2016. . 29

2016年12月 ランが咲いたよう。バンダの開花です。うれしいなあ。


バンダが咲きました。

このバンダ、HCで咲き終わり、半額で出ていたものです。

バンダのブルーを咲かせてみたかったのよね。

といっても、実はそんなに難しいお花でもないの。
冬の温度に気をつけて冬を越させてあげれば夏場は少し風通しのよい明るい場所で吊るしてあげれば
元気がいいの。

今年は、6月に見つけたから、とても明るい窓際に置いておいたのよね。(戸外ではなく

こうして
自分で育てた植物が花芽を持つのはとても嬉しいのよね。

お花が開花する喜び。

育ててよかったなあと思う。

お花が咲くものは、咲かせる喜びがあるのが醍醐味なのよね。


バンダ1

白地が多い
バンダ

ランの不思議なところはね
根っこの生え方なのよね。
むちっとした根っこがでてくるの。


画像が悪いわねえ ^^;
ラン 根っこ
こんな感じね。空気に触れる根っこ。
気根というのね。

木に着生して育つ植物、カトレアやデンドロビウムもそうだけれど
(樹木以外にも着生)バンダにはバルブはないのです。
バンダの葉のつき方をみるとよくわかるけれど葉で受けた霧や雨が根のほうにいきやすい形をしています。
樹上で根をからみつけてのばしていくのよね。
水分のない根は白く、水分がつくと緑色になります。
特殊な場所で生育しているランなので
これらを土に埋めて育てたら、環境があまりにも違って
生きてはいけないのよね。

ランはお高くとまっている植物というイメージがあるよね。
胡蝶蘭やカトレア、バンダもそうだけれど花弁が少し厚くて
きらきらしていて、いかにも高価なイメージだけれど
お花が開花するとひと月から時期によっては三ヶ月くらい咲いてくれるの
こんなに長い間、楽しめるお花はそうそうないよね。 実はランは、自分で咲かせられるように
なるとお得感満載なの
なので、
チャレンジしてみるのも楽しいかもです。
今時は、お手軽に思えるパンジーなどもF1タイプになるとポット苗も400円近いのよね。
パンジー2苗とお値打ち品の札がついたランは値段はさほど変わらないどころか、もっとお安いです。
どんなランから始めるのがおすすめかというと
デンドロビウムやシンビジウムからかな。
夏場に外に出して雨にも当ててあげて、バルブを太くしてあげれば
冬場にお花を咲かせてくれます。
結果が出るのが楽しいです♩
是非、トライしてみてね。
日本のラン、
セロジネなどもとっても丈夫なランですね。

と、ランのおすすめをするつもりではなかったけれど

あれ?・・ ^^:

___

12月も そろそろ終わり。 2016年が駆けていきます。

今年は、忙しい日々で、またまたアッと言う間でした。
今年もありがとう。

来年もまたよろしくね。


三枝 りいのすけでした。


comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/249-cf300d9c
googlec8e571c2cbff9c41.html