2015. . 14

松ぼっくり(松かさ)その2 ボックリ達

松ぼっくり(松かさ)その1。大きな松ボックリその由来は? ←その1はこちらです。

山の頂上に松の群生。
とは言っても 人工林ですね
松や杉、ヒノキなど 人の手で植えられたものは人工林といいます



201501141954523e3.jpg
松は たとえば

何もない草原、 草丈のない植物から ススキのような多年草の堅強な植物、丈の高い植物に変移していく時に
針葉樹が一番最初に生えてきます。 (松は葉が細く針のようなので針葉。その針葉の樹木なので 針葉樹
樹木の中では成長も早いのもあるのでしょう
針葉樹の松などが頑張っている時に広葉樹である陽樹、
コナラのようなもの
山栗みたいなもの
それらが活躍していきます。
陽樹とは日照がとても好きな植物。日光が充分に当たらないと成長が鈍くなったり、何よりも種子を落としても
次の世代が芽を出しても成長をしずらくなる。もしくは競争に負けてしまうので
ここでまた交代が始まります。

そうこうしているうちに
森林は混在していき
松は姿を消していき、丈の高い陰樹が占めていきます
日照量が少なくても種子から芽が出て育つことのできるものが
ここで成長していき植生が森林の陰樹となります。

こうやって森は植生を変えていきます

面白いです。



松の木の足もと 松の根が土からみえています。 松の幹と似ている松の根の皮。
20150114195448844.jpg
松の木の周りに 松ぼっくりが落ちているのがわかりますか?
20150114195451730.jpg

上を見上げると こんなに沢山の松ぼっくり すごいわあ

松ぼっくりは1年で出来て落ちてくるものではないのですって
だから 年中落ちてくるのが拾えるのですって。
上の松ぼっくりをよくみたら 雨ざらしになっているような色の
古臭いのばかりなの。きっとずっと付いたままなのね
201501141954476e4.jpg

こちらも 松ぼっくり
こちらも 頑固にくっついてる。 ふるい感じのばかり。
2015011419544904f.jpg

こちらは 杉の 杉ぼっくり (^○^)

20150114200224e80.jpg

こちらは ヒノキのヒノキぼっくり。(^○^)

20150114200226d9d.jpg

枝についた松ぼっくり

この枝のをハサミではなくて手でもぎ取ろうとすると これがしっかりくっついていて取れないの
松ぼっくりは枝を持てばパキッと取れるイメージがあったけれど
簡単に木から取れて落ちるものでもないのねえ。がっちりとくっついています。
20150114222039190.jpg
枝を持ってあるいていたらね。手がちょっとヤニっぽい
あら、ペタペタすると思って
ああ、そうかあと そこでふと気づいた

松ぼっくりは 燃えやすいの
形状からして燃えやすそうだけど

ヤニっぽいと書いていて ヤニは脂 と 書くの。

アブラと書いてヤニ。

松ヤニと書いて 松脂

燃えやすいはずだわ。

うん、バーベキューや燻製にも使えるね



松毬 (松ぼっくり)と 仲間たち (ちょっと違うのも入ってます
20150114222041ff4.jpg

こうやってみると この自然の造形はすごいわ

きれいよね この形で松の木にぶら下がっているのは
松ぼっくりだから この形で当然と思っていたけれど
この形を毎年作り上げる松ってすごいわ。。 ←おいっ


そして そうそう、松ぼっくりは湿らすとカサが閉じますよと言われて
ええ?って驚いたの
そうなんだあって びっくりしたのだけれど
松ぼっくりの構造って 杉やヒノキのボックリと一緒と考えれば
納得なのよね
ほら、雨に濡れると花粉が飛ばないからギュッと閉めるでしょ
それと同じで 松ぼっくりも 雨降りだと種が飛んでいけないから
閉じるのね

賢い、賢い。

松ぼっくりって楽しいわねえ の。 りいのすけでした。

松ぼっくり(松かさ)その1。大きな松ボックリその由来は? ←その1はこちら。
2015. . 13

松ぼっくり(松かさ )その1。大きな松ぼっくり。そして松ボックリの由来は?


