2011. . 08

1年前の椿の枝を挿し木に。そして今年もバオバブの種を蒔こう。

         去年からずっと水に挿されている椿の枝椿1

良かったら1輪持っていかない?と、去年に白と赤の混じった花の咲いている椿の枝をもらいました。
そのまま、お花が終わっても 葉も落ちないし、枝がダメになるまで花瓶に挿しておこう
そうして 思い出したように たまーに水がない時に 花瓶に水を足し、
いつのまにか1年。

そうです。このツバキの枝は、水に挿されたまま1年以上、生きていたのです。
あと1年また水挿しというのはもう無理よね
挿したら枯れちゃうかなあ。。
枯れたらいやだなあ、このまま、水に挿されていたほうが枯れないかなあ。

そんな風に考えながら、でも、このまだといずれはダメになってしまうので
挿してみようと思いました。


           4月8日ついに花瓶から取り出しました。椿挿し木2

           2本に切り分けました。椿の挿し木3

          水分を必要以上に蒸散させないように葉の面積を減らします 
椿の挿し木4
2本にした手前の1本のほうは、小さな芽が出ています。水に挿されている時に出ていました。

がんばれ~。根を出して育ってね。
もう1年も一緒に住んでいるんだからね^^また お花を咲かせてみせてね。

(これを挿したのは4月8日。今日は5月8日 挿し木をしてから、ひと月程経ちました。
ツバキは芽も伸ばすことなく、一度は子猫達に足蹴にされて
枝がすっ飛んでいたけれど(1日位経っていたかもしれないけれどすぐに、
鉢に挿したです。今の所、枯れる事なく、頑張ってます^^

------------------------------------------------------------------------------------------

気温が高くなったら
BAOBAB(バオバブ)の種を蒔こう。 

去年に初めて蒔きました。^^。 バオバブの木には夢があります。


バオバブの育て方育て方表
(クリックすると拡大します)


バオバブ育てかた裏
(クリックすると拡大します)


   バオバブの種です。白いのが纏っていますが種ですバオバブの種
種の周りのこの白い部分は果肉です。甘酸っぱい味がします。アフリカでは水に溶かしてジュースにして飲みます
(バオバブの育て方から)

バオバブは苗も売っているし、種もネット検索をすると他の所でも売ってますが
去年も ここで買わせていただいたので 今回もDANKA DANKAさんで購入しました。
(1コイン募金(500円)DANKA DANKAのアフリカに木を植える活動にしていただき、
アフリカに木を植える活動にしていだだき、お礼にバオバブの種をさしあげる..そんな想いでお送りしています)
とのことです。
種はどこで購入してもいいのですが、種を買って募金になるならとここにしました。


          去年に種を蒔いて育ったバオバブ1年目のバオバブ
株元を太らせたいので頂点をチョッキンしました。

葉が全然ないのは、一枚ずつ、冬になって落ちて行ったからです。


          形が悪いのでもう1回チョッキン1年目のバオバブ枝チョッキン

チョッキンした上の枝を何となくもったいないので捨てられない。
なので 同じ鉢に挿しておきました ←汗。  


大本のバオバブの幹からは これから育っていく芽がでてきます。

1年目のバオバブばっさりチョッキン


バオバブの種まきは種の外側殻がかたいのでヤスリで皮を傷つけて吸水しやすくしたりニッパーなどで傷つけないように穴を開けて 一晩水に漬けてから植えるのが
標準的なようです。(アサガオの種のように。アサガオの種も皮が硬くて吸水しにくいので傷をつけると
吸水して発芽をしやすいのです)
発芽温度は 26度~からと高いのでしっかり発芽温度になってから種まきをします
あたしは梅雨明け位しようかと思ってます 6月の末から7月の上旬位にしようかなあ
そのあたりの気温をみたりしてから考えることにします。

その頃には 去年のバオバブが成長をしはじめ、葉を沢山出し始めている頃でしょう

バオバブには種類があります。あたしのは、アダンソニア・ディギタータ「Adansonia digitata」です。


星の王子様では バオバブの木はどうやら星を壊してしまう厄介な植物でした。

バオバブには夢があります アフリカのモシ族は巨樹にキンキルシなる人型の精霊が宿ると考え、アロンエウェ族はバオバブの樹にはフィティなる精霊が、イチジクの仲間の巨樹にはトロウォという水辺に住む精霊が宿ると考えている。

精霊がいるなんて^^ 夢があっていいです。


                         星の王子様



  バオバブは6月に蒔こう。あたしも盆栽仕立てのように仕立てて、ミニバオバブを作るのだ。
その頃には、可愛いツバキの枝さんも根が出ているかなあ、、の りいのすけでした。



