2011. . 21

続・種まき編。カモミールとマタタビ。

以前、1月14日にブログにも書いたマタタビの事です。
さてさてさて、HCで手に持ったマタタビの実。これ、種が入ってる・・と、生唾を飲んだアタシ
そのあと、どうしたかといいますと、PC横にずっと保存しておりました。
そしてついに。。 種蒔きの実行です

 
種まき編。カモミールとマタタビ ←の続編です。

HCで買った ネコのマタタビ 2種類 ↓物語はこのマタタビの実を買った事から始まりました。

またたび2種類


まず、カチカチやで~なので、

3月20日に水に浸しました。


             一晩ふやかした、マルカン またたびマルカンマタタビ

             一晩ふやかした、ドギーマン またたびドギーマンマタタビ

             ふやけたドギーマンとマルカンのマタタビ ふやけたマルカンとドギーマンまたたび

1cm方眼です。左の黒いのがドギーマンのマタタビ
        右の茶色いのが マルカンのマタタビです
 
種類が違うようですねえ。色もふやけ方も違います
見た目、全然違うよね。違う種類だよねきっと。わくわく

             半分に切った 種の並び マルカンのまたたびマルカンマタタビ 種の並び
こんな風に種は入っています。楊枝で種を採取していきました。

             1つのマタタビの実から取り出した マタタビの種(マルカン)マルカンマタタビ
マルカンのマタタビの実のひとつから取り出した量です
ざっと数えても 250粒はありました。

             
ドギーマンのマタタビの実から取り出した マタタビの種ドギーマンマタタビ
こちらは ドギーマンの10粒のマタタビから取り出した量です

マルカンのほうは 1粒から取り出したとは思えない量でした。

3月21日。 種を蒔いてみました。
       まだ、発芽には寒いかもしれないので もうすこし暖かくなるまで室内に置いておこうと
       思います。


温熱処理やら何かしてあれば発芽しないかもしれませんが  蒔いてみなければわからないので蒔いてみました。^^
(発売元に問い合わせれば?と思うでしょ? そんなぁぁ。夢がないじゃないですか それに
使い方が違うし^^)

1.またたびの実の中には無数の種がつまってます。さくらんぼのように1つではなかったです
2.またたびの実を乾燥したのをそのままネコにあげても喜びませんでしたが
  ふやかして 種を採取した後の実をあげたところ、喜んでたべてしまいました。
3.またたびを浸しておいた水にはエキスらしきものが出ているらしく、ネコ飛びついてきました。
  

うひょひょ 楽しみよう~。

1月5日に蒔いた 入浴剤やティーパックのカモミールは 寒い時期に蒔いたので
発芽するとしたら もうそろそろではないかと思います。発芽しましたら追記しますね


芽がでろ芽がでろ~ でろりんぱ~

「ちっこい実験とちっこい幸せ。」

人からみたら ちっこいことだけど あたしからみたら 毎日が キュウウウ~ンとなるほどの
                 シアワセなのようの りいのすけでした。


※ 春の花は、こぼれ種で こぼれ種のほうのカモミール

 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html