2016. . 30

今夜はビートイット。じゃなくて、今夜は離さない。でもなくて今夜は木酢液。くさいくさい大作戦


毎晩、毎晩、ほとんど毎晩、彼らはくるのです。(豚さんに牙が生えたみたいなヤツ
家のまわりをほじくり返し、家の隣の畑をほじくり返し、少し傾斜なので、丸太で段々畑のようにして土留めを
していたけれど、彼らはその丸太も投げ飛ばすの。畑はみるも無残な姿になってしまい、
投げ飛ばされる度に元に戻したけれど、
またしばらくするとまた投げ飛ばしてあるのであきらめてそのまま放置しておくことにして様子をみていました。

彼らが通ってくる道は枯れ草も小木もなぎ倒されて獣道がしっかりと作られています。(ラグビースイカに割り箸が4本
ついているような姿をしているヤツ
そう、毎晩くるからしっかりと道ができているのです。

倒木の中や倒木の下に隠れている虫をさがしたり、食べれそうな球根類を掘り出しているようで
彼らが去ったあとは爆弾が落ちたように無残に大穴があいています。
これがびっくりするほどの大穴で、誰か爆弾落とした?と思うくらいな大穴なのよね 💦

家のまわりの草花も畑のまわりに植えてあるアイリスもお茶もアレもコレもそれも、あっちもこっちもそっちも根っこを抜かれて放り出されているけれども、
ため息をついて、これも修行だわ。と、思うようにしたのよね。
そう思わなければ、つい、彼等をジビエにしちゃろかとか、足を縛って吊るしちゃろか?とか思ってしまうから。
とても大切に育ててきた植物を踏まれ、毎晩毎晩、蹴散らされればそう思ってもおかしくはないよね?ね? 💦。(^-^;

こころが歪むので目を背け、あまり現実をみないで来たけれども、(逃避といいます。
ここだけは入り込まないでねという鳥獣網で囲ってある庭に入り込んできたので今までと話は変わってきました。
これはっ・・・。と、
誰〜?庭にダンプカーを乗り付けてきた〜?
コンテナや鉢花が無駄に多いからすっきりさせようとしてくれたのん〜?なに〜?親切心??
ああ、ありがとう。
ぐじゃぐじゃになってきていたものね。草丈がなくなって、なんだかとても広くなったわよう? ん〜?ああ、なあんだ〜色々な鉢が倒れているから広く見えるのねえ^^
あははは、うふふ〜

と、これまた逃避に入ります、、。
だけれど見たくなくても見えてしまうので逃避から逃れられず…。
そうなると
ムカムカムカーっとするわけで…。
でも、相手は鳥獣類なので冬を越すためなのでムカムカムカーっとしても仕方ないわけです。

今朝早くから家のまわりに囲ってある網を調べましたら、おっと!見つけました。出入りしている場所が数カ所。
まずはここを塞がないと・・。出入りできそう場所、片っ端から塞がないとどこかから入ってきてしまいます。
おしっ
地面にまずはコンクリートブロックを置き、その上にコンテナを置いていきました。
これでどうだ。
網を持ち上げて入って来たけれどもこれで入れまい。

と、 今、タカをくくっていますが、さあどうなるでしょう。

ちなみに、イノシシさん。コンテナくらいは普通にぶっ飛ばします。
が、今回は出入りする網の前にコンテナを置いたので網があるので入ってこれないとぶっ飛ばせません。

ちょっとドキドキ・ワクワクです。やれるものならやってみそ〜(こらっ

だけれどこれでコンテナをぶっ飛ばしながら入ってこられるとおちおち夜にワンズ達を庭に出せないのよね。(おトイレ。
目の見えない、耳の聞こえない、腰がヨボヨボとかそんなんばかりだから
イノシシの牙にかかれば小型犬の老犬達なんて即死です。