--------------------------------------------------------------------

あっ 追加です

ジグザグサボテン

今さっき、夜中に撮った画像だから 光でぼやけてるけど
このサボテンを今日挿しました。

うまくいけばいいなあ

ジグザグサボテン、もしくは、白眉孔雀(エピフィルム ・アングリガー)というらしいです
有角クジャクサボテンなのね^^
お花が咲くのが楽しみ^^
カットしたのをもらったの♪ わーぁい~



comment

TOM
わぁ^^りいちゃん更新してた~♪
珍しいものがたくさん!
精霊が宿るバオバブの木?
夢があるなぁ^^
1年頑張った椿!!
がんばれ~
2011.05.08 20:17
ちのっぴ
1年もった椿すごいね~
でも挿し木にしても動き無しとはどうなってるんだろう?
木って分らないな~(汗

バオバブって日本でも育つの?
いや、ここ最近の東京だったら余裕で育つかもしれない・・・
発芽温度25℃ってやっぱり高いね。

精霊か~・・・
確かに大きくなったバオバブの木を見ると中に何か居そうだもんね。


2011.05.08 21:12
あっぷる5
椿の挿し木根付くといいですね♪
うちにも椿の挿し木がワンサカあります(^^;
叔母の仕事ですが・・・
椿とかツツジは挿し木しやすいのかしら?
ツツジは昔、ポキッと折った枝をそのまま土に挿して
いつの間にか根付いていたことがありますよ(^^☆
そんなに簡単だったら楽で良いですよね♪

バオバブ、楽しみにしています~(^^)/~
2011.05.10 08:31
りいのすけ
TOMちゃん やほい~

いやはや、なんだか忙しくて そちらにいくのもご無沙汰しちゃってます 汗

バオバブは楽しいからなんだ^^ でへへへ。
今日から 雨降りみたいよ 午後から。
風も吹いているし 倒れそうなものは端に寄せなくちゃね
2011.05.10 11:09
りいのすけ
ちのっぴさん^^

そうなのよう 1年も花瓶で頑張ってるって
あたしもびっくりしたの
だから 挿してみたのよう^^

芽はそのまま若芽は生きてるからいけそう♪

バオバブは 冬は室内なら いけるの

育ててる時より、発芽した時が一番楽しいかな^^

2011.05.10 11:12
りいのすけ
あっぷるさん^^ノ

ツバキの挿し木が沢山?うぉぉぉ、んじゃすごい種類よね
色んなのがあるのは楽しい~
バラが面白いんだけど 茎が地面についてた所が
そのまま根がでてきたの 笑
うぉぉ 楽な挿し木になってるーって 嬉しかった^^
2011.05.10 11:14
はな
ウチにも挿し木した椿があります。
葉っぱを半分切って、水につけて
培養土に挿したんですけれど、最近
葉っぱが黄色くなって落ちてきました^^;
ムリかなぁ・・・。

剪定した枝が捨てられない・・・
私もそうです!

盆栽仕立てのバオバブ、楽しみですね!


2011.05.11 21:35
oteto
こんばんは

ツバキ、1年よくがんばりましたね~
無事に根付いていると良いですね!

バオバブ、遥か遠い土地のものと思ってましたが
種撒きしたんですねー
すっごい楽しみです(^o^)
バオバブに宿る精霊はごつそう・・・
2011.05.11 23:17
りいのすけ
はなちゃんこんにちは^^

あ、大丈夫じゃないかなあ
ウチのは花瓶に差したままだったから 葉の色が
このブログの画像の色だったのよ あんなに変色だったの
それに この時期はつきやすいし^^

90%成功する挿し木は
素焼き鉢に 鉢に当たるくらい斜めに挿し木をいれるの
そして腰水
これで 成功する確率はすごいよー
あとは メネデールとか、、ね

2011.05.12 14:12
りいのすけ
otetoさん やほい~

ジゲンは元気?^^

ツバキ、よく頑張ったでしょ~?
1年花瓶に水差しでよく生きたよね
あたしもそこらへん、びっくりだったの
夏には水も腐ってだめになるだろうと思ってたし
(あたしマメじゃないかんね 汗

バオバブは 根が太るところがかわいくてすきなん
まだ 温度があがってないから 蒔いてないけど
最初の双葉が出る時が一番うれしい
2011.05.12 14:15
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.13 06:54
-
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011.05.18 22:46

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://lenosuke.jp/tb.php/59-b6f57ffb
googlec8e571c2cbff9c41.html