2012. . 20

たとえばこんなこと。

前にちょこっとツィートしたものだけれど。

みどりのあまがえるちん



------------------------------------------------------------


団体生活をしているある場所でのお話。


洗濯をしていたのですって。洗濯機が止まったので洗濯機の中のシーツを取り出したら
洗濯機の底にカエルがお腹を出して伸びていたらしいの

ああ、これは死んでしまっているんじゃないかと可哀想な事をしたと、
A子さんは、そっとカエルを持ち上げて
手の平に乗せてみたらまだ生きていたらしいの。
これは、、まだ、生きている!と、嬉しかったらしいんだけれども
カエルは、よれよれで目の焦点も飛んじゃって合ってなかったんだって。(彼女にはそう見えたのよ)

それで水に入れてみたけれど焦点の合っていないカエルは溺れてしまうらしいの(アマガエルね)
それでそっと地面に置いて、
水をかけたりしながら様子をみていたのですって。
やはり少しの間は焦点があってなかったらしいんだけれど
そのうち顔つきがしっかりして (彼女にはそう見えたのですって)
ちょっと安心しながら、
だけれど勤務中なので様子を見ながら仕事をこなしていたらしいんのだけれど
そうしていて数十分が経った後、
跳ねる事もできなかったカエルは元気に跳ね回っていたらしいの。
とても嬉しかったって。あたしもこの話しを聞いていて嬉しかった

--------------------------

ほら、洗濯機の中は
まず、洗剤にまみれた水がぐるぐるまわって、
そして脱水の作業もあってそのあとにまた水が入り
すすぎがあって、そして脱水という作業なのよね

洗濯機の中には何枚かのシーツが入っていたの。
カエルさんは脱水した時に死んでしまっていてもおかしくはないし、
なにより最初に洗剤が入った時点で
死んでしまっていてもおかしくはないのに頑張ったのよね。

それで、A子さんがB子さんに

洗濯機の中にカエルが入っていてね・・と話をしようとしたら
B子さんは、ああ、そうですか、シーツを洗いなおしますか?と言ったらしいの。

その言葉でA子さんは、
そういうつもりでカエルが洗濯機に入っていてねと言ったわけではなくて、洗濯機の中に
カエルがいつの間にか入ってしまっていて気がついたのは洗濯が終えた後だから
可哀想で、もう死んでしまっているんだろうと思っていたから

生きていてよかったねえ・と言おうとしたら  

B子さんの口から出た言葉は

    シーツを洗いなおしましょうか?

  
ああ...。この人はこういう考え方な人なんだと
がっかりしたらしいのよ。



この話を聞いた時に 何故なんだろう。どうしてその言葉が最初に出てきたんだろうねと言っていたの。

シーツを洗いなおしましょうか?という第一声を放った人。こういう人はどんなに見た目がステキな方でも
全然ステキではない。



生きているもの。植物もそう。
嫌いな人でも、好きになったという人にさせていけばいいものね。何かひとつの生物に興味をもってくれたら
そこから広がってくれたら。



セージとあまがえる

      いのちは大切。それだけのことなのにね。の、

              りいのすけでした。

        それだけと書くと簡単に言っているようだけれど
             重いこと。ほんとは とっても重いこと




ばばばって書いて
 ツィートしたものを殆どそのままで出したので 同じ事を繰り返してるところもあるけれど
 ご愛嬌ということで許してね ┐('~`;)┌


 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html