2012. . 21

疥癬症のタヌキのお話の続き。

熱海桜
           3月4日に撮影した早咲きの桜  「熱海桜」



「疥癬症のタヌキ。」の続きです>←クリック


あれから タヌキさんには獣医さんから薬をいただきました。
この薬です

獣医さんにいただいた薬



この薬は1回分です。1回分しかないのですから貴重です
冷蔵庫に入れておけば1年もつのですって。

ミニ粒アンパンのアンの所に入れてタヌキのくる所にアンパンを置く事にしました
何故、アンパンなのか。
置く所には犬は来ません。お散歩で繋がれて歩いている犬も入ってこない所に置きますが
ネコは来ます。
だけれどもネコはアンパンは食べないのでアンパンに薬を入れるんです。

その予定でアンパンを用意し、だけれど おいしそうなので
2つ食べてしまいました。
うん、これならタヌキも食べる(って、そういう意味じゃないけれども。)

           アンパンの弱点は雨
アンパン



天気予報を調べると、雨。うーん、、アンパンの弱点は水・・
あのアンパンマンだって 水には弱い・・
雨が降るのなら 置いてこなければそのまま失敗になっちゃう。
ジャムおじさんもバタコさんもいないし・・
なので、雨が降り終わるまで断念。

そして3日後、晴れました。
でも、来ないかもしれない。。なので アンパンだけ置いておいてみました。
だけれど アンパンをみてカラスが早朝に持っていってしまうかもしれない。

タヌキさん、この間、残飯を畑から掘り起こしていたので 残飯を埋めていた部分に
軽く1センチほど土が被る位にしてアンパンを置いてみました。

よく朝、うーん。。アンパンはそのままでした。

カラスにも狙われなかったのはいいけれど タヌキさんも現れずって事でした。

そうしながら、薬を持ち、チャンスを待っていました。

数日経っても来る気配なし。
置いているアンパンも食べていない。


うーん。。来るのをやめたのかな。


と、ヤキモキしていても仕方ないので

また来た場合や、投薬に失敗した時のために
また調べだしました

イベルメクチン錠剤が タヌキの疥癬症に効くらしいのです。
これは犬のフィラリアの薬の成分になっています。
この薬を溶かしたり、錠剤を粉にして餡子にいれれば
いつ何時、疥癬のタヌキさんに会っても対処できます


おし、この薬を多目に持っておこう。

---------------------------------------------------

そして 一昨日の事。


脱毛しているタヌキをみかけなかったか、何人かに声をかけておいたのですが
1人の方から

3週間位前に他の場所で死んでいたという話を聞きました。
目もみえていなかったようです。
タヌキさんをそのままにするのも哀れなので埋葬したと聞きました。
私が目撃したすぐ後に死んでしまったようです

お話をしてくれた方に感謝をして、
もし、疥癬なら 他のお散歩の犬などにうつしたり、うつったりするので
痒がっている犬がいたら注意したほうがいいという話をしました。


リフォームを始めた古く使っていなかった家があるのですが
どうやらそこの軒下に住んでいたらしいのです
3匹のタヌキがいたらしく、あと2匹を目撃している人がいるんですけれど
その子達は毛は抜けていないそうでホッとしました。



------------------------------------------------------


この間は、毛が抜けて、よろよろと歩いていたタヌキをみて
とても 血がのぼってしまいましたけれど
今、こうして書いているあたしは 血がのぼってません。

溜息をつきながら 冷静に書いてます。


あとの2匹がどうか疥癬などになっていませんように。

タヌキが2匹だけではなくて、色々な生き物が全力で生きていけますように。






※ 疥癬というのは 野生の動物にうつると、生き物の柔らかい皮膚の下に穴を開け、トンネルを作ります
  そのトンネルの中に住み、産卵をして孵化した幼虫その中で育っていきます。
  ヒゼンダニというのですが、そのダニが穴を開けだすととても痒く、動物は痒いので肌を掻き毟ります
  掻き毟った場所から毛が抜け落ちていくのです。
  
  実際に疥癬症になったネコや犬はピンクのかさかさした肌を露出させます。その肌の下はしわしわで
  分厚いカサブタに覆われたり、フケがカサコソしているような状態になったりします。
  薬を与えれば、ダニはすぐにいなくなりますが
  与えなければ 自然治癒はないので
 、目もみえなくなり、栄養失調になり、死ぬまで激しい痒みに襲われるのです。
            

             ↑

     こう書いてたら、、これ、拷問より苦しいよねえ。。 

 やはりこんなのやだな。泣けちゃうなの りいのすけでした。



熱海桜の並木 3月4日に撮影



        サクラ、サクラ

チラチラ舞う花ビラを クルクル舞う花ビラを 追いかけて 手の上に乗せる

ああ、冷たい。 花ビラは こんなに薄くて冷たい

ギュッと握ってみる。

   サクラ サクラ サクラの花 風に 散らないで。 風に負けないで。



イノシシさんが ガリガリで ←イノシシさんの疥癬のお話。
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html