2012. . 09

自家製のお茶を作ろう。お茶の木を育てると楽しいよん

5月2日 朝から大雨でした。

ふっと外をみていて 思い出した事。

あ、昨日が八十八夜だったわ。


----------------------------
八十八夜(はちじゅうはちや)は、雑節のひとつで、立春を起算日(第1日目)として88日目、つまり、立春の87日後の日である。

21世紀初頭の現在は平年なら5月2日、閏年なら5月1日である。数十年以上のスパンでは、立春の変動により5月3日の年もある (ウィキペディアより)
------------------------------

そう、ここに来た時に土地柄か、お茶があったの。
そのお茶が種を落とし、増えていきます。
種からのお茶だから 上等なお茶ではなく原種のお茶だけれど それはそれで^^ 

お茶を垣根がわりに使ったり、そのほかの
大きいものは 畑にするために伐採したりしたけれど お茶って伐採しても枯れないのよね
またまた芽がざばっとでてくる。
そこがすごいのよね。
だから 畑の中は お茶があちこちに今も沢山ある。
歩く所にも 大根の隣にも、、とにかく抜けないので放ってあります


            お茶の木 
お茶の木
わけわからない画像になってしまった。。 入りきらなくて・・(^▽^;)


            短くされたお茶の木
お茶の木通り道の木
鍬をいれたい場所なんだけれど お茶の木がどうしても抜けないの。
そのうち、こうして芽がでてきて ふと気がつくと60センチ位にとか育っているのよね
この新芽っぷり、柔らかそうでしょう?

           これも短く切られたお茶だけど頑張ってるお茶
前右のと前左のがお茶
左前のほうにあるのと右前はじのもお茶
苗帽子に入っているのは 大玉スイカ 笑。 できないだろうなー。と思いつつも楽しいから、トライしちゃう。
帽子に入れてるのは、スイカは苗が小さい頃に風に当てないほうがいいから^^
左後ろにあるのは、これも生えて生えて、困ってしまうヒサカキ。そしてムシトリナデシコなどなど。



         さて、 お茶を摘みました。 


新茶でございます。新茶とは、その年の初物(ハツモノ)の事。
旬な時に採れるお茶です。
とても甘いお茶です。

         
一つの芯と上から2枚目までの葉を摘む 一芯二葉摘み。
 これが一番贅沢な摘み方です。他には もう一葉増やした一芯三葉摘みなどあります。
 これは新茶の摘み方なので
 もっと葉を利用したい時はもっと大きくなった葉も利用するのもいいですよう


        これは 柔らかい葉の先だけの 一芯二葉摘み

摘んだお茶

埃をとるために水でさっと洗い、葉を0.5cm巾くらいに包丁を切っていきます(大体でいいです。
この時の大きさがお茶を入れたあとの出がらしの時の葉の大きさになります。

最初にお茶はぬるぬるした感触、
水分がなくなってくると手につく、べたべたした感触。
そしいつのまにか、そのべたべたがなくなり、さらさした感触に。^^



        蒸かします。2~3分程度です。 
蒸したお茶

        両手で手もみします(軽く
こんな感じ

        何回か電子レンジでチンをして乾かします。
もうすこし
        乾きだしました。
お茶5
        乾きました^^ 完成
お茶6
気になる人は2~3日、日陰干しするといいです

        早速、お茶を入れてみました。
お茶カップ

  内側が白い湯のみがなかったので  ティーカップにいれました (^▽^;)
  
  そしてかわいいティーカップなので並べてみたり。

  黄色はタンポポの花

  ピンクはレンゲの花

  青いのはツユクサのお花

  白いのはシロツメクサのお花

春の花シリーズです^^。  かわいいん。



-----------------------------------------------------------------------------

さて、 そして今日も 新茶を作ってみました^^

今日の作り方は、 

お茶を摘む、蒸すまでは一緒です
その後は ホットプレートで 水分を飛ばしました。
温度は オフから180度位を 熱くなったらオフしたり、ゆるい保温にしたり。
あいだ、あいだで手もみします^^
そして  できあがったお茶は

とても濃く、香りもよく、おいしかったです。^^

------------------------------------------------------------------------------

フライパンでもやってみました。

フライパンの上にクッキングシートをのせて じっくりと。
焦げないようにとても気を使います。

フライパンなら   電子レンジのほうが気持ち的に楽です
      それに ホットプレートのほうが温度調節ができて楽でした。

------------------------------------------------------------------------------


マメ知識。


お茶の
一番茶、(新茶)   4月~5月
二番茶        6月
三番茶、(夏茶) 7月~8月
四番茶、(秋茶 )     9月~10月

茶葉は大きくなっていくので 後半のほうが沢山収穫できますね

でもまずは一番茶の新茶
そして 秋茶まで  ずっと長く収穫できるお茶


お花もかわいいんです。 白いツバキのようなお花が咲くのよ。^^


そしてもうひとつ、

お茶の木が一本あれば 自家製お茶、紅茶、ウーロン茶も出来ちゃう

同じお茶の木の葉っぱだから。^^

お茶を摘んだ後に蒸すのは お茶の葉の中の酵素が発酵しないように止めるためなの。 

ウーロン茶は摘んだ後に蒸さないで しばらく新聞紙の上などに拡げておいておきます。

もっと発酵を進ませたものが紅茶です。どちらも作ろうと思えば作れますよ^^
あ、あたしは 緑茶が作りたいので ウーロンと紅茶は作った事がないので
作りたい人は 検索して作り方を探してみてくださいね


ベルガモットを今年購入したのでもし、実がついたら、アールグレイに挑戦します
その時は 紅茶から作ってみようかなと思います。




 お茶を作っている間は お茶の香りがとてもよくて

            気分がとても高揚しますですよ の りいのすけでした^^

comment

ちのっぴ
こんばんは~

お茶っ葉まで自家製!りいのすけさん凄過ぎ。
もう自給自足生活できるんじゃないでしょうか?
自分で作ったお茶は美味さひとしおだろうな~
お茶の香り、大好き( ´艸`)
2012.05.09 22:55
りいのすけ
ちのっぴさんへ

お茶っておいしいもんね

多少な自給自足ね
全部はやはり無理だものねえ。

お茶は自分で作ったのは、やはりおいしいよん
あとはもすこし多く収穫できるようにしなきゃ^^
2012.05.10 19:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/131-f56186ac
googlec8e571c2cbff9c41.html