2012. . 31

夏です。海洋博公園の美ら海水族館

 7月23日からちょこっとほんのちょこっとだけ 沖縄へ

二泊三日位のものなので
行ったといけないようなもの。今回のはブログには書かないでおこかなと思ったようなものだけれど
涼しげなので ブルーの色をお裾分けです


ナンヨウマンタ
マンタ

8.5mのジンベエザメ
ジンベエザメ

泳ぎながらちょうど口をがばっと開けてくれました。


ジンベイザメ

ウミガメ館にて
ウミガメ

マナティ館にて
マナティ

こっちを向かれると怖いよサメちゃん・・。
サメ
こんな所に落ちたら、パニックになってバタバタして自分からサメを興奮させて噛み付かれるんだろな・・絶対・・。

海洋博の中を歩いているとこんな風な素敵な景色
海

しろい砂浜に青い海
砂浜



色々な生き物達がいました。、色々な人達も沢山いました
外国から観光に来た方々、バスガイドさんが旗を持ってどんどこと歩いてきます。
そして  どんどこ押されて はじき飛ばされ、
小さな水槽の中の生物はじぇんじぇんみられませんでした (T-T)

強すぎるよみんな・・
せっかく観光にきているんだからの気持ちはよぉぉくわかるけれど
近く寄ったらヒジテツくらわしたるぞ的な腕の曲げ方がやたら怖かったですから・・。

しかーし、ここには 他にも植物園があり、
気を取り直して わくわくとそちらへ移動しました^^

マンタとジンベイザメとサメちゃんがみれたので OKです。
ジンベイのいる巨大な水槽。ここでは、最初は とても人がいたのに
おきちゃん劇場が始まるということで(オキゴンドウクジラやイルカのショー)開演が近くなったのか
怖い位いた人の波があっと言う間にひけました。。

どどどどどー

バーゲンセール会場に来たような気持ちでしたですわ・・。




そういえば、

「ジンベエザメ」と「ジンベイザメ」どちらで言います?

自分では
ジンベエザメと言っていたような、あれれ、ジンベイザメと言っていたような??
あたしは、両方共、使っていました

そしたら方言なんですって。

-----------------------------------
和名(標準和名)「ジンベエザメ」は、体にある模様が着物の甚兵衛(じんべえ、甚平〈じんべい〉)[5] に似ていることから名づけられたとされる。

日本各地の方言による呼称は「いびすさが」(茨城県)、「じんべ」(茨城県)、「えびすざめ」(千葉県、神奈川県、静岡県)、「じんべえ」(千葉県)、「じんべい」(福井県)、「さめ」(高知県)、「くじらぶか」(鹿児島県)、「みずさば」(沖縄県) などがある

ウィキペディアより。
-------------------------------------

なおかつ繁殖は ↓

繁殖についてはあまり分かっていないものの、数年に一回の割合でしか出産しない繁殖力の低い動物であることは知られている。かつては卵生であると信じられていたが、1995年に妊娠中のメスが捕獲され、胎生であることが判明した。卵は長径30cm、短径9cmに達するものもあり、メスの胎内で孵化した後、40cmから60cmに達した状態で出産される。約30年で成熟し、60年から70年ほどを生きる。なかには150年を生きるとの説もある。

こちらもウィキペディアより。

--------------------------------------

40cmから60cmで出産されて30年で成熟・・
長いわね。。 
ワシントン条約のレッドリストにも載っているほど激減しているんですって

エサはプランクトン。エサが豊富でなくては、生きられないよね

海を汚さないように

海を大切にしなくちゃ

海がこのまま汚れてけば
最初にいなくなるのが ジンベエザメなのかもしれないわよね


-------------------------------------------------




        海亀を助けたらガメラになってくれるかなあ。。の、りいのすけでした。


 ん~。ガメラはクサガメがいじめられていたのだったかな。
     




         
    


 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html