の猫生のあまり知られていないことや、お話と合わせて子猫のそだて方も盛り込みました。せつなく大切な時間でした。あなたにも感じてもらいたいです。
猫ってどうしてこんなに人間のそばにいるのに、野良となると蔑まれてしまったりするのだろう。野良猫も飼い猫も同じいのち。あたし達もおなじいのちの重さなのにね。


■はじめに 

「猫とはつくづく縁がある」と言ったら、小学生の頃に遊んでいたお寺の境内を思い出します。
お寺の縁の下は土台が高く、子猫が時折、捨てられていました。
「子猫だ、子猫だ、かわいい、かわいい」
子猫を見つけたことがうれしくて、牛乳をあげたり、餌をあげたり、撫でていたりしているうちに夕暮れ時が近づいてきます。オレンジや濃いピンク色に空が染まり始めると、家路に帰る時間がやってくるのです。それがたまらなく切ないのです。
わかっているのよ。明日、学校からまっすぐ帰ってきて縁の下を覗いても、子猫達はもういない。空のダンボール箱とお皿だけが残されているの。耳に残るは子猫達の鳴き声。
捨てられた子猫達は、さみしい、さみしいとミャアミャアと鳴いていたの。
子供心に胸が痛みました。猫達は「人間が大好きだから一緒にいたい」と言っていたの。

あれから、あたしは大人になりました。相変わらず、今も猫と会話をしています。そして、今も胸が痛みます。
あたしの前を風のように通り過ぎていった、黒い猫の「みみちぎれ」。
今は幸せに暮らしているけれど、人間の身勝手で、ヘソの尾がついたまま捨てられてしまった「ヒナちゃん」。
車に轢かれ、尻尾をなくした「クロちゃん」。
心臓の鼓動を止めた白黒猫の、「りいのすけ」。
みんなが「猫ってね、こんな生き物なんだよ」と“猫生”を交じえながら、猫のことを少しだけ教えてくれます。
彼らの話を聞いてください。

---------------------------------------------


猫のことを本気で自分の思いを込めて書きました
猫の猫生のあまり知られていないことや、
実際にあったお話をぎっしりと詰め込みました。


3匹の黒猫と白黒の野良猫のお話~へその緒のついた子猫の育猫日記~

20150226105754e6d.jpg

↓ここからamazonへ飛べます 😽
3匹の黒猫と白黒の野良猫のお話~へその緒のついた子猫の育猫日記~

目次
第 1 章
黒 猫「みみちぎれ」のお話
第 2 章
黒 猫「ヒナちゃん」のお話 ~ 子猫の育て方~
母 猫のいない子猫の育て方
ヒ ナに笑顔をもらったよ。出会いと別れ。しあわせにね。
ヒナ
第 3 章
黒 猫「くろちゃん」のお話 ~ 駐車場で子猫が轢かれてい
ました。まだ生きています。あなたならどうしますか? ~
第 4 章
心 臓の鼓動を止めた「りいのすけ」のお話
猫 の社会化とは
猫 の繁殖とは ~ 雌猫の発情周期~
猫 が増えやすい理由 ~ 交尾排卵の話~
戸 外や野外にいる猫 ~ そんな野良猫達を地域猫に~
バ キューム効果
第 5 章
「 ノネコ」と「ノラネコ」


3匹の黒猫と白黒の野良猫のお話~へその緒のついた子猫の育猫日記~

三枝りいのすけamazon 全種 ←ウズラのひなのすけもいます。


三枝りいのすけ
著者プロフィール
神奈川県西部で生まれる。幼い頃からの動植物好きで、ファーブル昆虫記とシートン動物記を町の図書館で読破した。小学生の頃にはモンシロ蝶の幼虫を部屋飼いして部屋中を蛹だらけにして、朝にモンシロ蝶が飛び交うという贅沢な思い出も持つ。お蚕さん、カメ、アヒル、犬、ニワトリ、チャボ、ウサギ、ハツカネズミなどを飼い続けてもまだ飽き足らず、今に至る。実のなるものや食せる植物もまた楽しい。自然を愛し、四季を通じて植物だらけで暮らしたい。それが幸せ。生き物全般が何でも好き。毎日にこにこ笑って、ああ、楽しかったなあと思える人生を送りたいと思っている。

たべることだいすき。色をみるのもすき。曲をきくのも。手でなにかを触れるのも。 すてきね

www.facebook.com/lenosuke1

 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html