今日 松ぼっくり(松かさ)を拾いました。
15㎝弱位の大きさです

どの位な大きさか メジャーを置いたらわかりやすいかなと。
ひゃあ、、、見難い画像だこと。。(^◇^;)

メジャーを見てみて下さい。10㎝ごとに四角い枠があると言えばわかりやすいかしら
次の四角で20㎝です。
20150113231541fc0.jpg

こんな風。 ごちごち、ガチガチな松ぼっくり

2015011323154149f.jpg

松ボックリを大きく拡大してみると こんな感じ。 カサのひとつひとつの所をみてみて?
灰色の菱形みたいなのがあるよね?
あれが痛いの。とげみたいになっているの

20150113225723c47.jpg
松ぼっくりの ひとつ ひとつの萼片に種がほら、ついているのがわかりますか?

201501132257267a8.jpg
あ、この画像だとわかりやすいかなあ とげみたいなの。これが拾ってつかんだ時に痛いの
そのくらい尖がっているの。(この画像の大きい松ボックリにはとげがあるけど
普通に落ちている松ぼっくりにはないの

20150113225722877.jpg

この大きい松ボックリは 日本の松ぼっくりではないのよね
大きいからクラフトに使うにはボリュームがでて豪勢になりますねえ


さて 松ぼっくりというと その、「ボックリ」の由来はなんでしょう

「ふぐり」ですって。

ほら、春に咲くあの可愛い水色のお花と同じですよね

おおいぬのふぐり
画像の色が綺麗ではないけれど りいのすけのサクラ耳の話と初夏のお花さんから持ってきました。💦←以前の記事です。
20150114000522291.jpg

これも アレに似ているという名前になのよね

まつふぐり 「ふぐり」

まつボックリ 「ぼっくり」


ということですね。


オオイヌやら松やら、 あとは なにフグリがあるんだろう な、りいのすけでした。 ←おーいっ


追加です

この大きな松ボックリと 普通の松ぼっくりの大きさの違いがわかりやすいように
ひろってきました。
左下のほうのがトゲのある松ぼっくり。

20150114182223311.jpg

大きい松ぼっくり 数種類の外来のものがあるようです
これではないかというのがありますが同定できないのです
名前がわからないままです
出来ましたら追加で書き込みます。

小さいのも数種類かあると思いますが こちらもしっかりとわからないので
何松の松ぼっくりなのかが言えないのが残念ねえ。。

松ぼっくり(松かさ) その2。ボックリ達 ←続きます。その2はこちらでござります。



2014. . 22

コーディックス プランツ その1 (モリンガ・ヒルデブランディ Moringa hildebrandtii

去年の11月に 樽状になる植物達を何種類か種蒔きをしたのよね

種の画像や 芽が出始めたところや 植え替えしたあと
その度に画像を撮り保存しておいたのよね
そろそろ 画像の整理をしておいて
アップしはじめようかなあと
スマホのなかの画像をみたら ない・・
あ、スマホを今年の6月位に換えたのだった
画像・・ PCに保存してにゃい・・💦
あー iPadにもしてない 💦