うーん。。。 うーん

かくなる上は、木酢液です。 くさいくさい攻撃です。
山火事のニオイは野生動物にとって危険なはずです。

そして、次は唐辛子をいれた木酢液をかけようと思います。
これもくさいくさい攻撃です。

今夜決行です。



おーし! やるぞー
くさいくさい大作戦。いざ決行の 三枝りいのすけでした。




※ 今夜これから雨みたいだけど・・

おはようございます。
追記します。
今朝は荒らされていませんでした。
ヽ(*^∇^*)ノ

何気なく拍手をくれたかた、ありがとうございます。スプリングさん
その後ですが、それから数日毎日撒いていたら来ませんでした。しかーし、いままでと明らかに違うイノシシがいらっしゃったのです。雨降りあとなのと、他の集団がいないからなのでしょうか。
明らかに違うイノシシは撒いている辺りより数メートル向こうにいました。
木酸酢をまう網まわりは荒らされていなくて網をくぐったり破られたりはしていないのでホッと安心だけれど
匂いは雨や湿度でなくなるからマメにやらないとだめかもです。

よく考えると、網で囲まれた中にいる人間と外闊歩しているイノシシ、
これ、動物園のおりの中にいる人間みたいですねえ。(^◇^;)

2016. . 20

不思議な11月

日が落ちるのが早いな。
もう11月も下旬にかかるから
早くて当たり前なのかな。
暑かったり、いきなりの低温で震えたり、
11月って不思議な月。

じゃあ12月は?と聞かれたら
暑い日と寒い日が交互するけれど、クリスマスに雪がいきなり降ったりして、
そしたら寒さが85パーセント以上になって朝は毎朝寒くて仕方なくなる。

住んでいる地域で季節の感じかた、考えかたは変わるよね。
あたしが住んでいる静岡はいまのところ
こんな感じです。


北のほうは雪が降ったよね。
九州は暖かい。

いま、まだこちらは霜が降りてはいないけれど冷たい小さい氷の破片が落ち始めたら
そしたら初冬

いま、外は、まっくら。
これから宵が深まります。

秋と冬の間
不思議な月、11月。



セピア色の空間で。の、三枝りいのすけでした。

2016. . 05

夏に挿したハイビスカス


数年間、鉢植えでそだているハイビスカス
今年の夏に
ハイビスカスのツボミがついた時に枝が折れたのでその枝をそこにあったジャムのビンにさしたままにしておいたのね。
花が咲いたあともそのままにしておいたの。

花ガラが出来たままにしていたのが
落ちたから手に取ってみたら
中に小さなタネがあったの。

小さい種子。

うれしいなあ。たくさんのこびとが
花ガラのなかに隠れていたんじゃないかと思うくらい嬉しい (@^^@)

あまりにも嬉しいから蒔かなくちゃね。

生きているってすごいよね。
小さいビンに水が入っている、
そこにひと枝の花がついていた枝をいれただけで
タネがついたのよ。

すごいね。すごいよ。

ハイビスカス

ハイビスカス

ハイビスカス



枝もまだ生きているよう。の
三枝りいのすけでした。

2016. . 17

自分時間を旅行する。 その1


人にはそれぞれ、すごしてきた時間があるよね。

今こうやっている時も止まることなく時は流れています。

BGMを小椋圭にして机に向かいましたら、
その曲調と歌詞の具合に脳みそが過去をまさぐり
それは、
身体はここに残し心を過去に飛ばします。
セロハン紙の赤と青が混じるような、万華鏡をくるくるとまわしているような。その中を飛んでいく。そんな感触です。
少年時代や少女時代、
おとなになるまでの期間は、
電気がスパークするような感性を誰でも持つものだと思います。
たとえば、あたしが育ってきた時代は
色々な音楽がごっちゃに入り込んでいた時代でした。
ラジオが全盛期の頃から少し下がりはじめてきた頃で、
小学生の頃はテレビの前に座り、歌謡曲の華やかさに目をみはり、
中学生の自分は、フォークソングに夢中になりました。
歌詞の繊細な言葉の使い方に感動して
胸がドキドキしました。フォークギターも弾けたらいいなあと、お金をためて楽器店で一番安いのを買ったりしたものです
(結局、憧れのギターは、コードを指で押さえてみただけで指がとても痛いのでそのまますぐ放置な状態になりましたが・・)
それから、洋楽もイギリスのバンド、アメリカ、ドイツ、フランスからと。どんどんと入り込んでいたので、
ラジオをつけるとその国にいるような気持ちになり、この曲もいいなあ、あの曲もいいなあと
なにもかも新鮮で飽きることのない時代でした。
ロック、ソウル、映画音楽、
なにもかもに心を揺ぶらました。

