2017. . 02

海の中をのぞいたよう。磯の生き物たちと同居した話。

磯のある海に行って来たの。

岸壁を降りて磯へ降りると、磯独特のにおいがプウウンとする。
青ノリのような、海藻があつい日差しで発行したような。
海の水が溜まって逃げられないような場所は、潮水が温くなっていて 



その中でカニが死んでいたり、ちょっとした窪みには死んでしまった貝がたくさん貝塚のように
積もっている。 

 小さいヤドカリ、大きいヤドカリ、小さい貝、岩についているクルクルしたもの。   

たくさん生きているよう。 

ペットボトルに海水をもらい、ヤドカリや貝や岩をもらっていきました。
家に帰り、
ガラスの水槽にみんなを移して、海水を入れると
そこは、海の中
イソギンチャクたちはユラユラして、 


連れてきていないはずの小さいカニが歩いている。
磯の岩に付いていた、無数の生き物たちが活発に動き始めたのよね。
イソニナ、イシダタミガイ、アサリ、アラムシロ、マガキ
フジツボ、カメノテ、ヒザラガイ
水槽を覗いていて



その世界にのめり込んでいたの。
簡単に磯を上からみるのと
海の中を覗くようにみるのは180度違うのねえ。(もっとかも
ガラスの側面で貝達が動き回る。普段みれない裏側なのよう。
ヒザラガイがあんなに柔らかいとは思わなかったし動いている姿も
みれるとも思わなかったし
1週間分の海水を冷蔵庫で保存して
彼等の毎日をみせていただいて、
そして1週間後に彼等を連れて海に行き、
ありがとうをして別れました。
海の生き物は面白いし、楽しいなあ。
生きている感がハンパないです^^

はまりそう。磯は最高ねえの三枝りいのすけでした。

ただいま、オカヤドカリがいて毎日観察中だけれど、海のヤドカリもいいわねえ・・^^
2015. . 03

癒し系、海や水辺の生き物たち。いきものって楽しいよね 

どうのこうの 海の魚や生き物は楽しいです 

コブダイさん
kobudai.jpg
コブダイさんは、地味にみえるけれど ぜんぜん地味ではなくて こぶがついているだけに派手派手に思うなあ

kobudai1.jpg
くちをあけて口の中をお掃除してもらっていました。見た目は怪獣でした

kobudai2.jpg
チラメのコブダイさん。 

hugu.jpg
イシガキフグさん。 おおきなふぐさんでした。 ふぐさんたちもいいなあ。
じっとこっちをみていて 好奇心旺盛というかんじでした。

hugu1.jpg
ベラさんがまとわりついています。

かさごさん。  このカサゴさんたちは、図鑑で毒の針がある魚として有名ですねえ
kasago.jpg
優雅なかさごさん。 とてもすきなさかなさん

こちらは かわいい系のかさごさん。  二匹してくっついています。
kasago1.jpg
オオグソクムシさん
oogukokumusi.jpg
ダンゴムシさんみたいよね お尻のほうは シャコみたいよね
oogusokumusi2.jpg
かおはサングラスしたようないかついお顔です

oogusokumusi4.jpg
うらっかえしは。。 やはり、ダンゴムシさんだ~ あ、ワラジムシさんかも 
oogusokumusi5.jpg

珊瑚さんたち。  ほんとにこんな色をしているのよう。きれいねえ きれいねえ 
sango.jpg
海の中を想像すると楽しいよねえ。こういう珊瑚も守らないといけないよね。
sango1.jpg

えっと、これは いきなりの淡水のテナガエビさん  汗。 あまりにもかわいかったので つい、ここにいれちゃったです
tenagaebi.jpg

ウツボさん。 以前はこわいイメージがあったけれど ウツボさんも大きくなるまで長い年月だものね
けっこう 長い系がすきなこのごろです。
utubo.jpg

アメフラシさん   アメフラシさんは かなり昔の話だけれど よく港のよこの船をあげるところに
夜中に足をいれにいくと  ふにっと足でつぶしてびっくりした思い出があります
amehurasi.jpg
このアメフラシさんも図鑑によくのっていました。紫の液体をだすよ~と書かれていました。
ナメゴンっぽくて いいかんじ
amehurasi2.jpg