あー


ってことで 萎えてます _| ̄|○


しくしく

あ、あった

全部はないけれど これは 保存されていました。この画像、他で使ったから
違う場所にあったのが救いだったのかな
もう何枚か また違うのもでてきて
ほっ・・。

とりあえず この数枚をまずはアップしておきましょ


学名 Moringa hildebrandtii モリンガ・ヒルデブランディ 

2013年11月に発芽
20141022231422619.jpg

殻が硬いのにね
2014102223141811d.jpg

双葉が むちむちで ごぶといの
201410222314241a1.jpg

茎も太い・・ もう この太さは ・・ 太陽の塔のよう・・

201410222314127a8.jpg

ぱぱぱっと 大きくなっていくので ちょっとさみしいなあと思っていた時期。

20141022231415edc.jpg

今現在は 大きくなりすぎたので 頭をチョンパしちゃいましたです
そして室内に入りました

また その2で

(もう眠い・・


おやすみなさい な りいのすけでした

ーーーーー

2014年10月

モリンガの画像を見つけたので ここに保存です

チビなモリンガ 春先の画像よね
モリンガ

10月24日
樹高が高くなってしまったので カットしました
横から芽がでています
すでに室内にいれているから 💦 本当はこの時期にカットは危険かな


種子を蒔いて 発芽からまだ1年も経っていないのに この太さです
モリンガ ヒルブラディ
500円玉と根元との比較ね

むっちり太いよね お気に入りのモリンガです

後ろの網は くろちゃん避け・・(猫避け (;^_^A

くろちゃんが来たら そこらへんに軽くぽんって植物が置けないというのが よくわかりました・・


=============
2014年10月

モリンガ・オレイフェラ Moringa oleifera

20141025222613a5d.jpg
残念ながら このモリンガ・オレイフェラは ボトルツリーではないの
ムチムチしないのよね
だけれどこのモリンガは薬効がよいみたいですねえ
上にひょろひょろと伸びてしまったので チョッキンしましたら脇から芽がでてきました
種から蒔いて4本 いずれもヒョロヒョロにそだっています
ヒルデブランディとは 幹?茎?の太さが全然違います
このコ達も種からの発芽なので
コーディックスではなくても 愛着がわきます
なので 大切に育てています
1直線にすぐ上にばかり伸びてしまってカットしたら
ダメになりそうで不安だったけれど
芽がでてきたことで ほっとひといきでした。(それもこんな時期にこの子達もカットされて。。







2014. . 20

2014年10月 秋のサルビアやセージガーデンなんてどうかな?

2014年10月

5月あたりにもサルビアやセージが綺麗に咲く

真夏の暑い時にはチェリーセージでさえ 花をつけるのはやめてしまうけれど
9月末あたりから 順番に時期をずらして咲き出すの

コーラルニンフ
コクネシア コーラルニンフ
1年草扱いです。こぼれ種で毎年発芽してくるので花が終わってもそのままにしておいたほうがいいです
色はこの色の他にも赤や白があります
毎年、毎年でてきてくれて華やかにしてくれます。夏から今も発芽してくるので小さい苗ができています
順番に花を咲かせてくれるし切り戻しもできるサルビアです

パイナップルセイジ の 明るい黄緑色の品種は ゴールデンデリシャス
201410202107423a0.jpg
紫のは 紫色の梅干しを赤くする紫蘇ね。これもこぼれ種で毎年でるでる。

ブルーサルビア サルビア・ファリナセア
サルビア フェルナセア
1年草扱い。 寒さに弱いから冬越しが難しいから。でも
室内にいれておけば冬越しする

ピンクのが ブキャナニー 。 ブルーサルビアやコクネシア コーラルニンフ
20141020210745fcb.jpg
プキャナニーのピンク、とてもサルビアとは思えないピンクで
メキシカンセージ(アメジストセージ)のピンク版みたいに ビロードなの
アメジストセージ、大好きなんだけど 画像取り忘れてます 💦

ラベンダーセージ
201410202107167b8.jpg
これがまた 二期に渡って咲いて 花期も長くてとても綺麗なセイジ
沢山お花をつけて 穂をつけるようにして順番に上に向かって咲いて行くんだけれど
それがラベンダーのようなのよね。
とても強健で 雪にもびくともしないし 枝を挿すとすぐつくし
大好きなセージのひとつです

サルビアの代表 真っ赤なサルビア スプレンデス
サルビア スプレンデンス
夏になると必ず 花屋さんの前で売り出されているサルビア
真っ赤なこのサルビアが 日本でのサルビア元祖ではないのかなあ。
このサルビアをみて育ってきたあたしにとって
この真っ赤なサルビアはゼラニウムとともに特別なお花
真夏前に咲き、真夏は一旦暑さで休みますがまた秋に長く咲いてくれるサルビア。
これも一年草扱いだけれど実は室内で冬越しするのよね

ボッグセージ このボッグの色が もうなんとも言えない水色でね
ボッグ セージ
なんていう? 春のオオイヌノフグリやワスレナグサに負けないくらい
綺麗な水色を出すの。
セージで アズレアは同じような色を出すセージなんだけれど このボッグセージの
強健さは 放置でいけるものだから セージの青の王様と思ってます

サルビア ガラニチカ
メドーセージ ガラニチカ
球根みたいなのができるよね。 もう大変増え放題で 困るよう、困るようといいたくなるようなセイジ
このサルビアは
このタイプで一番さいしょに出たのよね
パイナップルセージと合わせて咲かせると
赤と紫(青)で すてきな按配なのよ これがまた