結局、あれもこれも素晴らしい音楽がたくさんありすぎて
このジャンルが一番なんだとか
ひとつに決めることなどできなく
この人のこの曲は素晴らしかったという位に
浅く語ることしかできないのですが
語ることが大切なことではなくて
自分の今までの生きてきた時の流れの中で
大切な時間、大切な音楽、大切なものは
変わりなく大切であるのです。

若いころの感性は、それからの自分を形成する大切なものなんです。
いまのあなたの感性、大切にしてね。



     秋ですねえ。今日は雨降り、桜の葉は黄色とちょっと赤くなり落葉しはじめているよの、三枝りいのすけでした。
2016. . 07

コピ・ルアクにジャコウネコの匂いがしているとジャパニーズジャコウネコが教えてくれたお話

コピ・ルアクとはなんでしょう

知っていますか? 

コピルアクとは、コーヒーの実を食べるジャコウネコの糞から取り出した珈琲豆のことで、
ジャコウネコに食されたコーヒーの果肉は消化するけれど種子となる豆は消化せずに糞として排泄されます
これはもともとは現地の方が売り物となる珈琲の実は高価で飲むことはできないので
ジャコウネコが食べたあとに残された糞の中の未消化の豆を取り、飲んでいたものなのですが、その豆が味わいが深いだとか、とんでもなくおいしい御味などと評判になり
希少、貴重なものとして取り扱いが始まったらしいのです。


さて、ジャコウネコの珈琲豆はどんなものなんだろうかと、
取り寄せてみました。(とはいっても、高価なコーヒー豆です。個人的に購入したものではないのです・・汗 ^^;  )


種類の違う珈琲豆とともに、コピ・ルアクは配達されてきました。
ダンボール箱に入った豆達、そのまま開封せずに床から1m位高い棚へ置いておきました。

それから数日後のことです。棚の前の床が少し濡れています。
あれ?? あれ?
ミズモノなんか持って歩いてないけれど・・なんでだろう・・??
屈みこみ、床をじいっとみます。
じぃぃぃぃぃぃ・・・・。

じぃぃぃぃぃい・・・・。

これ、、 あれだ・・。 あれ。

犬ではないアレ。  

猫のアレだ・・・・。

ごらあああああああああああああ ふくーーーーーーーーーーーーっ!!!!!

-----------------------

フクのオシッコ。 フクの匂い付け。 スプレー行為なのでした。

なんてことをするのぉぉぉぉ~

高い位置においてあったから、さすがにかかることはなかったけれど、危険きわまりない
普段スプレー行為などしないのにどうして?
と、思ったら、ふうん、、。思い当たることが。
以前にいた外猫のオス猫が、チェアーにスプレー(匂い付け)をしていたのね。
ちゃんと丹念に拭いておいたのだけれど匂いつけされたあと、数年経っていても、そのチェアーの脚から匂いがするのか、気に入らないらしく、スプレーをかけていたの。
普段、そのほかにスプレーをしないんだけれど
そのチェアーの脚にはかけるのね。
スプレー癖がつくのも困るから
他にその椅子は持っていったのだけれど
それから今度は豆の入ったダンボール箱

ジャコウネコ・・ ジャコウネコの匂いに反応してるのよね。
ジャコウネコの糞の匂いはどうやら、
猫のフクにとってはライバルやヨソモノ到来と認識したらしいの。
すごいなあ。

すごいよね。猫の嗅覚・・ 
ネコの嗅覚は犬には劣るけれど、それでもとても鋭いの
犬がすごすぎるからネコはそれほどでもなさそうに思えるけれど
おそるべしなのよ。
1万倍〜あるの。1万倍以上で何十万倍何百万倍という説もあるのよね。