ウミウシの代表かな アオウミウシ  とてもきれいなのよう
aoumiusi.jpg

ひらひらとして 妖精みたいだけれど みためより動きは早いのよね 。
aoumiusi1.jpg

名前そのものの、ハナオトメウミウシ  かわいいわねえ ふりふりしてるう
hanaotomeumiusi.jpg
ヒロウミウシ  
hiroumiusi.jpg
シロウミウシ   青がいるから白がいるのかな 
siroumiusi.jpg

おっきい 座布団みたいなヒトデさん
hitode.jpg


ウミウシさんたちは とってもちいさくて、 ほんと小さいの
そして かわいい。

簡単な説明というより、今回は癒される画像にしました。 ←コブダイは癒されないかな・・汗


そうだっ  最後に この子をだしましょう

ふさぎんぽ

ginpo husa

うわあああ たまらなくかわいいー
ginpo1.jpg

ぴぐもんだよううう  
ginpo2.jpg

なによう このかわいい顔は、、 ガラモンそのものよううう

ginpo3.jpg

一緒に住むなら こういう お魚といっしょに住みたいと思うのです

でも、海水なのよねえ。。 


       海の中をイメージしてみよう♪  な  三枝りいのすけでした。

2012. . 31

夏です。海洋博公園の美ら海水族館

 7月23日からちょこっとほんのちょこっとだけ 沖縄へ

二泊三日位のものなので
行ったといけないようなもの。今回のはブログには書かないでおこかなと思ったようなものだけれど
涼しげなので ブルーの色をお裾分けです


ナンヨウマンタ
マンタ

8.5mのジンベエザメ
ジンベエザメ

泳ぎながらちょうど口をがばっと開けてくれました。


ジンベイザメ

ウミガメ館にて
ウミガメ

マナティ館にて
マナティ

こっちを向かれると怖いよサメちゃん・・。
サメ
こんな所に落ちたら、パニックになってバタバタして自分からサメを興奮させて噛み付かれるんだろな・・絶対・・。

海洋博の中を歩いているとこんな風な素敵な景色
海

しろい砂浜に青い海
砂浜



色々な生き物達がいました。、色々な人達も沢山いました
外国から観光に来た方々、バスガイドさんが旗を持ってどんどこと歩いてきます。
そして  どんどこ押されて はじき飛ばされ、
小さな水槽の中の生物はじぇんじぇんみられませんでした (T-T)

強すぎるよみんな・・
せっかく観光にきているんだからの気持ちはよぉぉくわかるけれど
近く寄ったらヒジテツくらわしたるぞ的な腕の曲げ方がやたら怖かったですから・・。

しかーし、ここには 他にも植物園があり、
気を取り直して わくわくとそちらへ移動しました^^

マンタとジンベイザメとサメちゃんがみれたので OKです。
ジンベイのいる巨大な水槽。ここでは、最初は とても人がいたのに
おきちゃん劇場が始まるということで(オキゴンドウクジラやイルカのショー)開演が近くなったのか
怖い位いた人の波があっと言う間にひけました。。

どどどどどー

バーゲンセール会場に来たような気持ちでしたですわ・・。




そういえば、

「ジンベエザメ」と「ジンベイザメ」どちらで言います?

自分では
ジンベエザメと言っていたような、あれれ、ジンベイザメと言っていたような??
あたしは、両方共、使っていました

そしたら方言なんですって。

-----------------------------------
和名(標準和名)「ジンベエザメ」は、体にある模様が着物の甚兵衛(じんべえ、甚平〈じんべい〉)[5] に似ていることから名づけられたとされる。

日本各地の方言による呼称は「いびすさが」(茨城県)、「じんべ」(茨城県)、「えびすざめ」(千葉県、神奈川県、静岡県)、「じんべえ」(千葉県)、「じんべい」(福井県)、「さめ」(高知県)、「くじらぶか」(鹿児島県)、「みずさば」(沖縄県) などがある