アメジストセージとパイナップルセージも組み合わせるといい感じ
あ、 ラベンダーセージとパイナップルセージもいい感じだし

どれもこれも 組み合わせてあるけれど 順位をつけられないくらい いいかんじ ♩


サルビア ファイヤーセンセーション
20141020210613a77.jpg

サルビア ファイヤーセンセーション
20141020210612575.jpg

新しい品種みたい。今のところあまり市場にでまわってないみたいねえ。。
もう一種類 画像をとってないのだけれど
そちらも ファイヤーセンセーションというの
もっとほっそりして もっとシックなしぶいワイン色の花

セージやサルビアでまとめてます。
2014102021060842e.jpg
背が高いタイプがおおいのよね セージ
1m50とかすぐいっちゃう。
こんもりとするようにバッサリと切ってもいつのまにか ヒョロヒョロになってるのがセージ
いろんな色を交えちゃうと楽しいヒョロヒョロにもなるの

サルビア ブキャナニー
20141020210604a75.jpg
ええ?なに?と この花を何故か今年までしらなかったのよね
葉っぱも ツヤのあるつるつるした 卵型しているし
セージやサルビアの仲間に思えないんだけれど でも お花はサルビア独特なのよね
今年 お花がさいて シビれちゃったわ
かわいすぎ
なのに 何故 人気でもない?のかなあ
寒さに弱いとか なにかあるのかしら 不思議だわ


お花が咲いていないけれど エルサレムセージ
201410202106091f2.jpg
名前はセージだけれどセージではないのですって。
これは 昨日入った新入りさん。
木立するみたいだから 結構大きくなるらしいの
でも、寒さに弱いみたい。
お花が咲く前に 冬がくるから まずは冬越しからよね
まずは そこが難しい。。

新入りさんに サルビアデスコロールもいるんだけれど
これもなあ。。難しそうだわ
そして ペインテッドセージというのも くじ引きで (みどりのお祭りがあったの)もらったのだけれど
これも冬越しは難しいらしい

うーん 難しいのばかりだとこまるなあ


秋に咲いていないものでね
パープルボルケーノ
葉の色がチョコレート色のがあって お花は地味な白い花なのだけれど
葉の色がかわいいのね。これはこぼれ種で増える、増える
おすすめかも
と、
ネモローサ
これは どんどんと横に張って増えてくれるから なんか嬉しい
でも、丈の高い植物があると
どちらも負けちゃうから 気にしてあげないとダメよね


と、いう感じで 秋は かなりセージで賑やかです ゼラニウムとセージかな

セージは ホウジャクが吸いやすいらしく沢山きてくれます
農薬いらずですしね の りいのすけでした



秋だから 室内にいれる植物は そろそろかんがえて入れていかないとなあ


根がくさいもの。たとえばミョウガとかハーブとか植えたら
モグラさんが嫌がるのではないのかなと 期待していたのよね
(地中を空洞にするから 野菜は育たないわ 枯れるわで敵わない
でも、、
根っこを避けて 地中を自由自在に泳ぎ回っているのよね・・💦
彼等は賢いわ
中々やるわね (;^_^A





2014. . 20

2014年春の後半戦



チューリップ満開です
春の庭

青い花は 勿忘草 白い花はノースポール 少し経てば フランス菊も
201404202051056bf.jpg

ビオラにヒヤシンス ムスカリ 後方には毎年のこぼれ種の紫菜花 カラーはもうすこししたら。
バラはまだ咲いていません。けれど 柔らかい葉は伸びてきました。

20140420205106c25.jpg

ミモザアカシア きいろいポコポコしたお花が咲きます。
ドライフラワーにしてもいい感じです

ミモザアカシア

ミモザアカシアと同じ アカシアだけれど こちらはワトル
薄い黄色いブラシみたいなお花です
アカシア

カレンジュラがオレンジのお花。 毎年これもこぼれ種で咲いてくれる強いお花です
白いのは ダイコンのお花。
20140420205301d66.jpg

黄色い木苺の カジイチゴ
今年は お花がたくさんついているので キイチゴの収穫もたっくさんできそう♩

20140420205304beb.jpg

桃のお花。 これは食べれる食用桃で 蟠桃のお花です 美味しい桃ができたらいいなあ

201404202053064ad.jpg

アーモンドのお花 このアーモンド。しっかりした苗を購入したのだけれど ナナフシがアーモンドが大好物らしくて
毎日必ず何匹かきているのよね。 それで シャクシャクと葉を食べられて 育ちがとても悪くなっちゃった (^◇^;)

