FC2ブログ
2018. . 05

2018年1月5日蜂の越冬

おトイレの換気扇で毎年越冬しているスズメバチ達。(アシナガ?よく見えないから特定できなくて)群れになってる?と思うくらい、ワンサカいるのよね。
なので冬は換気扇は回さずにいるけれど、お正月にお客様が回してしまったの。いきなり換気扇が止まったからおかしいと思ってよくみたら蜂がいますよーって、お客様も驚いていたけれど、あたしは蜂で換気扇が止まった事のほうが驚きでした。^^;
換気扇を開けて中をみるのも
春にしたほうがいいかなとか
なんだか複雑でした。

お風呂場では
カマドウマさんが動けなくなっていて、あらあ、下水管にいればいいのに。と思いながら
お湯を出していたら
元気になって隠れようとしている。

春が近くなれば
戸袋の中や小さな隙間から
今年もテントウムシやカメムシ達が
でてくるんだろうなあ。

あたしの住んでいる地域は、
とてもスズメバチが多いから、トラップを仕掛けたりしてたのね。
畑の倒木の奥にオオスズメバチが巣を作ろうとしたり、隣の桜の木の中に空洞があってその中に モンスズメ蜂が
巣を作っていたり。
このモンスズメ蜂の時は大変で、夜になると灯りに集まってくる習性があるから、夕方からは窓を開けられないの
網戸越しにこちらに向かって興奮して威嚇したり、腹部を膨らませたり縮めたりして毒液をブシュブシュ出すのよね
これが夏の間毎晩のことになるのね。
(毎朝になると慣れてくるけど・・^^;
トラップを仕掛けたりしていたくせにね
冬の越冬は、好きにしていいよという意味のわからない気持ちになるのよねえ・・。
厳しい冬を乗り越えてるんだねえって。

換気扇で越冬中のスズメバチ

換気扇で越冬中のスズメバチ

白か黒かと決めたくはないし、人間だから感情もあるし、
この頃、とくに 外来種のことでも、色々な考え方を聞いて考えさせられるところ多いです。
では、日本の古来の種を守ろうとしてるのかなと思うと
学者さんの考え、農家の方々の考え、猟をする人たちの考えはかけ離れていますし
結局は、なにがいちばんなのかなは、人間にとっての都合のいいことが1番が基本なのね。。
あーやだやだ。


とか、 お正月から 唸っている 三枝りいのすけでした。





 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html