ーーーーーー
嗅覚の話とは関係ないけれど
ウチの猫のフクのウンチは、なんていうか、
今まで知っている猫の中でも1匹もこんな匂いのウンチをした猫はいないっていうほど
発酵臭?というか、臭いの。
猫の匂いは臭いものよ?と言われる方がいらっしゃるけれど
普通の猫の匂いではないの。
 発酵臭よね。
ウンチからだけではなくて、彼の首の後ろも発酵した匂いがするの。
それは病気臭でもなくて、トイレに行ったあとに首の後ろを毛づくろいをして舐めるのでは?という方もいたけれど、そんなんでもなくて
彼は、生まれつきなんだろうなあと。
もしかしたら、人間の腋臭のようなものなのかなあとか。
特殊な匂いが地球を救うとか、特殊任務的に生まれてきたのかなとか。
色々考えつつ、同じような匂いの猫がいる飼い主さんを探してみたけれど
リアルでもネット上でもいないので探すのはあきらめてやめました。 

そして
思ったことは、ジャパニーズジャコウネコってここにいるなあと。 (💦
フクに食べさせたら同じような匂いを醸すのだろうかとか、とても興味深いけれど
ジャコウネコは実はネコではないしネコはコーヒー豆は食べないから
興味深いと思うだけで終わってしまうのよね
うーん〜 つまんない・・
でも、もし食べたとしても、彼のウンチから珈琲豆を採ったとしても、飲みたくはないわね 💦


---------------------

コピ・ルアクは、  コピはコーヒーから来たkopi ←奥山儀八郎の本、『珈琲遍歴』に珈琲の呼び名のひとつとしてありますよね
KOPI 
そしてルアクはジャコウネコの呼び名ですって。

ジャコウネコの糞のこのコーヒー豆は、
コピ・ルアック、 コピルアック、 コピールアーク、ジャコウネココーヒーなどとも呼ばれています。

2007年に公開された映画
『最高の人生の見つけた方』(The Bucket List) ジャック・ニコルソンとモーガン・フリーマンが
この珈琲のことを知っているかい?と二人の会話の中でこのジャコウネコのコーヒーの話で、おおいに笑い転げるシーンがありましたよね ^^



         麝香と言えば、
             ムスクの香り、好きだったなあ。あれは確か、ジャコウシカだったわよねの、
                           三枝りいのすけでした。
2016. . 18

オヤガメの背中には子亀、じゃなくて、サシガメの背中にはダニが


サシガメさんが、バラの茎に捕まり、獲物待ちをしています。
なんとなく カメムシみたいでカメムシではないような
そんな顔でしょう?


サシガメとは、
カメムシ目カメムシ亜目 サシガメ科に分類される昆虫の総称
サシガメ

カメムシのほとんどは植食性で
サシガメのほとんどが肉食性です。
たくさん種類がいるのでまだ詳しくはわかっていないみたい。
ほとんどのカメムシは果実や、幹などにストローのような口を刺して液を吸うのに対して
サシガメは昆虫を捕まえてストローのような口をを刺して昆虫の体液を吸います。
サシガメさん
そのサシガメの背中にオレンジ色のものが見えます。
このオレンジ色のものをよくみると足がついているの。

サシガメにダニが寄生しているの
肉食性で強いサシガメに小さいダニがついている。それもサシガメが吸われている・・💦

観察をしていると他の種類のサシガメにも、オレンジのダニは寄生しているのよね
それもサシガメ1匹に対して数匹ついている時もあるのよね。

サシガメ

むしの背中に虫が乗っている。 これってアニメの世界なら
虫の背中に人間が乗っていたりするけれど。 💦

小さな世界を覗き込むと驚きの瞬間があったりして、ひと時も見逃せないなあ。の、三枝りいのすけでした。

2016. . 07

道路で猫が倒れていたよ。 一期一会


横たわった黒い猫を昨日道路で拾ったの。
大人猫とは思えないほど小さくて
ハエが飛び交いアリがたかってた。

ああ、

病院へ連れていけばどうにかなるかなあ
そのまま猫を段ボールに入れて連れて行った
小さい猫は
死と生の瀬戸際
まさしく死に逝く間際のようで、体温も34度に落ちていて動けない。
この子はそちらの方向に向かっている途中だった

