2016. . 22

下賀茂熱帯植物園へ行ってきました。伊豆へ行く方は足をのばして下賀茂郡南伊豆町へ


昨日に 「下賀茂熱帯植物園」に、行って来ました。

賀茂郡南伊豆町にあるこの植物園
伊豆半島の観光地としては西伊豆と東伊豆の真ん中、ほぼ中心にあります。なので少し遠く感じるようで、
観光でここまで足をのばす方が少なく経営的にとても大変らしいです。
一度は植物園を閉めて入り口近くの売店の営業にしていたのですがリピーターのお客様が奥にある温室、植物園のほうを見たいと言われるので開けはじめて、
そしてまた開放することになったのですが
この期間に無料でみせていたので、今更入場料を取るわけにはいかないと入園無料のままにしてしまうという人の良すぎる経営者、園長の安藤さんは人柄がよすぎるくらいよい人なのです。
入園無料で経営が成り立つかといえば、誰が考えても成り立つわけはないですよね。

同じように入場者激減のため「らんの里堂ヶ島」「ジャングルパーク」は、閉園に追い込まれました。

もしこの「下賀茂熱帯植物園」が閉じてしまったら
伊豆半島の植物園がまた数を減らしてしまいますね。

植物好きとしてはこれ以上、植物園を減らしたくはないです。
こういう場所はとても大切です。

伊豆に来たときの思い出の場所の植物園
閉めてほしくはないです。
ここを閉園するとか言わないで
どうにかずっと開園していてほしいと言いましたら

園長さんは言いました。

本当は続けられるならずっと続けていきたいんだ
だけれど入場者が減少していて毎年赤字なんだよな。
赤字だと生活していけないでしょ?
でも、やれるなら
やっていきたいんだよね・・。

外にあるヤシの木、あれはね
昭和32年に植えたもので
今も倒れず立っているよ。
あのヤシの枯れた葉を落として上に三枚位の葉だけにするんだ。それはレッカーでやるんだけれど
レッカーより高くなったら切れなくなるから
そうしたらどうしよう。
ヤシの木を伐採しなきゃいけなくなるのかなと
園長の安藤さんは、
そびえ立つように1列に立つ
思い出のヤシを優しく微笑みながら見つめていました。


今、下賀茂植物園は、入園無料で開園しています
。そして
売店でのオススメは四季の生ジュースがあり
そして、
植物好きさんにはたまらない
植物が販売されています。

ブーゲンビリア、ハイビスカスなどの熱帯植物から
胡蝶蘭、
観葉植物とされているポトスやヤシ類
アナナス類、多肉、シダ類、果樹等々。
殆どの植物はなんでも揃っていますし
育て方や質問があれば、園長さんみずから教えてくださいます。(^-^)

もし、伊豆のほうへお出かけする予定があるのなら
是非、「下賀茂熱帯植物園」へ行ってみてください。
看板猫さんもお出迎えしてくれます 🐈


なくなってほしくないよう。下賀茂植物園

伊豆へ行くときは寄ってみてくださいね。
気さくな園長さんが待っています (^-^)


植物の話をする時の、 にっこり顔の園長さんはステキでした。の、りいのすけでした。

--下賀茂熱帯植物園--
〒415-0303
静岡県賀茂郡南伊豆町下賀茂255
0558−62−0057
営業時間 9時30分〜15時


ーーーーーーーーーーーーー

看板猫さん
20160609103152510.jpeg

20160609103146343.jpeg

20160609103147d17.jpeg

20160609103150e85.jpeg

20160609103358291.jpeg

2016060910340069a.jpeg

20160609103150dfb.jpeg




comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/231-02b8b718
googlec8e571c2cbff9c41.html