2017. . 13

長い月にはなにをしよう。 (やはり種まき?^^



暮れるのは早いよう 長月と呼ばれる、すでに11月

読書もよかろう、絵を描くのもよかろう、何か書くのもよかろう。種まきもよかろう。お掃除もよかろう。
さてなにがいいんだろう。

どうしてもわからないこと。
どうもあの人のことはわからないという あの人のことを遡って
理解できないところを理解してみようと考えるのもいいのではないのかな。

最近、いろいろな人とはなしていておやっと思うことがあるのよね。
自分はこうなんです。と決めつけて、そうなの?と聞くとそうなんです。で終わる。

自分はこんなんだから、もっとこうしなければならないんです。とまではいうけれど
言うだけで終わるの。
それ以上を考えない。 どうしたらいいかを考えないから
表面だけで終わるの。

決まって反省がない。 くちでは自分はだめなんですというけれど言うだけで終わるの

ダメだからどうにかしたい。それではどうしたらいいのかと
深く考えていかないの。
逃げに入るのよね

わかる。逃げたい気持ちはあたしも同じ。
あたしは逃げる時、ガムシャラに逃げて、そのあとに振り返り、自分を恥ずかしく思う。
こんなんでいいのかなと落ち込んだりもする。
これでいいのかなとか、グジャグジャと思考する。
それでまた落ちたりあがったり、もう大変な状態。
でもそれをやらないと自分というものがみえなくなる。

それならあの人は? どうして後悔がないの? なんでどうして?自分が考えすぎるタチなのかしらとか

自分の振り返りとともに
他の人の振り返りもしてみるのも

人の気持ちを発見できるものだとおもうし
自身が気がつかなかったことも 赤面しながら発見できるのではないのかな。

ーーーーーーーーーーー

イチョウの葉がヒラリと落ちていたのね

黄色くてピンとして。

その隣に柿の葉が橙色と茶色が混じり合って艶やかな色で落ちているの。

ああ、違うわねえ。 木も違えば葉も違う。

でもハラリと落ちれば
みな同じ。地面のお布団になり虫が冬眠し植物の根も守り、
そして土になっていく。混じり合って



土の匂いが好きの 三枝 りいのすけでした。








comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/262-4685197c
googlec8e571c2cbff9c41.html