さてどうしよう。
このまま放置しても数時間で逝くけれど
その数時間に苦しい思いをさせるなら
安楽死をさせてあげたらどうかな?と獣医師さんが仰った。

人間にはね、どんなに痛い思いをしていてもそれはしてはいけないけれど
動物はね、してはいけないのではなくて選択ができるんだ。

どうする?と訊かれる。

詰まる。言葉が詰まる。 詰まるけれど決断をしなきゃいけない。

このままでいいです。連れ帰ります。と、云うべきか
お願いします。と云うか。

ーーーーーーーー
小さく身体が縮んで、身体がゴムのよう
目が窪んで引っ込み、目のかわりに濃い黄色の目ヤニがタップリと溜まっている。
脂肪がこそげ落ち、細い骨格がそのまま皮膚に透けてみえて
体毛がところどころバッサリ落ちている猫

徐々に冷たくなっていく猫をみる。

先生にお願いをする。

これも縁なのだろうか
連れてきたのだから 見届けないと・・
だけれど、こんなつもりではなかった
こんなつもりではなかったのになぁ・・。

悲しくなって涙がでてきた。
何も出来なかった自分が哀しかった。

奥にいた看護師さんが診察室に入ってきてくれて、ネコの身体を軽く押さえている。
この人達は優しい顔でこちらに向かってだいじょうぶだからと安心させるように頷く。


ありがとう。 あなた達にとっても見知らぬ猫なのに。
あたしの事をこの人達は気遣う。

泣いてしまってごめんなさい。

情けないです。あたし、まだまだです。
そういって
あたしはまた泣いた。

ほら、苦しみは終わったから。
処置をするから待っていてね

そのことばを聞き、
あたしはまた泣いた。


さっき、ほんの1時間前に出会った猫だった

出会ったと同時に サヨナラしていったよ。

また、またね。




出会いと別れには、慣れているつもりなのに、別れに慣れるなんてことはないのかと
そんな 当たり前のことを思う 三枝りいのすけでした。


2016. . 29

ヒノキの切り株に差したひと枝の枝が不思議なお話


今日は8月29日。


3月3日に とても高木になってしまい、倒木の危険と、家が日陰になってしまうので
ヒノキや杉などの伐採をしてもらいました。

あたしが頼んだ木を伐る職業の方々は、大きく育った木には特別な思いを込めてお祓いをします。
(地域やその人によって方法は異なるのですが

感謝を捧げて御神酒を捧げ、そして伐採した木の切り株に
枝をひと枝、差すのです。

その枝を差したままにして今日までの数ヶ月
切り株に差されたその枝は枯れてはいないの。
どうやら、そのまま着いてしまったようです。
こんなことってあるのかしら。

切り株

神様に捧げるために差したヒノキの枝
切り株

伐採した切り株に差した枝が生きています。
生きている・・。生きている。枯れずにいるの。

これは、このままにしておかないといけないような気がするのよね。
杉の木を切るときに木の神様、精霊?諸々に感謝して捧げた枝が、そのまま切り株から水をもらって
生きている。
ヒノキや杉は、株元から切られると傍から芽をだすことなく枯れてしまいます(限らないけれど)
枯れてしまうはずのこの切り株は差された枝を生かす為に生きているのです。

不思議よね。不思議なことがあるものねえ。
こんなことってあるのかしら。今まで聞いたことがないのよね。


伐採された木の切り株から杉やヒノキの芽が出ているのはよくあることなの。
朽ちた切り株は程よく湿り気を帯びているので、そこに落ちた種子は発芽がしやすいのでしょう。
こうやってまた森になっていくのねえと
感心してしまいます。

朽ちた切り株から杉の芽が出ています。
切り株から芽
一方では、ヒノキの芽がでていますね。
切り株
ちょっとわかりにくいけれど、 朽ちて腐葉土に近くなり、フカフカしています。シダやほかの植物も絡んでいます。

