2012. . 08

2012年夏 花々とアサギマダラ(Parantica sita)

2012年8月1日の畑の様子です。  
ヒマワリさん達
ぐっちゃぐちゃで盛りだくさん

     ここは、植物のオモチャ箱 

ひまわりさん達です

沢山の植物達がせまいオモチャ箱の中でひしめきあって
箱を開けた途端に飛び出してくるよ。  ダアリア、サルビア、レモンバーム。オレンジにレモンに鳳仙花
スイカにサツマイモ、キュウリにピーマン
小さいお花から大きい木


            ヤマユリさん
ヤマユリさん
毎年咲いてくれる山百合さん。 
百合は病気にかかりやすく、いくら丹精を込めても次の年には枯れてしまう事があるのです。
今年もありがとう。

          ヤマユリはね、
ヤマユリさん
白色が清楚な白なの。その白に黄色とオレンジがとても派手なのよね。
花粉の朱色もとても濃いの。その色の濃さが百合の香りを出しているんではないかと思う位
濃厚な百合の香り。 今朝も朝から漂っている贅沢な香りを胸いっぱいに吸い込みました

 


        
いつも通りのぶれた画像で アサギマダラを
      
         ピンクのバラはレオナルド・ダ・ヴィンチ
      

アサギマダラ1

ひらひらと空からのご訪問をしてくれたのは  アサギマダラ。

アサギマダラ2

こんにちは。羽を存分に休めていってね。

アサギマダラ3

、日本で唯一この蝶々だけが渡りをするの。旅人ならぬ、旅蝶々 

アサギマダラ4

アサギマダラと呼ばれているのは 浅葱色の羽からきてるのよ。

あさぎまだら

淡く、薄く、透き通った羽と黒のマダラもようから アサギマダラ
あさぎまだら1

空と交わり空色になり

なんて美しい蝶々なのかしら。。 

アサギマダラ

ここからまたどこへ行くのかしら。気をつけて旅をしてね


             顔のマダラもアップ。

アサギマダラのアップ


             モナルダ もしくは、ベルガモット。和名は松明草     
モナルダ

紅茶のアールグレイに着香されているベルガモットはこの花だと思い切っていたのだけれど
アールグレイのベルガモットは柑橘のベルガモットなのよね。

このモナルダの香り、きっちりした香り

モナルダの花色は 赤 白 桃色 紫とあります

花の形がタイマツのような形をしているから タイマツバナ


赤のモナルダは 燃えるような タイマツを思わせるような花だと思うの
形ではなくて その色からだったらいいのにって ちょっと残念だわ


ああ、
赤のベルガモット、また育てたい。







   小さいコビトさん、妖精さん そんな何かが

   大きいヒマワリの下や 百合の花の上にいたとしても
   アサギマダラにまたがって 旅をしていたとしても

        もし目にしたとしても



  それは、不思議なことでもないと思うのよね。な、りいのすけでした。







 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html