2017. . 02

海の中をのぞいたよう。磯の生き物たちと同居した話。

磯のある海に行って来たの。

岸壁を降りて磯へ降りると、磯独特のにおいがプウウンとする。
青ノリのような、海藻があつい日差しで発行したような。
海の水が溜まって逃げられないような場所は、潮水が温くなっていて 



その中でカニが死んでいたり、ちょっとした窪みには死んでしまった貝がたくさん貝塚のように
積もっている。 

 小さいヤドカリ、大きいヤドカリ、小さい貝、岩についているクルクルしたもの。   

たくさん生きているよう。 

ペットボトルに海水をもらい、ヤドカリや貝や岩をもらっていきました。
家に帰り、
ガラスの水槽にみんなを移して、海水を入れると
そこは、海の中
イソギンチャクたちはユラユラして、 


連れてきていないはずの小さいカニが歩いている。
磯の岩に付いていた、無数の生き物たちが活発に動き始めたのよね。
イソニナ、イシダタミガイ、アサリ、アラムシロ、マガキ
フジツボ、カメノテ、ヒザラガイ
水槽を覗いていて



その世界にのめり込んでいたの。
簡単に磯を上からみるのと
海の中を覗くようにみるのは180度違うのねえ。(もっとかも
ガラスの側面で貝達が動き回る。普段みれない裏側なのよう。
ヒザラガイがあんなに柔らかいとは思わなかったし動いている姿も
みれるとも思わなかったし
1週間分の海水を冷蔵庫で保存して
彼等の毎日をみせていただいて、
そして1週間後に彼等を連れて海に行き、
ありがとうをして別れました。
海の生き物は面白いし、楽しいなあ。
生きている感がハンパないです^^

はまりそう。磯は最高ねえの三枝りいのすけでした。

ただいま、オカヤドカリがいて毎日観察中だけれど、海のヤドカリもいいわねえ・・^^

comment

-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017.09.05 15:10

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/260-3b4213c7
googlec8e571c2cbff9c41.html