ウィキペディアより。
-------------------------------------

なおかつ繁殖は ↓

繁殖についてはあまり分かっていないものの、数年に一回の割合でしか出産しない繁殖力の低い動物であることは知られている。かつては卵生であると信じられていたが、1995年に妊娠中のメスが捕獲され、胎生であることが判明した。卵は長径30cm、短径9cmに達するものもあり、メスの胎内で孵化した後、40cmから60cmに達した状態で出産される。約30年で成熟し、60年から70年ほどを生きる。なかには150年を生きるとの説もある。

こちらもウィキペディアより。

--------------------------------------

40cmから60cmで出産されて30年で成熟・・
長いわね。。 
ワシントン条約のレッドリストにも載っているほど激減しているんですって

エサはプランクトン。エサが豊富でなくては、生きられないよね

海を汚さないように

海を大切にしなくちゃ

海がこのまま汚れてけば
最初にいなくなるのが ジンベエザメなのかもしれないわよね


-------------------------------------------------




        海亀を助けたらガメラになってくれるかなあ。。の、りいのすけでした。


 ん~。ガメラはクサガメがいじめられていたのだったかな。
     




         
    


2011. . 01

ミナミヌマエビを

              この水槽に投入              ミナミヌマエビ水槽
買ったエビの容器のブログ

外のメダカの入れ物から 拝借してきた キンギョモ(カボンバ)と マツモ
どちらも 凍っている水の中で元気な水草です
もうすこし 水を入れてあげる予定



              こんな感じのミナミヌマエビ ミナミヌマエビ

かわいく撮りたいと思ったのに、すさまじいのが撮れちゃった。。

バルタン星人みたいになっちゃった~

他は全部ピンボケなので これ一枚 汗


              そういえばこんな鉢も青陶器

コメットを1匹だけ以前入れていた鉢。
でも 猫を飼いはじめたら、この鉢は 使えなくなっちゃったのです
猫が手を入れるの。
水草も全部、中から引き出してしまうのよね。。  

              四角いガラス水槽も目の前にあるのに。。忘れてた
ガラス四角

これも 忘れてた。。いつも お風呂に入る時に目の前にあるのに。・・汗
この水槽も 猫が手を入れだしてから 使うのを諦めて放置なもの。



ミナミヌマエビ しばらくは家にいれといて 外のメダカ容器に移そうかな

やっぱり この小さい容器で室内だと 夏場は水温が心配よね

うーん、、


            ウーパールーパーのピンキー
ウーパーのピンキー

昨日、メダカをあげました。普段は 粒の餌なのですけど
たまには 活餌を。
メダカです。。^^; ひどーいとか、ええっ。。と、思われるかもしれませんが
もともと ウーパーは両生類ですし、肉食なので おかしいことではないのです

メダカも小さいプランクトンを食べるし
ボウフラは小さいうちは ミジンコに食べられ、今度はボウフラが大きくなれば
ミジンコが食べられます。

とは言っても、
やはり 可愛がっている 越冬中のメダカは エサとして あげることができなくて
ウーパー用に買ってきたメダカをあげました

ウーパーのエラが赤いでしょう?
冬の多肉とウーパールーパー ←以前にブログにのせたウーパー
普段hエラの色がそこまで赤くないのですが
エサをもらったりすると 興奮して エラが鮮紅色になります
顔もほっぺたが赤くなったりして酒飲みのように見えたりします^^





      長細い水槽、置き場所に便利でいいよね ああいうのを。。
     
         ああ、まずい、、いい加減にしないとね自分

     戒めてるつもりが、すぐ緩む りいのすけ。こと、すずすけでした。



重たいけど ガラス水槽がすごく好きだった。。なのに
重いから 今は アクリルって便利だなあと思うようになってしまったお年頃です 汗


 追記    食虫植物 姫足長虫取りスミレ虫取りスミレ

バラの花の上にスミレがいる~。

姫足長虫取スミレ

雪が降ってもおっけで(試してないけど そうらしい)寒さにも強く 
明るいところにおく。
水を切らさなければ それだけで育つ ってあったの
(と、軽く書いてるけど 室内の半日陰にしようか 戸外にしようかとか
色々考えてます

あ~ いいかも。 と ちょっと 育ててみようかと。

葉から増えていくのねえ 多肉みたい^^


 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html