2012. . 08

2012年夏 花々とアサギマダラ(Parantica sita)

2012年8月1日の畑の様子です。  
ヒマワリさん達
ぐっちゃぐちゃで盛りだくさん

     ここは、植物のオモチャ箱 

ひまわりさん達です

沢山の植物達がせまいオモチャ箱の中でひしめきあって
箱を開けた途端に飛び出してくるよ。  ダアリア、サルビア、レモンバーム。オレンジにレモンに鳳仙花
スイカにサツマイモ、キュウリにピーマン
小さいお花から大きい木


            ヤマユリさん
ヤマユリさん
毎年咲いてくれる山百合さん。 
百合は病気にかかりやすく、いくら丹精を込めても次の年には枯れてしまう事があるのです。
今年もありがとう。

          ヤマユリはね、
ヤマユリさん
白色が清楚な白なの。その白に黄色とオレンジがとても派手なのよね。
花粉の朱色もとても濃いの。その色の濃さが百合の香りを出しているんではないかと思う位
濃厚な百合の香り。 今朝も朝から漂っている贅沢な香りを胸いっぱいに吸い込みました

 


        
いつも通りのぶれた画像で アサギマダラを
      
         ピンクのバラはレオナルド・ダ・ヴィンチ
      

アサギマダラ1

ひらひらと空からのご訪問をしてくれたのは  アサギマダラ。

アサギマダラ2

こんにちは。羽を存分に休めていってね。

アサギマダラ3

、日本で唯一この蝶々だけが渡りをするの。旅人ならぬ、旅蝶々 

アサギマダラ4

アサギマダラと呼ばれているのは 浅葱色の羽からきてるのよ。

あさぎまだら

淡く、薄く、透き通った羽と黒のマダラもようから アサギマダラ
あさぎまだら1

空と交わり空色になり

なんて美しい蝶々なのかしら。。 

アサギマダラ

ここからまたどこへ行くのかしら。気をつけて旅をしてね


             顔のマダラもアップ。

アサギマダラのアップ


             モナルダ もしくは、ベルガモット。和名は松明草     
モナルダ

紅茶のアールグレイに着香されているベルガモットはこの花だと思い切っていたのだけれど
アールグレイのベルガモットは柑橘のベルガモットなのよね。

このモナルダの香り、きっちりした香り

モナルダの花色は 赤 白 桃色 紫とあります

花の形がタイマツのような形をしているから タイマツバナ


赤のモナルダは 燃えるような タイマツを思わせるような花だと思うの
形ではなくて その色からだったらいいのにって ちょっと残念だわ


ああ、
赤のベルガモット、また育てたい。







   小さいコビトさん、妖精さん そんな何かが

   大きいヒマワリの下や 百合の花の上にいたとしても
   アサギマダラにまたがって 旅をしていたとしても

        もし目にしたとしても



  それは、不思議なことでもないと思うのよね。な、りいのすけでした。







comment

RanPaPa
こんにちは、ちょっと忙しかったので久々のコメントです。

レオナルド・ダヴィンチはとてもきれいなピンクですね。
薔薇ファンが多いわけですねぇ。

一緒に写っているアサギマダラは、生で見たこと無いと思います。
でも、渡り蝶とのことなのでこちらに飛んできていることがあるかもしれませんね。
アゲハチョウを見たらじっくり観察してみようと思います。

暑さが小休止したので花たちも一息つけそうですね。

こちらは、今週初めから寒いくらいでちょっと調子が悪くなりましたが、何とか回復しました。

りいさんも、天候に負けないで下さいね。
では、では。
2012.08.09 16:39
りいのすけ
RanPaPaさんへ

お久しぶりです^^

レオナルドは、この写真だと まったくイマイチ、イマニ、イマサンなの。

もっとなんていうか、オールドローズの形をしているの。

香りはないけれどツルバラとしてきちんと手入れをすれば
咲き放題なバラなのだけれど
今年、手入れを怠っていて・・(・Θ・;)アセアセ…


アサギマダラは これで二回目なの
もう見れないのかもしれないの。
こちらにもあまり立ち寄ってくれたことがないの。

今回は二匹で寄ってくれたから豪華でした^^

----------

調子を崩したの?
気温の変化に身体が追い着かないわよね
お大事にね。

病み上がりなのに
あたしの事までありがとう。
^^

2012.08.09 21:36
ゆうなのすけ
アサギマダラを朝霧高原近くの山の山頂で見ました。
その山頂には広いとは言えないお花畑があって、そこにたくさんのいろんな蝶。そこにアサギマダラもたくさんいました。
そこでこの蝶がアジアの方まで飛んでいくんだということを聞いて、ビックリしました。身体は大きいほうだけど、羽などヒラヒラ羽衣のよう、頼りない…まだ、アゲハやアオスジアゲハのほうが渡れる気がする。こんな風に飛ばされて行きたい方向にさえ行けなさそうな子が、ジェット機並みなことをするなんて、途中の大地を大海原を、こんな子が飛んでいくなんて。
姉さんちの庭、アサギマダラが立ち寄るの。その子の通過点に選ばれるなんてとてもステキ!姉さんちの庭、お空の上から一等星のように光って見えてるんだよ、きっと♪
旅をするアサギマダラ、また来るよ。だって姉さんちの庭、みんなの楽園だもの。
2012.08.10 19:40
りいのすけ
ゆうなちんだ~ 

びっくり、びっくり。お久しぶり(違っ

アサギマダラを朝霧で?

ああ、朝霧、どこだろう。道の駅からまだ上のほうかしら
沢山のアサギマダラもみにいきたいなあ

そうなのよね。羽が大きくみえるけれど、こう、しっかりしていないというか、ゆうなちゃんの表現ではないけれど
頼りないのに
飛ぶのよね。

大海を飛んでいくだなんて
想像もつかないわよね
わたり鳥も大変だわと思うのに
蝶々がだなんて。

一等星。。 ゆうなちゃん、なにか送ろか?
もう、天高くのぼって
嬉しくて あたしもどこか大海へ
飛んでいきそうよ

ありがとうね ゆうなちん^^

2012.08.11 15:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/150-f34e180e
googlec8e571c2cbff9c41.html