2013. . 16

最近のシダ事情

今日はヒナの介の誕生日です^^ きゃああ おめでとう~ひなの介


うっかり、すっかりあたしは忘れていたのに 
ネットの友達から ヒナの介おめでとうのツィートをいただいて
あ~今日でしたっ(汗)と 思い出しました
ちょうどその時に HCにいてプラ舟の大きいのを数個、アズマヒキガエルのオタマジャクシ保護に
使おうと吟味していた時でしたので
ひなの介のお誕生日に 生体のコーナーへ行き、
コオロギさんを買ってきました。 

そしてHCといえば 必ずチェックをいれるのは 園芸のコーナー

外にある野菜苗や季節の花苗をチェックし、果樹苗をチェックし、山野草をチェックし、
蘭コーナーのチェック、
そして
観葉植物コーナーをチェック、

あ、、 えええ?? ヘゴ? ぐるぐると幹になにか巻かれているけれど
あれは ヘゴだ・・
ええ?? と、 そこで 後ろを向いて、、どうしよううう・・

そしてくるりと前を向いて もっとよく見ようと近くに寄ったら やはりヘゴ・・

だあああああああああああああ~~~


へご

かっくいい~。。。。

植物園では 何度もおめにかかっていたヘゴ様

お友達は ヘゴをみつける事があるのに 売られているヘゴを目の前でみるのは初めて・・
(ネット販売はよくみてたけれど 溜息をついているだけでガマンしてました)

どうしよううう、、 かっこよすぎっ・・
どうしようううううう~~。 迷いながら、園芸の人を呼んで ヘゴですよね?と確認をして
まだ、ドキドキ。。 
欲しいけど、育てたいけど、、 幹、、幹はどうなっているんだろう、、ちゃんと見せてもらわないと
軟弱かもしれない。。
本日入荷したばかりのほやほやなんですよと店員さん。
幹に巻いてあった新聞紙とビニールをとってみせてもらう事にしました

幹のビニルトとるとそこの下には マルに八と書かれたようにヘゴの育ったあとがありました。

マルハチだ。。 マルハチへゴだ・・。

マルハチという呼び名は ↓ これをみるとわかりますよね^^  ハチの数字は逆さまですけれど。

まるはち


先ほどに購入した プラ舟が車に思い切り積まれてるけれど
これも入るかなあ。。 
入らないかなあと すでに 連れて帰る気まんまんでした。 汗

---------------------------------------------

ディクソニア アンタルティカ
ディクソニア
ディクソニア

これも木性シダ。 ディクソニアもカッコいいけど ヘゴのごぶとい腕には敵わない感じ。

耐寒性がとてもあるというので 育てるのには楽かなと。雪が降っても大丈夫なんですって
本当かなあ。  
でも、去年の冬に外に出しっぱなしにして枯れてしまうのはイヤなので室内に置いていました。
とても大切にしているものだから 枯れたら・・と思うと。。 うう、、ぶるるる・・
怖いのよう

-----------------------------------------------



アスプレニウム アンティーカム
アスプレニウム アンティーカム、
アスプレニウム アンティーカム

谷渡りの中のひとつ。 葉に波があってすてきです。

今年で大きくなるかしら。 夏は直射日光の当たらない日陰に置いておいて 大きくしていきたいなと
思います

-----------------------------------------------------------------

               タニワタリ(アビス)
アビス

園芸店でこれも見かけたもの。
ヒメシャラの苗をさがしていたら 熱帯温室な場所にこのタニワタリが ドスンといたの。

うひゃ~下が伸びていてかっこいいではないの・・。
このタニワタリは 昔からアビスという名前で流通していたものよね




他にも リュウビンタイさんや獅子葉タニワタリさんやトキワシノブさん、
    スコッティさんがいます。 シダ植物、しっとりといいですねえ



       プラ舟を今週末にどうにかしなきゃの、りいのすけでした。





 
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html