201608292207073f8.jpeg

森や林、 漢字で書くと木が3つや2つ
森は木があつまってできています。



この切り株のこの枝は抜かずに大切にしておこうと思う、三枝りいのすけでした。

2016. . 18

森林のゴキブリ オオゴキブリさんは 怖くないよう。殺さないでね。


森林に住んでいるゴキブリさん オオゴキブリ


ゴキブリというと ゾワッとしちゃうよね? 💦

でも、室内に入らないような ゴキブリさんもいるんですよう。

ゴキブリというと、あの素早い動きのゴキブリさんを思い出しますよね。
キッチンまわりにいるゴキブリさん。
部屋の壁にいたりすると そこから飛ぶのではないかと恐怖心を煽られちゃうよね。

そのゴキブリさんではなくて

森林性のゴキブリさんで、歩きもモタモタしていて、地味でおとなしいのが オオゴキブリさん。

湿った地面で朽ちている木を食べているそうです。

羽が短いのは
何匹で暮らしていて
羽を食べられてしまうそうです。
何故、羽を食べるのでしょうねえ。
そこがわからないところ。
足りない栄養分を補っているのかな

今日は久しぶりに オオゴキブリをみました。

それも2匹も見かけたのよね
嬉しかったなあ。

木がなくなったり、土地が整備されたりしたら真っ先にいなくなってしまう
オオゴキブリさん
レッドデータに登録されている県もあって
地方によっては 絶滅危惧種Ⅱになっているようです。

外で大きなゴキブリさんをみたら
殺さないでね。
人間に害のない、害がないどころか、生態系の中で分解者という一端を担う オオゴキブリさん

そっとしておいてあげてください。

もしキャンプ場などでみかけたら
怖がる人に
怖くないよと教えてあげてください。


人間が ゴキブリを怖がる第1の理由は
素早いこと。動きが予測できないことだと思うの。

彼らはとても動きがゆっくりだし、石なども登るのが下手なタイプです。
試してないからわからないけれど
壁は登れなそう・・(^_^;)
というか、登れないだろうなあ。
石段の階段でさえ、四苦八苦していたものねえ・・




ヒゲはみじかいよ
オオゴキブリ
オオゴキブリ
オオゴキブリ
オオゴキブリ


手をつなごう。オオゴキブリさんも生きているよう。の、三枝りいのすけでした。








2016. . 11

猫(フク)の首のニオイを嗅ぐとすっぱいにおいがする




何処ぞの会社の社長のような態度

フク社長
フク社長

おっさん猫っぷり 全開
フク社長

彼はフク。
HCのガーデニングコーナーでギャアギャア鳴いていた猫さん。
これも縁かと連れ帰って1年
たった1年で 見事なおっさんになりました。

ーーーーーーーーーーーーー

フク(猫)の首を背中から嗅ぐと
すっぱいニオイがするのよね。
クロ(猫)の首のニオイを嗅いでもしないけどフクは、これまた強烈なすっぱいニオイ。
フクがしたウンチもこれまたすごいニオイがするのよね
今ウンチしたな。と、すぐわかるくらい、これまた猛烈に臭いのよね。

フクを保護した時に瓜実条虫という虫がいたの
虫がお腹にいると臭いと聞いたから虫が原因かと思ったりしたけれど
駆虫しても変わらずに臭うから
虫ではなかったのよね。

うーん、不思議。

猫は、犬のように(プードルちゃんやシュナみたいにあまりにおわないワンコもいます)
臭わないよね。
身体もあまり臭わない。

なのにフクは首の後ろだけすっぱい・・。

うーん・・ なんだろう。 同じような猫を知っている方いましたら教えてください。
不思議でしかたないのよね

病気で身体が舐められない猫さんは身体が酸っぱくなったありするけれど、フクは健康な若猫なので
これは違うのよね。

糞尿が首についているのではないのかとか
トイレいった後の足で首を掻いているのではないのかなということ以外で
原因はこれじゃないかというのがあれば教えて下さい。
とても不思議でしかたないです。

外猫たちもこのニオイはしないし
不思議なのよね
フク社長





すっぱまんと呼んじゃおうかな。それは可哀想ねえの、三枝りいのすけでした。

 HOME 
googlec8e571c2cbff9c41.html