2017. . 14

手まり唄や童謡とか、わらべ歌で好きな歌はありますか?覚えてる歌とか


『いっちりっとら〜らってくってし〜しんがら、ほっけきょ〜〜
京都のちょんま〜げ』

これはマリつき唄だったのね。

『いちれつらぱん はれつして 』

この唄はここまでしか知らないのですけれど日露戦争の唄だったのね。
意味もわからず、ふむふむと神妙な顔をして聴いていたあの頃。
これは、母がお婆ちゃんから教わったのでしょうか。
自分だけの思い出のような気がしてとても大事なものだから
忘れたくない唄なのです。

いま思うと、ああ、コワイ。と思う唄なのは、

『山寺のおしょさんが鞠は蹴りたし鞠はなし
猫をかん袋に押し込んでポンと蹴ればニャンと鳴く』

軽快なテンポのこの唄は
おしょさんが猫を袋に押し込んで蹴るという
今考えるとダメよ、この唄となるよね。

『しょ、しょ、しょじょジ〜しょじょじの寺はつ、つ、月夜だ
みんな出て来い来いこい。負けるな、負けるな、おしょさんに負けるな』
これは、ワクワクする、おしょうさんの歌。

そして、ネズミさんの歌
手遊びの時に歌ったのよね。

『ずいずいずっころばし ごまみそずい
抜けたらどんどこしょ
タワラのネズミがコメ食ってチュウ
ちゅうちゅうちゅうおっとさんがよんでも おっかさんがよんでもいきっこなしよ
いどのまわりで おちゃわんかいたのだーあれ』



手遊びをいえばもうひとつ。
これも2人1組で手を合わせて遊ぶ唄。
みかんの花咲く丘と同じくらいよく遊んだものです。

『やまだのなかの一本足のかかし
天気の良いのにみのかささして
朝から晩までただ立ちどおし
あるけないのかやまだのかかし』

あたまの中でたまに流れる懐かしい唄。

母との思い出の唄。

きっとあたしの年代の人で いっちりっとら〜は知らないと思う・・(⌒-⌒; )
古すぎる歌だもの。


『みかんの花が咲いている
思い出の道 丘の道はるかに見える 青い海お船がとおくかすんでる

替え歌
みかんの花が埼玉県
思い出の道岡山県はるかに見える青森県お船が遠く神奈川県

手のひらを出して焼けたら裏返していく手遊び唄

『おせんべ焼けたかな

透き通る緑色のソーダのイメージがいまもする

『ソーダー村の村長さんはソーダー飲んで死んだソーダー
ソウシキマンジュウくったソーダ』


時代よねえ。

アズキを入れたお手玉。
何個もくるりくるりとジャグラーのように手遊びでまわす。
そんなのに憧れたけれど
不器用なあたしには片手にひとつずつの2個をくるくるまわすので
めいいっぱいだった。

あやとりもそう。川の形から始めて、いつも何回か取り合うところまでしか
ず、同じところで途切れてしまう。

毛糸であやとり紐を作ったり、おはじきを弾いたり
手遊び唄で楽しんだり、
外ではゴムヒモで遊び、石蹴りをし、
缶があれば缶がひしゃげるまで缶蹴り遊びをしたり。


だれだれ見つけた かんけりカーン。

夕日がそろそろ帰りなさいよと紅く空を染め上げる頃、

そろそろかえろうーっと。

じゃあね またねーと、 だだだっと走って帰っていく。




わらべ歌、手遊び唄の歌詞は時代と地方によって違うだろうし
なにが正確かわからないけれど、少しでもこうして覚えていられて
とても嬉しいのです。 の、りいのすけでした。

 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html