20140420205307018.jpg

ジューンベリーのお花。 小さなサクランボのような実がつきます
どんなかんじのかというと ソメイヨシノが花が終わったあとに小さな実がつくでしょう? と、言ってもわからないかなあ
んー、たとえば小学校や中学校になかった?桜の木。 花が終わったあとに 小さなサクランボみたいな実がついていなかったかなあ? 桜の木の下に実が落ちていなかった?
赤い小さく固いさくらんぼ
ジューンベリーもまるでそんなでねえ くちにいれると 水分の抜けた白い実なイメージなんだけど でも 甘くておいしいの。 野鳥が大好きだから 野鳥と取り合いになるのよね
201404202053118b1.jpg

芽キャベツのお花
2014042020550882e.jpg
プラムのお花 。 このプラムの種類は いくみ。 ハリウッドも今年は咲いてくれたけれど どうかなあ。 いくみは受粉木がないと実がつかないのよね
20140420205510101.jpg
ナシのお花。 プラムは ちびっこのお花だけれど( 梅みたいに小さい) ナシはお花が大きいのよね
どのくらいかというと。。 うーん 桃のお花くらいかな
20140420205516eec.jpg

花海堂 カイドウのお花は受粉木として使えるとあるけれど うーん どうなんだろう
受粉木としても使えるならそれはそれで嬉しいけれど
やはり 海堂のお花は 格別きれいだから 咲くと嬉しいのよね
201404202055188ae.jpg

ナシのお花は こんな感じで ぽこっと咲きます (^○^) ぽんぽんぽーん
20140420205522f98.jpg

コンテナで咲く水芭蕉。 ここにアカガエルが産卵しにきて
今オタマジャクシがいるけれど でも、オニヤンマのヤゴもいるという
コンテナの中の弱肉強食の世界
20140420205643d32.jpg
伐採した木は根元はそのままにして そこに山葡萄を。
今年は 一房でもいいから 山葡萄がならないかなあ。
20140420205647f7d.jpg

忘れな草のアップ どうしてもどうしても 忘れな草って毎年アップで写してしまう
なぜ こんなにかわいいのだーーーーー

201404202056497b0.jpg

空豆のお花 そらまめの出来の悪いのは毎年のこと
それでも ソラマメを蒔きたくなるのは 何故なんだろう
20140420205649d9f.jpg

白菜のお花。 これがまたおいしいのよ 白菜のお花 侮るなかれだわ
茎も 水菜や菜の花だと とう立ちしたりして硬くなってしまうのに
白菜の花の茎はブロッコリーの茎みたいに 柔らかくておいしいのよね

20140420205651702.jpg


左側に畑と水田があって そして この土の道があるの。 右側には 川が流れていてねえ
川がぐいっと左に曲がっているので 同じように道も曲がっていてね
そこを歩くの。
土の道。 草も生えていて
ふかふかな道
今日は寒かったから カエルさん達もいなかったけれど
もすこししたら バッタさんやら 蝶々さんやら 蛙さんやらが
屋台をだして 毎日がお祭りになるんだろうなあ

201404202101320f1.jpg

今日は こんな所を歩いてきました。
八重桜が満開だったです
濃い色のや薄い色の桜 贅沢な気持ちでした。

20140420210139a20.jpg


ちょっと小雨が降りました。 今日は 寒い1日でした。
4月ってこんなだったかなあ

3時間とちょっと歩いて 色んなものを 目でみて 耳で聴いてきました



今日も良い日でした。 明日もそうなるといいです
毎日がいい日で ありますように。 な、 りいのすけでした。



追加です

リンゴのお花です。 梅、染井吉野、山桜、 プラム、ジューンベリー、梨 リンゴ ブルーベリー の順でお花がさきました

りんごの花
ブルーベリーのお花。
咲き始めると毎年咲いてくれます。 スズランみたいで 清楚なお花
2014042220071592b.jpg

上にちょこっとみえるのが クリスマスローズ、 右端っこに梨の花が咲いています
真ん中左側に明日葉の若い葉に 丸い感じの葉は フキです
そしてゴボウの葉が真ん中あたりにみえます。 地面には 山桜の散った花びら。
左下には ストケシア、真ん中辺りに 河原撫子 右下に クリムソンクローバーです

フキや
 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html