2014. . 18

古くからの縁起物がすきです 招き猫さんや 張り子、土人形

   市場へ行ってきました

目新しいものはないかな

12月は こういうものが売り出されるのよね 

大好きパターン


お飾りの小物です

  昔から変わっていない絵柄です

宝船、招き猫 七福神、鶴亀。宝の小槌、小判、などなど おめでたいもの勢揃い
お飾り部品
これを 素敵とみるか なに・・これは・・とみるかは....
これをね、今年はどう飾ってみようかと思っているの。
面白いよね。 注連縄飾り(しめなわかざり)の縄に足してもいいし
お花で使うフラワースポンジ、フラワーアレンジメントでお花をさしていくちょっと固めのスポンジね
そのスポンジにさしていくのもヨシだし


こちらは   張子の鯛
お飾り張子の鯛
これがね、 個々で売られているのをみて 心が躍りました
これだけで欲しかったの
それも 大、中、小と サイズもいろいろあるの
お飾りで飾るときに 左右に飾る鯛なので 右左があるのよね
なので 両方を重ねると ひとつの鯛になるの
ぱかっとくっつけることが出来るのよう♪

最高よう  面白ろすぎよ

日本の民芸品ものやこういう縁起物
いろいろな動植物がでてくるのよね

それが楽しい

ひとつ ひとつ 意味があるのね

松竹梅だって  犬張子も意味があるのよね  松竹梅は寒いさなかも青々として耐え切る植物であり梅は
厳冬の中でも春一番に花を咲かせる
犬張子は犬=安産という意味があり 安産や子供の成長を願うのよね。郷土によってまた別の解釈もあるけれど
殆どがなにかを願っています。

鯛も 目出度い

めでたい   語呂合わせをもってくるなんて なかなか粋よね


なので   日本の郷土玩具、だいすきです

日本の四季折々の行事は 面白いです

だいすきだわ


おまけ

12月19日

PC隣に これ以上は福を招けないでしょーという位な 招き猫を置いてみました

20141219145723fa9.jpg
大入り袋に 達磨、打ち出の小槌 右手招き猫 左手招き猫 黒い招き猫に 小判と 鯛に 米俵
すごいすごい
もすこし大きいこの招き猫シリーズには 黒猫がもう1匹いて三毛猫の招き猫ももう1匹いたような気がします
今考えたらそれも手に入れておけばよかったかもだけれどこれはどこかで会うタイプなので
急がなくてもいいよね



こちらは 今Xmasなのに Xmasの飾り付けは今年はやめて 招き猫シリーズにしたの
お正月用にこれから 鯛の張り子達も飾るつもり。

20141219145721d60.jpg


こんなんが大好きなのよね。 もちろん西洋のものも大好きよう
なんでもいいのね?と思うかもだけれど そうじゃなくてねえ
感性のなすままというか
好きだなあというものが好きかな。

黒猫の大きい招き猫が欲しいなあ







comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/197-b1b7a2fe
googlec8e571c2cbff9c41.html