2017. . 27

2017年12月ダックスのゆずは空に飛んだ。 Xmasと大晦日の間をとるだなんて

そろそろ ひなのすけのことも書きたいなと思っていた矢先
突然だったのよう。

2017年12月27日

ちゅーちゃんがお星さまになっちゃった。

ちゅーちゃんは、以前にここに書いたことがある
ゆずという名前のわんこです。

犬のこと。ゆずのこと

ここ数日 コホコホと咳をしていたから、ちょっとおかしいなあと感じていたの。
そして朝になったら病院へ朝一番へ連れていこうと思っていたのに
もっと早い時間にゆずは朝日を待たずに飛んで行っちゃった。
今朝の3時に息を止めたよ。


ーーーーーーーーーーーーーーーー

ゆずを連れて、富士市の碧雲寺というお寺さんへ車を走らせました。
そこは、家族だったわんこたちがみんな眠っている場所。
ゆずのお塔婆に、ゆずが新入りで入ったから仲良くしてねと書きました。

お坊さんがちょこっとお話をしてくれたのね。
あなたがたは
ゆずちゃんに笑顔や優しさや幸せを沢山もらいました。
ゆずちゃんもあなたがたに笑顔や優しさをたくさんもらいました
そして幸せを感じましたと思います。
ゆずちゃんがいたから感じた幸せを今度は家族や周りの方に
差し上げてください。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ゆずは空に煙となって舞い上がりました。

死ぬ間際まで ニコニコ笑っているような顔をしている犬でした。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
ねえ、ゆずは幸せだったかな。
あたしはね、ゆずがいてシアワセだったよ。
出会えて良かったと思っているよう。

今朝、ゆずがいなくなってから、ゆずとの出会いはいつだったかなと
みてみたのね。
そしたらね、もう7年も一緒にいたのねえ。数年かと思ってた。そんなに長くいたかなあ。

ゆずとの生活の中、いつのまにかあたしもゆずと共に7歳トシをとったのね。

ねえ、ゆず。
バスターたちによろしくね。ミシェルも、クララもマリーもティナもスエちゃんも
猫のクロやチビや・・
ああ、たくさん家族がいたから言いきれない・・

ああ、いつのまにか、こんなにも大家族だったのねえ

そしていつもいつも笑顔にさせてもらっていたのねえ。

ゆず、みんな、ありがとう。

と いいながら、 鼻水垂れちゃってるんだから (T ^ T)


ゆずのくびわ


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

富士市の碧雲寺というお寺さんはとても優しい住職さんがいるの。
そこはね、大きなゾウガメさんがいたり、トカゲさんもたくさんいたりしていてね。
見せてもらったことがあるのだけれどまったくもって大きいゾウガメさんたち。
あたしも幼い頃からガラパゴス諸島があこがれで、海イグアナやゾウガメの島が
うらやましくいたけれど、こんな風に身近で、それも住職様の家族が
ゾウガメだなんて。

サバンナのキリンをみた時はこんなでしたよとお話を伺ったり、
また、セミが逆さになって落ちているのをみてそっと拾って木にそっと付けて、命ですからねとにっこり
笑っていらっしゃいました。
ああ、素晴らしく
懐の大きな住職様だなあと感心しました。
もちろん、今も尊敬いたしています。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

と、書きながら やはり鼻水は何回も 洋服のソデで拭いちゃったり、ティッシュ使ったり
涙と鼻水でグチャグチャで
鼻を拭きすぎて痛いし
でも
堪えることなんかないよね。

好きだー いまもねー って


だいすきだーーーー ありがとううーーー

ああ、だめだわ。とめどなく 興奮してる。

寂しいのと会えないんだなと思う辛さや感謝や、
いろんなものが交差しているから、ブログが中々終わらないわ・・・汗。

では、そろそろ締めくくりです。
ゆずー ありがとう。大好きだよの、さえぐさりいのすけでした。

泣くほど好きーー だから出会いっていいのようーー
泣けるほど好きだー 絶対 忘れないからー そんなに急がなくてもいいのにー いきなりなんてずるいー反則ー
もういちど抱かせて欲しい。
ぎゅううっとすると クウって甘え鳴きするあの声をもう一度だけでいいから・・。



(ああ、まだまだうちには年寄りワンコがまだまだいるのよね・・
次のお見送りをする日が近いような、、その度に味わう辛さだけれど
ありがとうと思う気持ちも深いです。



http://lenosuke.jp/blog-entry-96.html

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/263-1aba63e3
googlec8e571c2cbff9c41.html